2012年10月22日

【メジャー挑戦におもう】 -大谷翔平の場合-

花巻東の大谷翔平投手が日本プロ野球を経ずにメジャーリーグ入りを目指すそうだ。一部の情報によるとファイターズも1巡目候補に挙げていたらしいし、私自身ももっとも注目していた選手だっただけに、いささか今回の彼の決断は残念に思う。

ただ、時間が経つにつれて「これもよかったのではないか?」と、感じれるようにもなってきた。“まわり道”せずに、夢を実現できそうな大谷にとってもそうだけど、ファイターズファンの私にとっても、「よかった」のである。


なぜなら大谷が完全なメジャー志向だから。「何をそんなわかりきったことを?」かもしれない。でもそうなのだ。今や才能ある野球選手の多くが最終目標をメジャーに置いていると思う。「いつかメジャーで」と夢を持ちながらNPBでいい成績を残そうと頑張っているのだろうし、私たちも「いつかはチームを去るかもしれない」と“覚悟”に似たものは、いつも念頭にある。

そう、プロ生活5、6年目を迎えたあたりのダルビッシュ有に感じていた、あんな感覚。ただダルビッシュが『メジャー』の言葉を盛んに口にしだしたのは、せいぜいレンジャーズ入りが決まる前の昨年頃からで、それまではほとんど触れていない。だから私たちも心のどこかで「ずっとファイターズにいてくれるのではないか」という、淡い期待感は抱かせてくれていた。


話を大谷に戻す。某誌のインタビュー記事によると、仮に日本の球団に入った場合でも、ポスティングシステムを利用してのメジャー入りを示唆していた。「いつか去るかもしれない」を入団当初から“覚悟”しなければならないのは、ファンにとっては少し切ない。活躍すればするほど、言い換えれば大谷にとっての夢が現実に近づいてくるほどに、だんだん哀しい思いもしなければならない‥‥。ダルビッシュのときも同様なことはいえたが、私にはあの“ジレンマ”がとても厭らしかった。

そこまでメジャーに対して「一途」で意思が固まっているのなら、最初から行ってしまっても良いと思うし、ファイターズだけでなく、日本のプロ野球ファンにとっても有益のように感じた。これならメジャー入りした暁には心の底からから“大谷個人”を応援できる。彼を日本の代表として...


ダルビッシュのような大投手の居るチームを応援していた私たちは、ちょっとまた特殊なのかもしれない。もちろん気持ち良く送り出してあげたファンもたくさんいたけど、退団が決定して、しばらく“抜け殻”みたいになってしまったファイターズファンも、自分の周りには数多くいた。

つまりはこういうこと。“ダル並み”をスケールの大きさを感じさせ、ファンを抜け殻のようにさせてしまう可能性を持つ大谷翔平だからこそ、今ケースはあえてメジャー行きを肯定した。他の投手であれば断固反対していただろう。

早ければ10代のうちからメジャーのグランドに立てるチャンスを、彼は得た。やるからには向こうの歴史を塗り替えるくらいの大選手に育っていってほしい。





posted by 羽夢 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(1) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

MLBワールドシリーズ2012−日本人が楽しむスポーツベッティング−
Excerpt: こんにちは。苦麻古露師ヒロです。MLB、いよいよ2012年ワールドシリーズ。MLBの千秋楽。 最近は日本のプロ野球も何々シリーズと訳の分からない事になっていますが、元祖メジ ...
Weblog: 日本人が楽しむスポーツベッティング
Tracked: 2012-10-23 15:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。