2011年12月25日

【続・ペプシに恋して】 -野球カード語り特別編-


視界にはいってくる、まばゆいばかりの「アオ」な出で立ち。

上下「アオ」のユニフォームに身にまとい、サンバイザーの色もやはり「アオ」。小柄でフットワークがよさそうな体型、髪型はポニーテール。“おやじウケ”のよい、ちょっとケバなアルコール類販売の嬢たちと、どこか一線を画したような彼女は、ペプシコーラの売り娘さん‥


私は当時、お客様を席まで案内したり、誘導したりする仕事に就いていました。ハム戦はとにかく暇。なにしろお客が来ない。


【ヒマだ‥】


そんな時はきまって通路側に立ってハム戦の戦況を眺めたり、お客の数を指折り数えたりもしていました。『仕事しろよ!』 ったって“仕事”がやってこないんだから仕方がない(笑)平日のナイターは大体こうでした。

あの日もハム戦。またいつものようにボ〜っと立っていると、背後から不意に‥


お疲れさまです!


澄んだ、張りのある声。驚いた私が振り向くと、全身アオ色の女の子。
チアガールではないが、かわいい。そして、笑顔が素敵な人。
乾ききった私の心に水を与えてくれた、ペプシガールとの出会い‥


ドームにはたくさんの女性が働いていたけど、私が勤めていた部署は隔離されてしまったような「男の世界」。女性と交流する機会なんかほとんどなくて、売り子含めた他部署の女性からも、半ば相手にすらしてもらえない環境下にありました。

それだけに、可愛すぎるペプシガールからのあの“ねぎらい”の言葉が一層胸に染みわたりました。まるで「天使のささやき」でも聞いたかのように。それからというもの、意識をしてしまえばもうガラガラのスタンドを駆けまわっている嬢を、目で追ってしまう日々‥


担当するブロック(スタンド)はある程度決まっているみたいだけど、先述のようにハム戦は客が少ないから複数のブロックを掛け持ちをするっぽい。だから売り子も大移動を余儀なくされます。そのときが嬢に一番接近できるチャンス。今まで以上にハム戦が好きになったのは言うまでもありません(笑)


かといって、声をかけたりすることはもちろん職務上できないんだけど。だから、いつも通りすがりの「お疲れさまです」止まり。それ以上の会話は許されません。はじめからおわりまで‥「お疲れさま」。


あれから10年経ちました。名前もわからなく、向こうが覚えていることもないでしょう。知っているのはペプシガールだったという事実のみ。今年はなんとか間に合いました。どこかで見ているかもしれない‥ ただ、羽夢のことを知らない貴方へのMerryXmas!!

人気ブログランキングへ


ラベル:日本ハム
posted by 羽夢 at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです!羽夢さん切ない(笑)仲良くなったりするのは難しいんですね〜。でも読んでいてじんわりと暖かい気持ちになりました☆彡よいお年を!
Posted by あかね at 2011年12月26日 09:45
あかねさん、どうもお久しぶりです。
いえ、うまくやっている方も結構いらっしゃるとは思うんですけど(笑)野球が好きな方でしたら、やっぱり野球好きなスタッフも多いので楽しいと思いますよ。機会があればぜひ。
Posted by 羽夢 at 2011年12月26日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。