2012年02月05日

球と泪と男と女‥ 『ねるとん物語』


『虹の地平を歩みでて 影たちが近づく 手をとり合って』


やっぱり道民の方がよくご存知なのでしょうか。トワ・エ・モワが歌いあげる「虹と雪のバラード」。この曲を中学の合唱コンクールのときに歌いました。なぜこの曲が選ばれたのか、詳しい経緯は忘れてしまいましたけど。今思うと中学生にしては少し渋めの選曲ですよね(笑)

男性パートのところはおもいっきりテナーな感じで、まだ声変わりする前の自分にはキツかった印象があります。歌詞の中にも出てきますけど、札幌オリンピックのテーマソングになったそうで。のちにファイターズが移転する、北海道が絡む曲をあのときに歌っていたなんて、何か不思議な気もします。


トワ・エ・モワは男女のデュオですが、「男と女」といえば今オフはファイターズ選手の結婚報道が相次ぎましたよね。なかでも田中賢介は特に女性人気が高い選手でしたので、突然の知らせにショックを受けたファンの方が大勢いたのでは。お相手はアナウンサーをされている方で、やっぱりテレビ関係者(笑)。金子誠に、たしか二岡智宏もそうでしたよね。野球選手とは接点が多いだけに、この流れもまた「必然」になるのでしょうか。


とんねるずの2人が司会を務めていた『ねるとん紅鯨団』という番組がありました。複数の男女による、いわゆる“合コン”を観察し、そこから何組のカップルが誕生するか?を見届ける“恋愛観察型”バラエティ番組。あいのりなんかよりよっぽど経済的です(笑)

特番になると「芸能人大会」が催され、当時はこれによく野球選手なども参加して、今でいう“恋活”をしていたものです。とても印象深かったのは西崎幸広投手。私がまだ幼いころでしたけど、よく覚えています。だって日本ハムの選手が全国ネットの人気番組に出演するなんてこと自体、かなりレアな時代でしたから。忘れるはずがありません(笑)

西崎さんがたしか入団して、1年目か2年目のオフの時だったと思います。当時「バラドル」として活躍されていた井森美幸さんとカップルになっていました。これだけ聞くと何やら“やっつけ”のようにもとられてしまいますが、若かりし井森さんはえらくキュートでしたので、おそらく西崎さんも満更ではなかったのでは?と推測します(笑)。このときに懐かしの 『ちょっと待ったコール』が入って西崎さんと争った人物がいたはずなのですが‥ 忘れてしまいました。(木梨さん?覚えてる方いたら教えてください)

とんねるずとの帝京繋がりでか、ファイターズの現投手コーチ・芝草宇宙氏も過去、密かに参戦していました。一人の女性と終始いいムードを築いていながら、土壇場で歌手の小金沢クン?に持っていかれました。う〜ん‥ あの頃のピッチング同様、ツメが甘かったのか? 嘘です。でもスタジオゲストに来ていた今井美樹様に‥

(引きずるようなフラれ方をして) 『カレ、来シーズン大丈夫〜?』

なんて、妙な心配をかけてしまいましたっけ? ‥芝草コーチ、すみません。大爆笑してしまいました。


トワ・エ・モワから宇宙(ひろし)へ‥。だいぶ話は飛んでしまいましたが、球と泪と男と女。有とサエコとマーとまい‥。別れがあればあらたな出逢いもあります。皆さま、どうか素敵な恋愛をしてください。






posted by 羽夢 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。