2012年07月08日

【雑感】 衝撃デビュー

七夕に行われたホークス戦...


高卒1年目ルーキー・武田翔太投手に初登板初勝利を献上してしまいました。でもあれが本当に19才の投手なんですかね‥。ファイターズファンを中心に議論が湧きおこった武田の“笑顔”!よりもまず、ピッチングの方ですよ。私も高卒投手の1軍デビュー戦というのをこれまで何度か目にする機会がありましたけど、武田は今までのそれとちょっと次元が違っていたような...

初回から150キロ近い速球をビシビシと投げ込んでましたからね。甲子園でいくら快速球を投げていようと、プロに入ったらフォームの矯正などによってスピードが落ちてしまう投手がほとんどの中で、武田の場合はまったく見劣りしていませんでした。球の質だけなら寺原隼人ダルビッシュといった、同じ高卒1年目から1軍で投げていた投手よりも上をいっていたのではないでしょうか。


速いストレートもそうですが、あのマウンド上での“ニコニコ”した様子は同時期のアノ投手の姿と少し重なって見えました。そう、やはりファイターズがプロデビュー戦で牛耳られた松坂大輔投手。武田が6回無死で初安打を許したのに対し、松坂は6回1死で同。投球内容まで酷似しています。

そういえばテレビで解説を務められていた方が面白いことを言ってましたね。『ファイターズの選手はおとなしすぎる‥』。それとどこまでを指すのか、真意は定かではありませんが『投手に向かってあかな‥』とも。清原和博選手の名前を挙げたところをみると、きっとそういうことなのでしょう(笑)

たしかに松坂投手のときは内角に投じた球にフランクリン選手が激高するシーンがありました。端から見ていてそれほど危険な球という風には感じなかったのですが、あれには同投手に対しての「威嚇」の意が込められていたのですね。‥長年の謎が解けました。ただ“効き目”があったのかというと、そうでもありませんでした。委縮するどころか逆に「闘争心」をかき立ててしまったというか‥。威嚇作戦が通用するかは投手の性格にもよりそうです(笑)


フランクリン劇場は6:50辺りから“開演”(苦笑)


しかし、この武田翔太といい、イーグルスですでに先発ローテーションの一角に名を連ねている釜田佳直投手ですか?今年プロ入りした選手はハイレベルですよね。ファイターズも横浜高卒・近藤健介選手が先日1軍デビューを果たしました。まぁ、野手に関しては様々な使い道があるので比較的デビューが早かったりするものなのですが、彼の場合は「捕手」ですからね。しかもマスクまで被っているという‥。過去を振り返ってみても、なかなかこういった選手は見当たりませんよ。近藤選手の今後にますます期待ですね。


それでは最後に近藤繋がりで?この方を紹介して締めたいと思います。「高卒」「デビュー戦」「衝撃」のキーワードでかならず浮かび上がってくる選手が、元中日ドラゴンズ投手の近藤真一さん。プロ初登板・初先発でなんとノーヒットノーラン達成! (しかも相手は全国ネットで中継されていた巨人戦)

とんでもない記録をつくられました。これはメジャーでも一人しか達成してない快挙なんだとか。たしか球種はストレートとカーブだけだったはずなのに、巨人打線から三振の山を築いてました。忘れもしません、今から25年前の1987年8月9日。だから武田投手や近藤選手が生まれるよりももっと前に起きた【ナゴヤの奇跡】。次に奇跡が起こるのは一体いつになるのでしょうか...


1987 カルビープロ野球チップスより
kondo.shinichi.jpg






posted by 羽夢 at 21:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもです。


とかくファイターズファンからは評判の悪かった武田翔太のマウンドでのニタニタ笑いでしたが、可愛げのある唐川侑己なら愛嬌だったのが、いかんせん武田翔太の19歳とは思えないふてぶてしさもより北海道祭りのお客さんを刺激したようで(笑)。


ホークスの新人デビューと言えば大場翔太も圧巻でしたが、その後随分低迷しましたがどうなるやら。


その将来は斎藤和巳か矢野諭か、パ・リーグ好きとしては憎らしくも楽しみなピッチャーですね。
Posted by ばいきんまん at 2012年07月09日 01:18
>ばいきんまん様

こんばんは!いつもありがとうございます。

>>可愛げのある唐川侑己なら愛嬌だったのが...

なるほどー。たしかに武田投手のニタニタ(N山氏はヘラヘラと表現 笑) は少し独特でした。その笑顔が映っている野球カードも所持していたのですが、さすがに掲載は自重しましたよ(笑)

矢野投手の名前聞いて思い出したのが‥中村勝投手!彼も少し心配ですね。快調なスタートを切りましたけど、その後伸び悩んでいる様子ですし。早く殻を破ってほしいものです。
Posted by 羽夢 at 2012年07月09日 20:58
こんばんは、こちらではお久し振りです。

武田投手、凄かったらしいですね。でもマウンド上でニヤニヤ。感心しませんねぇ(笑)。まだ「楽しみたい」なんて口にできる歳ではないですよ(笑)。

それにしても、ホークスって何で後から後からいい投手が二軍から上がって来るんでしょうね。
Posted by EILEEN at 2012年07月10日 20:54
>EILEEN様

お久しぶりでございます!うーん、EILEENさんクラスなら是非フランクリン選手について触れてもらいたかったところですが..(大笑)

>>ホークスって何で後から後からいい投手が二軍から上がって来るんでしょうね。

要はスカウトの見る目があるんでしょうね。ただ、武田翔太投手はどの球団もマークしていたような、高校時代から超有名な投手でしたから、もう一人の方の‥下町のダルビッシュと呼ばれた吉本投手でしたっけ?彼を一人前に育てあげたら「本物」と言えるでしょうね。

ファイターズの高卒は‥なかなか出てきません(自虐)
Posted by 羽夢 at 2012年07月10日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。