2012年03月31日

斎藤佑樹に捧げる言葉 【3.30 VS埼玉西武@札幌ドーム】


こんなに気持ちの良い勝ち方をした開幕戦は、一体いつ以来になるだろう‥


どうも昔から「予知夢」をみる傾向がある。この先起こることを事前に知れたら‥ 今よりもっと良い暮らしができていたのだろうけど、残念ながら私が見れるのは自分以外の人の未来。開幕投手に決まるずいぶん前から斎藤佑樹が「3.30」にお立ち台に立っている映像が脳内にインプットされていた。だから勝利するのは分かっていたのだけど、さすがに完投までしてくれるとは思わなかった。吉井コーチいわく、これが斎藤の持つ 「不思議なチカラ」なのか。


yuki.saitoh.jpg
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



最高の投球だった。運やまぐれだけであれだけの投球はできない。あんなに直球が走っている斎藤はプロに入ってから初めて見た。ただ、そのストレートの軌道よりも目についたのはストライク先行で、常にカウントを有利にさせていた投球術の部分。追いこんでから外角へ精度のよいスライダー、低めに落ちるボールくさい球を有効的に使って西武打線を翻弄。鶴岡慎也の直球主体に組み立てるリードも、この日の斎藤にハマっていた。


隙はほとんどなかったが、あえていうなら昨シーズン随分痛い目にあわされた中軸の中島・中村とまともに勝負できなかったことか。初回の四球連発のあとに5番・嶋の特大ファールには肝を冷やした。1点を怖がって傷口を広げてしまうのが最悪のパターン。シチュエーションによるが四球をだすくらいなら、ストレートで真っ向勝負を挑んでいったのが“ダルさん”のスタイル。プロ入り当初から直球の“質”にこだわっている斎藤だけに、目指す「最終到達点」はおそらくここだ。


“ダルさん”といえば 『背負っている』なんて言葉も、お立ち台で口にしていた。【抜けたエースの分まで】とか【将来チームの柱に】とか、そういう意味が含まれているのだろうけど、今はまだそこまで背負わなくてもいいと思う。まだ2年目だ。「3.30」もプロセスの一貫として捉え、段階を踏んで将来的にそういった存在になってくれれば良い。斎藤がその域に達するまで、チームメイトもみんな、待っている。

‥もし“持っている”の代わりに選んだ言葉なのだとしたら、斎藤らしからぬ?ネーミングセンス。少々語呂が悪い。本人が感じているほど(?)流行もしないのではないか。個人的に今の斎藤佑樹に捧げるとしたら 「向かっている」。ぜひ大エースの道を辿っていってほしい。


栗山監督の座右の銘が「夢は正夢」らしい。はたして栗山監督の夢は正夢となるのでしょうか。私も何かファイターズに纏わる「夢」を見ることができたら、またここでお知らせしたいと思う。




posted by 羽夢 at 13:39| Comment(6) | TrackBack(1) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おばんです。感無量です。私もニッカン、スポニチ、サンスポの在京三大紙買いました。優勝時以外では、幸雄さんの2000本以来です。他球場でノーノーなんてやられたら、一面持ってかれると気を揉みましたが、そこは「持ってる」でしょうか。いや、もう素晴らしかった。そして救われました。監督、フロント、チームメイト(3戦目先発予定の吉川投手が一番か)、そして信じていたファンも。ありがとう。
Posted by 東京おばんどう at 2012年04月01日 02:26
こんにちは。
初かきこみで失礼します!

僕は背負ってますということばをきいて、すごく感動しました!スポーツニュースで改めて見たら、栗山監督が、あのことばの瞬間すごくうれしそうにニッコリされたのを見て、ひょっとして開幕の手紙にそういうことが、書いてあったのかなあとか思いました。開幕戦前にも、斎藤さんが、スタッフの人たちの生活もかかってるみたいなコメントもしてましたし。

気も早いけど、優勝して手紙の内容明らかになるのが楽しみです!
Posted by いり at 2012年04月01日 04:27
>東京おばんどう様

それすごく分かります!ファイターズの選手が一面飾ることなんて1年に1回あるかないかくらいでしたものね。私も西崎さんがノーヒットノーランを決めたときは新聞買いあさりましたよ(笑)。幸い近年は新庄選手やダルビッシュ投手がいたおかげでそんなに珍しいことでもなくなりましたけどね。

おばんどう様が以前おっしゃっていたように、本当に完封してしまうのかと思いました(笑)。ダルビッシュ投手もさきほどツイッターで斎藤にエールを送っていたようです。これからも益々気合い入れて頑張ってほしいですね!
Posted by 羽夢 at 2012年04月01日 10:25
>いり様

はじめまして。よろしくお願いします。

>>スタッフの人たちの生活もかかってるみたいなコメント‥

そうですか。このコメントは存じていませんでした。裏方の生活まで「背負って」いたとは(笑)。若いのに大変ですけど、斎藤ならきっとやってくれるはずです!情報ありがとうございます。

お礼に斎藤に宛てたという、栗山監督の手紙の内容があるところに掲載されていたので載せておきます。

『2012年 斎藤で開幕 頼んだぞ!共にチームのために 栗山英樹』
Posted by 羽夢 at 2012年04月01日 10:41
こんばんは!

手紙の内容ありがとうございます!僕のイメージだと時代劇やドラマの遺言書でみるような折った紙にバッと文章があるのを想像してたので、短くてビックリしました!

僕のほうも、裏方さんの情報は北海道新聞のものでした。リンクはっていいかわからないので、一部コピペします。

> 「(開幕投手は)自分だけでなく、チーム全体、裏方さんの生活もかかっているので」。プロとして新たな責任感も芽生えた。

>重圧を和らげてくれたのは武田勝だ。「開幕戦も大事だけど、1年間投げ続けるほうがもっと大事。背伸びせずにやれ」。29日の練習でも声を掛ける姿が見られた。
Posted by いり at 2012年04月01日 20:32
>いり様

時代劇やドラマの遺言書ですか(笑)。なんか分かるような気もします。栗山さん、あぁ見えて激情家らしいですから。大変有益な情報までありがとうございます。

今日の試合は落としてしまいましたが、今年のファイターズはやってくれそうですね!下位に予想した評論家たちを驚かせるくらいの快進撃を、今後も期待していきたいです。
Posted by 羽夢 at 2012年04月02日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

3/30、【F-L】<1>「背負っている男」プロ入り初完投勝利で新監督の期待に応える!
Excerpt:   不動のエースが去り、新しい1年がここにスタートする。 栗山新監督を迎えて始まるこの2012年シーズン。その新監督に栄えある開幕投手に指名されてたのはプロ2年目と..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2012-03-31 13:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。