2011年12月30日

プロ野球の 「光」

薄暗い駅の構内で、西武の若手選手たちが義援金を募っていた。通りに出るといつもの明るさがない。街はちょうど計画停電の真っ最中だった。暗闇に包まれた街を歩く。先の見えない不安‥


『野球をしてる場合じゃない』


開幕を間近に控えていたプロ野球。某人気選手がつぶやいていた。たしかにそうだったかもしれない。野球に「希望」を見出すなんて状況ではなかった。それでも開幕を望んでいた野球ファン。もはや希望なのでなはい。“プロ野球がある”いつもと変わらない「日常」こそを、きっと多くの人は求めていたのだ。


あの日から1ヶ月後。野球の周りには常に明るい光があった。電気の明るさなどではない。キラキラ光る選手の汗の光、選手の熱いプレーに胸を熱くした感動の光、人の心に火を灯す‥あたたかい光。

決して頭から離れることはないのだが、少なくともボールパークでの2・3時間は選手と一緒、みんなが白いボールの行方を夢中に追った。


ひいき球団が試合に敗れてしまっても 『また明日』といえる、プロ野球のある“日常”。今年はいつもなら当たり前のその幸福を、どれだけ噛みしめたことだろう。勇気を持って前へ進んだプロ野球は、私たちに生きる活力を与えてくれた。


『野球の底力』 と、発信した選手が開幕戦でホームランを放つ。スポーツには筋書きのないドラマがある。映画館では味わえないリアルな感動もある。来年もそのドラマを見に行こう。できれば一点の曇りもない、そこが光に満ちた空間であることを願って。



2011年、最後の更新となります。今年1年間本当にありがとうございました。2012年もよろしくお願いいたします。よいお年を!!
人気ブログランキングへ


ラベル:プロ野球
posted by 羽夢 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。