2012年07月20日

過去の「成功例」と、モルケンに望むこと

先日、ダスティン・ダグラス・モルケン投手の入団が発表されました。球団は谷元圭介の先発転向などで手薄となった“中継ぎ枠”での起用を予定しているそうですが、その実力はいかがなものでしょうかね。

同投手について少し調べてみました。メジャー経験はないようで【常時150キロ台のストレートとスライダーが武器】だそう。一昔前まではこの手のピッチャーが実は一番危険なタイプでした。球は速いけど“ノーコン”でストライクが入らない系?(笑)だから日本人には真似できないような速さはたしかに魅力的ではあるんだけど、スピード投手の獲得を見合わせる球団も、以前はあったと記憶しています。

ここ数年ですよね。こういった投手の「成功例」が見られるようになったのは。球がムチャクチャ速くて多少荒れた感じもする、ホークスのファルケンボーグやカープのサファテなどがその典型かもしれません。

モルケンのプロフィールを見ながら他で気になった箇所はダルビッシュ並みの、その高い身長。なんと195センチもあるそうです。これだけ高い位置から投げおろされると打者は相当嫌でしょうね。長身投手が登板の際には『2階から投げているような』なんて表現がよく使われることもありますけど、まさにそういった感じになりそうですね。この最大の“長所”というか、武器をぜひ日本で活かしていってほしいと思います。 ‥くれぐれも塁上でのランナーを常に“一掃”してしまう「ダスキン投手」などとは呼ばれないように(苦笑)


長身の外国人といえば、身長2m以上あったネイサン・ミンチー(千葉ロッテ)なんて投手がいました。彼なんかはどちらかというと“打たせて取る”タイプの投手。同じくロッテに在籍していたエリック・ヒルマンも同系でしたかね。10年くらい前まで日本で成功を収めていた外国人投手というのは、大体彼らのようなタイプです。


その流れに乗っかっていたのが、かつてファイターズにもいました。2度も最多勝を獲得した経験があるキップ・グロス。時期は早めでしたけど、今回のモルケンと同じようにシーズン途中に日本ハムへやってきた“助っ投”です。



kip.gross.jpg
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



もっとも得意とし、多投していた【ムービングファーストボール】という野球用語は彼が教えてくれたようなものです(笑)この動くボールに手を焼いていたのが、先日2000安打を達成されたホークスの小久保裕紀選手。 『グロスはダメや...』なんて、同選手が若き日につぶやいていた言葉がとても印象的でした。


グロスのストレートはMAXでも140キロ強でしたけど、わりと近いタイプでもあるボビー・ケッペルは140キロ代後半を叩きだしますからね。それだけに現在故障で離脱中なのが悔やまれます。

ケッペルを見てても頷けますが、外国人が日本で成功するにはやはりメンタル面の強さが最重要でしょうか。審判の判定などに一々カッカしながら良い成績を残した投手なんて、ほとんど見掛けませんからね(しいていえばB・ガルベスとR・グリンくらいか 笑)

モルケンはまだ実際に見たことがないので何とも言えませんが、まずは“性格の良い”選手であることを、最初に望んでおこうかと思います。






posted by 羽夢 at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さん、ご無沙汰しております。

グロス、懐かしいですね。今回のモルケン投手ですが、長身というのは心強いですね。球威はあるのでしょうから、あとは打者に脅威を与えるくらいの荒れ球で済まされる程度の制球力があれば可能性はあると思います。初登板が楽しみですね。
Posted by 南の国から at 2012年07月21日 12:16
>南の国から様

ご無沙汰しております。いつもありがとうございます。

途中から来た外国人“投手”って、このグロス以外で活躍した選手っているでしょうか?自分はちょっと思い当たりません(タティスなんてひどい投手もいました 笑)。すぐに日本の野球に適応するのは難しいのでしょうね。

ハムファンの私としては長身投手ということで是非「ファルケンボーグ2世」となっていただきたいです。それで酷使?が続く増井投手や宮西投手の負担を少しでも軽減させてほしいですね。
Posted by 羽夢 at 2012年07月21日 13:23
羽夢さん、小中学生の頃の記憶は曖昧で信頼性には欠けるのですが、途中から来た外国人投手で成功例ってグロス以外に記憶ないですね。それ以上に外国人投手として一番記憶に残っている投手じゃないですか?記事上のカードはいまひとつ不鮮明で小生の記憶違いかもしれませんが、結構、ハンサムでしたよね?
Posted by 南の国から at 2012年07月27日 01:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。