2012年01月29日

「勝率10割」投手を冒涜するライター

「にわかファン」とか「にわかオタク」って、呼ばれる人いますよね。何にでも興味を持つのはいいことだし、別にそれを否定するつもりはないのですけど『にわか仕込み』の知識を振りかざす‥のはやめてほしいですよね。特にマスコミ関係の方とか、ライターの人たち?


『杉内俊哉と工藤公康がダイエー時代に一緒にやっていた』
『落合博満からポジションを奪った小笠原道大』


これらは以前、実際にテレビでアナウンサーが言っていたことです(杉内が即座に否定する一幕有り)。公の場で真実ではない情報を流すのだけは、つくづくやめてほしいですよね。彼らは「伝える」を仕事にして、金銭を手にしているのだから。


「野球の記録で話したい」という、広尾晃さんが運営しているサイトでこんな記述を見つけました。

1981年に間柴茂有が勝率10割を記録。大洋、日本ハム、ダイエーで投げた。スリークオーターの細身の投手だと記憶している。81年のこの記録には、宇佐美徹也さんが「狙って取ったもので価値は低い」とかみついていた。宇佐美さんにしてみれば杉浦忠の38勝4敗こそが神聖な勝率の記録であり、間柴はそれを冒涜するものだ、という思いだったと思う。間柴は通算81勝83敗と負け越している。この年がフロックだと言われても仕方がないところだ。 投手、圧勝の記録より


広尾さんよりもまず、この宇佐美徹也さんが言っていたとされる 『狙って取ったもので価値は低い』という言葉に耳を疑ってしまいました。勝率10割なんか、狙ったってできるものではないでしょう。ましてや間柴茂有さんは先発専門の投手です。

規定投球回数到達後も投げ続けました。到達後に登板を回避すればそれは「狙って獲った」とも言えます。ただ、チームが優勝争いをしている最中で、先発の柱だった間柴さんはマウンドに立ち続けなければならなかったのです。それこそ当時の監督・大沢啓二氏にケツをひっぱだかれながら。 ※間柴茂有wiki参照


宇佐美さんは記録、いや“数字”でしか間柴さんの「1981年」を見ていないのでしょう。通算の記録を持ちだしてくる広尾さんもしかり。防御率だけをみればたしかに3点台(3.46)。それでも 「負けないピッチング」を積み重ねてきたのです。結果の勝率10割。それを『価値が低い』とはいかがなものか。戦後は間柴さんただ1人しか達成していない、実に神聖な「記録」なのです。むしろ冒涜されたのは間柴さんの方ではないでしょうか。


そこにあった真実と、語り部ならぜひ数字に現れないような“物語”も、後世に伝えていってほしいと願います。



posted by 羽夢 at 21:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さんこんにちは。
今回の記事は本当に納得できます。
野球からは少し外れますが、言葉で商売している人が、言葉の誤用をしていると凄く腹が立ちますね。
誤った知識や解釈をひけらかすのも似てると思いますが、それが正しいものだと広まってしまうのが一番嫌なんですよね。プロが間違うなんて普通思いませんよ。特に子供には悪影響です。
Posted by やましょう at 2012年01月29日 22:41
こんばんは。
今回の記事、激しく同感です。
私は以前、リリーフだけで19勝を挙げた近鉄の石本投手について書きましたが、切っ掛けはある本で「どれだけ先発投手の勝ち星を消しているのか…(笑)」という記述を見たからです。
私はその年の登板内容を全て調べました。勝ち星を消したのは2試合のみ、あとは先発投手が早い回で降板した後を受けての勝ち星でしたよ。
だから私は本は参考にはしますが、鵜呑みにはせず、裏付けけはするようにしています。

間柴投手の記録だって、手間をかければ、真実はわかるのにねぇ…。
Posted by EILEEN at 2012年01月30日 01:19
>やましょうさん

話は少しそれますが、先のダルビッシュ有投手のお別れ会見。あのN○Kの記者はどうだったのでしょう。「伝える」仕事をしている方が、取材対象の方から『もうちょっと用件をまとめて』なんて言われてしまう始末‥。笑いは誘っていましたが、正直私は怒りにも似たものを覚えました。

自分のサイトやブログで知識をひけらかすくらいならまだしも、おっしゃる通り仕事にされている方々は特に、責任感と重要性を感じて取り組んでほしいですね。
Posted by 羽夢 at 2012年01月30日 09:42
>EILEENさん

SNSなどに載せているライターの薄っぺらい文章より、よっぽど私はEILEENさんの書いた記事の方が読み応えあると感じますけどね。もっとも私たちはただ好きなことを書いているだけであって、あの方たちは依頼されたものを書いているのでしょうし、その違いなのだと思いますが‥

>19勝を挙げた近鉄の石本投手

それこそ“数字”でしか見ていないのでしょう。抑え投手の勝利数が多いと、先発投手の勝ち星を消してしまっているようにも見えてしまいますからね。まずその先入観から入ってしまったのだと思います。あの頃はホールドの記録もありませんでしたし、そんな風に書かれてしまっては石本投手が気の毒です。 こう考えてみると、やはり取材って大切なのですね。
Posted by 羽夢 at 2012年01月30日 10:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。