2011年11月14日

雑感 【たかが部外者ですが】


現在行われている日本シリーズは見ていない

【部外者】なので、どちらが勝とうがあまり興味が湧かない。むしろオフの杉内俊哉和田毅の動向の方が気になっているくらいだ。‥正直にいうと少しくらいは気にはしている。ただ、今季ファイターズがボコボコにされたホークスの晴れ舞台なんか、見ていたくないっていうのが大部分を占めている。結構あちこちで“シリーズ論”を語っているようなファンを目にするけど、真のファンなら悔しくてまともに見ていられないんじゃないの?とか思いつつ、本当は自分の心の狭さを痛感している今日この頃。


ジャイアンツが今、大変みたいだ

これも客観的にみている【部外者】だからこそ、いえることなのかもしれない。各方面で叩かれている(?)渡邉恒雄氏、実はそれほど嫌いでもない。「嫌いでもない」という言い方も変だが、特別好きってほどでもないし、うーん‥ 表現の仕方に困る。

ジャイアンツが勝利を収めたとき、または選手が活躍したときに特別席から身を乗り出し、手を叩いて喜んでいる“お姿”をよく見かけるのだが、あの時ばかりは『野球好きのお爺ちゃん』にしか見えなくて、微笑ましく感じてしまうこともある。野球というか“ジャイアンツ”を心から愛していらっしゃる方なのでしょうなぁ。

部外者の私でも、江川卓氏のユニフォーム姿なら見てみたかった気もする。原辰徳と江川のタッグなんか、1980年代を見てきたG党にはおそらくたまらないんじゃないの。ともあれ、この件に関しては円満に解決していただくことを望むしかない。


最近G絡みの話題が多いような。
ついでに‥といってはなんですが、もう一ついかせてください。



新生・横浜の監督に桑田真澄氏の名前が挙がる

野球哲学者・桑田の監督も面白そうだ。「何か変えてくれそう」な雰囲気を漂わせている。サムライ・ベアーズでは選手からの評判があまり芳しくなかったクロマティ氏より、はるかに良いと思いますよ?【部外者】の私がいうのもなんですが。ノムさんじゃないけど、試合後の談話にも注目してみたい。「桑田真澄が何を語るのか?」案外と試合に敗れてしまったときの方が、興味深いことを言ってくれそうな気もする。なにせ彼は【神の声】を聞ける男なのだから。


それにしても、ファイターズの栗山英樹といい、『子供の頃からみてきた選手がついに監督になる時代がやってきたのか!』と考えると、感慨深いものがある。思えば自分もそれだけ多くの年を取ったんだなぁ。栗山といえば桑田もプロでの指導者経験はないが、大丈夫なのだろうか。哲学者には『そんなの関係ねぇ』ってか? う〜ん‥ 相変わらず古い。


ベイスターズ関連で心配しなきゃいけない点が、ちょっと“身内系”でも。
GAORAだ。高田繁がベイのGMに就任することがほぼ決定したらしい。昨年からファイターズ戦を担当する解説者陣の流失が激しい。光山・福間に今度は高田‥。ちなみにワタクシ、西山さんの解説は少々苦手としております。次の行き先が決まるまで、よかったら空きありますけど?梨田さん。


ブログという特性を生かし、
せっかくなので今さっき届いたホットな情報を最後に


田中将大が沢村賞を受賞

これにはまったく異論はない。ただ、『なぜダルビッシュ有“も”選出しなかったのか?』ということに対して疑問を感じた。ひいき目なしに。『絶対に一人しか選んじゃいけない!』というのなら田中の“ソロ”も分からなくないけど、過去に目を向けると2人が受賞した年だってあったわけだし。以前も選考の基準とされる項目をすべてクリアしながら受賞できなかった年(2008)もあっただけに、今年は余計にそう思ってしまった。



人気ブログランキングへ


posted by 羽夢 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。