2012年10月03日

【祝リーグ優勝記念】 エッセイ.1 -スポーツ報知の感想を語る-

ファイターズ、決めてくれましたね。“決めた”といっても当日は試合を見ているだけだったのですが(笑)。でもファンもそうですけど、今の選手たちはもっと幸せ者ですよ。東京にいた1981年、後期優勝したときが今回と同じく試合がない日に胴上げとなったんですけど、開放されたスタンドにはおそらく1000人もいなかったのではないですかね。それが札幌ドームに1万5000人強でしょ?選手も自ずとテンション上がりますって!来場されたファンの皆さま、誠にありがとうございます。


3年ぶりのリーグ制覇から一夜明けた今日‥‥スポーツ新聞を何紙か買いにいってきました。25年ぶりとなった2006年ころはもう嬉しくて、ファイターズの選手が一面を飾るだけでかならずといっていいほど購入していたのですけど、最近ではさすがにそういったこともしなくなりました。

いつしか常勝チームへと変貌し、一面トップがそんなに珍しいことでもなくなったのと、近年私自身のネット環境が充実してきたのもあって、大体の情報がネット経由で間に合うようになってしまったから。でも優勝が決まった翌日のスポーツ紙となったら話はまた別です。記念にもなりますし、仮にファイターズが常勝でなくなったときに見返したりすると、のちのち元気づけられたりもしますからね。『あぁ、こんな時代があったんだ』って(笑)


本日購入してきたスポーツ紙の中で、個人的にもっとも内容が充実してたと感じたのはスポーツ報知!今から日本シリーズ対策用に巨人の選手を分析するため‥‥といえば聞こえはいいのですが、残念ながら理由は他にあります。一面にあった、中田【パパ独占手記】という見出しが大いに気になってしまったからです。


hochi.victory.jpg


ここには奥様に新しい命が宿ったという中田翔の喜びや公私にわたって芽生えた責任感、さらには栗山英樹監督に対する感謝の想いや春先打てなかったころの苦悩などが一気に綴られていました。最後の方に【ファイターズに入って本当に良かった】なんて全道民、およびファイターズファンを泣かせてしまうような台詞もトツトツと語られています。いつからこんなに人の心を揺さぶるような文章を書けるようになったんだ!ナカタ〜

ファイターズファンとして有名なコラムニスト・えのきどいちろう氏と野球レコード収集家?中嶋勇二氏の対談を収められた企画も最高に面白かった。【斎藤佑樹の目指すべきところはOBの芝草宇宙だ!】だなんて、今まで湧いてこなかった発想。斎藤佑と同じ甲子園で活躍した桑田真澄クラスにはなれなくても、芝草さんの域なら達せられるというのです。うーん‥実に的確、かも(笑)。さすがです。 関連過去記事


あと驚いたのが栗山監督が若かりし頃にちゃっかりとCDデビューを果たしていたこと!記事内で紹介されていたCDジャケットに映る監督のお姿が昔のトレンディ俳優を彷彿とさせるいでだちで、なんだか笑えてきます。ちなみに【好敵手】と【フォー・シーズンズ】という曲名。皆さんはご存知でしたか?ちょっと調べてみたらすでに廃盤みたいでしたけど。ヒデキ、残念...


長くなりました。それでは最後に本日3日付、スポーツ報知の最終面もご覧いただいて締めたいと思います。終わりよければ、すべてヨシ‥?



hochi.yosinobu.jpg


高橋由伸選手、要注意です!





posted by 羽夢 at 17:15| Comment(5) | TrackBack(1) | FS特別企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたみたいな日本ハムのファンがいてくれてうれしいです
Posted by 通りすがりのハムヲタ at 2012年10月04日 09:17
羽夢さん、遅くなりましたがやりましたね!
・・・しかし、スポーツ報知!そんな素晴らしい記事があったとは露知らず・・・!
今回、よりによって報知だけ買い忘れたのですよ〜〜〜(>_<)

今日は最終戦、佑ちゃんの先発です・・・。親心(?)でドキドキしますが、応援してきますね。

にしても、歌手:栗山英樹・・・(笑)歌うまいのかな。「好敵手」どんな内容の歌なんだろう・・・

昔、結構こういうのありましたよね。新春?かくし芸大会とか・・・

Posted by かみーゆ at 2012年10月05日 14:36
まずは羽夢さん、ファイターズ優勝おめでとうございます!



ワタクシも某SNSでファイターズ絡みの観戦記を書きだしたのが2009年からなので、今年優勝して少しホッとしております。

これは東京時代からのハムファンに共通する部分だと思うのですが、正直2006年にリーグ優勝した時点で(日本一より嬉しかった)それまで胸中にあった『何がなんでも勝て!』といった毒気が抜け、『20年以上待ったんだから、また20年ぐらいは優勝出来んでもええわ』などと思ってたんですがそこは北海道プライド、気が付けば常勝チームへ…。まぁそんなワタクシとて『散々煮え湯を飲まされた西武を倒して優勝』のシチュエーションは大興奮…やはりワタクシもパ・リーグの魅力からは死ぬまで逃げられないようです(笑)。
Posted by ばいきんまん at 2012年10月05日 18:23
>かみーゆさん

なんと!買い逃してしまいましたか(笑)一応他紙も目を通したのですが、今回は報知がダントツでしたね。でも中味はそちらの道スポとかの方が濃いんじゃないかと思いますよ。企画力の勝利です!

>>今日は最終戦、佑ちゃんの先発です・・・

うーん‥‥佑ちゃん最終戦もピリっとしませんでしたね(苦笑)。これでCSの登板は厳しくなったかもですが、来季もやってもらわなきゃ困るし、めげずに頑張ってもらいたいです。それと「好敵手」!なんとかして聴いてみます(笑)
Posted by 羽夢 at 2012年10月05日 22:31
>ばいきんまん様

おめでとうございます!はい、その気持ちはよく分かります。2006年は一気に幸福がやってきたような感じでしたので、お腹が満たされたような感覚はありました。さすがに20年は長すぎですが(笑)、また数年後に優勝できればいいなぁ‥‥そんな風に考えていた部分も、心のどこかにあったかもしれません。

だから2007年の連覇には驚きましたよ!主力がごっそりと抜け、よくぞあの戦力で優勝してくれたと。やはり前年の経験がモノをいったのでしょうね。日本シリーズの惨敗で少々シーズンの感動が薄れつつありましたけど(苦笑)
Posted by 羽夢 at 2012年10月05日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

リーグ優勝共同記者会見
Excerpt:   リーグ優勝共同記者会見   (栗山監督) ファンのみなさん、本当にありがとうございました。北海道が、一番になりました。今年は、開幕の時に、選手にお願いしたのが、家族の幸せのために戦..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2012-10-04 01:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。