2012年01月09日

君はソレイタを見たか! ≪助っ人を極めるんダ!≫

本のタイトルに釣られて読んでみました。





著者によるとタイトルに「ソレイタ」の名前を起用したのは、特に深い意味はなかったそう。だから「君はブーマーを見たか!」とか「君はハモンドを見たか!」でも‥ まぁ誰でもよかったわけです。喜んで本書を手にしたのはおそらく、(1980年代からの!)日ハムファンくらいでしょうけどね。


最初に『歴代助っ人“勝手に”偏差値ランキング』という、助っ人偏差値審議委員会の方たちが独自に算出した投打別の助っ人ランキングが登場します。この算出法が今までにない異質もので、ランキングを見ていてもあまりピンとこないかもしれません。おかげで投手部門なんか抑え投手ばかりだし、郭泰源がまさかの38位!シュールストロム様が堂々の4位ですよ(笑) 打者部門はブーマーやソレイタを差し置いて、元ヤクルトのテータムが4位にランクイン。 ‥大体わかったでしょう?この項目はササッと流し読み。


次が『これが助っ人外国人ドリームチームだ!』。研究会(?)の4名が、文字通り歴代の助っ人たちでドリームチームを編成してみようという企画です。ただ、あくまで主観!彼らが実際に目にしてきた外国人選手のみ。ノミネートされているのはそんなに古くない時代の選手ばかりです。


【投】郭泰源 
【抑】ロドニー・ペドラザ
【捕】マイク・ディアズ
【一】ランディ・バース
【二】ロバート・ローズ
【三】レオン・リー
【遊】ボビー・マルカーノ
【左】チャーリー・マニエル
【中】ラルフ・ブライアント
【右】レロン・リー
【指】オレステス・デストラーデ


リー兄弟を選出したり、マルカーノをショートに回すウルトラCも飛び出すなど 「さすが!」と、うならされる部分もありました。内野はいいとして外野陣の守備は投手側からみたら、かなりの“恐怖”ですけどね。センターがブライアントって‥(笑)

スターターの泰源は文句なしですよね。抑えにペドラザですか。いい投手でしたけど、少しインパクトに欠ける気もしました。どうせなら宣銅烈にして“アジアンリレー”にする方がサマになった?仮に現在ならこの部門にファルケンボーグやサファテの名前も挙がってきそうですよね。(本が出版されたのは2003年) 笑えたのはキャプテンにフリオ・フランコを指名したことと、通訳担当のバルボン先生(笑)
※捕手の選出に困っていましたが、研究会の皆さん!マッキントッシュもいます(笑)

ドリームチームが編成し終わったところで、名助っ人を回顧したコラムへと続いていきます。取りあげられたのはバースクロマティリー兄弟マニエル泰源&源治ホーナーアップショー&バナザード、そしてオオトリがソレイタです。

ある程度この手の知識がある方なら、すでに知っているエピソードの方が多いかもしれません。クロウの頭部死球翌日の試合でホームラン‥ とか、バースの退団理由であったり。あ、あとアップショーとバナザードについてですが、彼らは1回ずつしか退場経験がないと記述がありました。バナザードは1回どころの騒ぎではなかったですよね?詳しい方どうなんでしょ。


それから『元同僚が語る助っ人面白エピソード』金村義明氏、パンチ佐藤氏、デーブ大久保氏の3名が実際に関わってきた助っ人たちの懐かし話をします。どれも読みごたえありましたけど、デーブ氏の西武時代。バークレオとの“道中記”はかなり面白いですね。必見かもです!

人気ブログランキングへ



後半以降は

『思い出の助っ人たちの華麗なる(生活)』 ※芸能人の『あの人は今?』的な企画ですね。

『イケてなかった助っ人列伝』 ※登場してくるのはもちろん!アイケルバーガーやグリーンウェル‥ まぁおなじみの選手たちですな(笑) 高英傑・李来発の情報をもっと知りたい!

『あの外国人はお得だった?それとももらいすぎ!?』 ※私自身は選手のお金の話にあまり興味はありませんでしたが、けっこう細かく書かれていますよ?

『なつかしのヒッティングマーチ』 ※ブーマーの応援歌って格好良かったですよね。カムストックやサンチェに応援歌があったのは知らなかった(笑)

『助っ人たちの大バトルロイヤル』 ※動画サイトなどでもよく見かける「乱闘特集」です。読んでいると映像が目に浮かんでくるようです。頭に巻かれたタオル‥ ミッチェルが走る‥ 逃げる高橋憲幸‥


巻末に『全外国人選手通算成績一覧』もあって、情報自体は2003年までのものなんですけど、参考書のようにもなります。ソレイタや日ハムファンでなくとも、プロ野球好きなら楽しる一冊。お薦めです。

それでは本のタイトルにもなっているのに、なぜか表紙にイラストが載っていない、在りし日のトニー・ソレイタを最後に。



soreita.1.jpg
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



posted by 羽夢 at 20:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 野球雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ダルビッシュ、武田勝、コメントしたい記事があったのですが、やはりバナザードですね(笑)。

記憶に頼ってしまうので間違ってるかもしれませんが、確か1988年だけで三回退場しているはずです。そのうちの一回は近鉄戦だったと思います。
Posted by EILEEN at 2012年01月09日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。