2012年06月13日

Fighters Wedding!!

6月に結婚すれば花嫁が幸せになれるという神話「ジューンブライド」って、昔ほど聞かなくなりましたよね。実際にその数も減ってきているそうな‥。もし、あなたがプロ野球選手との結婚を考えているとしたら、シーズン真っただ中のこの時期に挙式をしたりするのはまず無理です。大体みなさん大勢の来客も呼べる12月ころが多いですかね。

『プロ野球選手と結婚!?んなアホな‥』なんて、思ってしまったソコの婚活女子!決して【夢物語】でもないんですよ。今回はそんなお話。


1980年代のファイターズのファンブックには 「Wedding特集」というのが毎年組まれていて、これがなかなか見応えありました。オフ期間に似たような企画を設けている雑誌等を見かけますけど、こちらはチト“容量”が違います。二人の出逢いのきっかけをはじめ、結婚に至ったまでのエピソードが事細かく記されています。ほら、実際の結婚式のスピーチで聴くような、馴れ初めがどうとか、どっちから好きになった?とか、あんな感じで。

ちょっと一例を挙げると現打撃コーチを務める田中幸雄さんは、どちからというと今でいう「草食系」な印象も外見からは受けてしまうのですが、今の奥様にひと目惚れして猛アタックの末、口説き落としたそうです。ねぇ?意外性があって面白いでしょう。こんなことまで知れてしまうんです、当時のファンブックは(笑)



wedding1.jpg wedding2.jpg


選手たちの様々な恋愛の“カタチ”を見ていて気づいた点!野球選手って「ミス○○」とかモデルとか芸能人... 華やかな世界に身を置いている方たちと合コンとかをして、異性とたくさん知り合っている‥ なんてイメージも、なんとなくあるじゃないですか?まぁ、実際そういうこともあるだろうけど、最終的に“伴侶”として選んでいるのは幼馴染であったり、社会人時代の同僚であったり、わりと普通なようです。一般の人たちと何ら変わりはありませんよね。おそらく現代の選手たちも一緒なんじゃないのかな。多少球団によっては違いはあるかもしれませんけど。

特殊のケースではそこにチラッと映っている津末英明さんは奥様のファンレターがきっかけで交際が始まったらしいです。諦めないでいれば、愛しのアノ選手にいつか貴女の想いが届くことも!?


久々に当時の資料を見ながら微笑ましくなってしまったのは、西村基史さんの回。80年代後半から90年代前半にかけて主に左のワンポイントとして活躍された投手です。西村さんってマウンド上でのたたずまいから、どこか“優男”のようなイメージもあったのですが、社会人時代(新日鉄広畑)は結構な「悪童」だったようです。西村さんの奥様も社会人時代の同僚。6年間の交際期間を経てゴールインしました。式では大沢啓二常務が18番の「ガンコ親父の目に涙」を披露したそうで...(涙笑)



wedding3.jpg
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


懐かしい‥。先発投手が不足していた年に西村さんが先発して、一度だけ完封勝利をあげた試合がありました。ドラフト同期だった河野のゲンちゃんとともに、ファイターズでは貴重なサウスポーとして長らく活躍してれましたよね。

意外と野獣?だった西村さん!埼玉西武の打撃投手も降りたことだし、今度は“1OB”として札幌ドームか東京ドームで後輩の様子を見にきてやってください。


福岡ダイエー時代






posted by 羽夢 at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さん、ご無沙汰しております。

幸雄さんは、常に穏やかな雰囲気ではありますが、元プロ野球選手ですので一般人と比べれば、さすがに実物は九州の野趣溢れる男性という感じもします。それから西村さんの完封勝利ってあったのですね。また、ジャイアンツでも活躍した河野博文さんは農業をされているようです。自動車ディーラーの景品に「河野博文さんの野菜」があり、驚きました。もしかして我が家の近所なのですかね。津末さんは打の方で確か原監督の高校・大学同期でしたよね。それにしても随分人間味の溢れるファンブックでしたね。
Posted by 南の国から at 2012年06月30日 17:07
>南の国から様

ご無沙汰しております。いつもありがとうございます。

>>さすがに実物は九州の野趣溢れる男性という感じもします。

そうなのですか!さすがに直に接したことはなかったのですけど、幸雄氏はそういったお方なのですかね(笑)

>>河野博文さんは農業をされているようです。

そうらしいですね。私も某紙で読んだことがあります。プロ野球を引退されてからは河野元投手も様々なご苦労があったそうで‥。いつかNPBの指導者として帰ってきてもらいたいです。

>>西村さんの完封勝利ってあったのですね。

えぇ、一度だけあったのですよ。そもそも完投したのもその一度きりだったのですけど(笑)近藤政権の時ですねぇ。古き良き時代でした!
Posted by 羽夢 at 2012年06月30日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。