2011年11月02日

“大型”トレードへ警笛


ウィルフィン・オビスポが自由契約になった。

個人的にも期待をよせていた投手だっただけに、わずか1年でチームを去ってしまうことは意外だったし、残念でならない。巨人時代のよかった投球も見ていただけに。

オープン戦では好調を維持し、中継ぎを任される予定でいた今シーズンは2試合のみの登板。計1イニングを投げて6失点、防御率は54.00。開幕戦で打ちこまれ、雪辱を誓った登板2試合目も無残だった。ストライクが入らずに、打者2人に四球を与えただけで降板。結局1軍でオビスポの姿を見たのはこの日が最後だった。

一応“助っ人”として彼は北海道日本ハムに来ていたわけだし、この成績では見切られてしまうのも致し方なかったかもしれない。ただ、私が問題視しているのはもっと別のところにある。助っ人として云々よりも、まず 「オビスポを獲得するために、ファイターズから2選手“も”放出していた」という、この事実。


これは正直どうだったのだろう‥。結果論とはいえ、1年でいなくなってしまう選手に、まがりなりにも昨年まで1軍の戦力として、北の大地を駆けまわっていた紺田敏正が交換相手なのだ。(+須永英輝) 紺田が向こうで活躍してくれるのは嬉しいが、代わりに来た選手がこちらで仕事をしていないということになれば、トレードとして成功したとは言い難い。間違いなくいえるのはファイターズ側からみての“取引”は「失敗」に終わったということ。

千葉ロッテから今季ファイターズに移籍してきた根本朋久のケースにも同じことがいえる。根本が1軍で放ったのはオビスポと同じく2試合のみ。この根本を獲得するために、これまた昨年まで貴重な戦力として働いていた高口隆行山本一徳を交換相手として渡しているのだ。田中賢介や小谷野栄一が離脱し、内野が若干手薄な印象もあった、2011年のファイターズだっただけに“高口がいたら”とは言うまい、言わせまい。無論、根本は来シーズンもファイターズでプレーすることになると思うので、高口や山本に負けないよう、一層の奮起を促したい。


自由契約となってしまった選手にもう一人、加藤武治がいた。横浜から移籍してきて2年目、同タイプの建山義紀が抜けて、今シーズンにかける気持ちも相当強かったと思うが、1軍での登板は0という残念な結果に終わってしまった。その2年前の大型トレードで獲得した松家卓弘関口雄大も今のところは戦力になっていたとはいえない。

2007年に東京ヤクルトと“敢行”した大型トレードも、どちらかといえば「失敗」だったといっていいだろう。向こうで押本健彦・橋本義隆・川島慶三が未だにフルスロットルで頑張っている姿をみると、なんだか悲しい気持ちにもさせられてしまう。こちらに来た3選手(藤井秀悟・坂元弥太郎・三木肇)はとうにファイターズを退団してしまっているのだから‥


ほんの少し前まで「トレード巧者」なんて呼ばれていたのが嘘のような“惨状”。あの頃のファイターズは一体どこへいってしまったのだろうか。もしかしたらGMが変わって、流れみたいなものが少しずつ変わっていってしまったのかもしれない。


‥これで締めてしまうのは、さすがにいたたまれない。


“大型”ではないが、横浜との「江尻慎太郎⇔石井裕也」のトレードは実によかったと思う。双方のウィークポイントを補うとともに、片やオールスターに選出され、片や“持ってる男”の称号を手にした。これは近年では数少ない成功例といっていいだろう。

ドラフトの動向なども踏まえ、実は今オフも 『大型トレードがあるのでないか?』と、まことしやかに一部で囁かれている。両球団にとって実り多きトレードとなることが前提にあるけど、ファンの反発を招くようなトレードにならないことだけは、まずは心から願っておきます。


※北海道日本ハムに関する情報や、他球団のストーブリーグ情報はコチラでもどうぞにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



posted by 羽夢 at 21:34| Comment(5) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さんこんにちは。
確かに近年のトレードは成功してませんね…
個人的には金村⇔中村、正田⇔金澤のトレードが嫌な意味で印象に残ってますね。
金村も正田も思い入れの深い投手だっただけに。
金村は例の事件があったから仕方なかったかもしれませんが、もう少し選手と交換できたと思います。
金澤投手は今年の活躍だけを見ていると、いい投手になる要素はあったわけですから、ある意味トレードは成功したのかもしれませんねww
活かせなかっただけで…ww

さて今年のハムを見ていると、内野手で願わくば打力のある選手を取りにいくような気がしますね。
打撃に苦労した一方で、投手は菊地や金森など実績のある投手が下にいるわけですから、大型トレードの可能性は大いにありますね。
Posted by やましょう at 2011年11月02日 22:24
羽夢さん
こんにちは
菅野が良いといいながら、私も複雑な気持ちでいます。
ところで、トレードについては同感です。
ベンチ入りする貴重な選手、期待の若手を放出し獲得したにも関わらず、早々に日ハムを去るケースが多すぎます。
もう少し、熟慮してほしいものです。
Posted by 白猫 at 2011年11月03日 22:55
やましょうさん、いつもありがとうございます。
「金村⇔中村泰」格差トレードとか言われて話題になっていましたよね。これには人にあまり言えないような、深い理由がありそうですけど‥(笑)個人的に着眼点はよかったと思います。タイガース時代に見た中村投手のスライダーのキレは天下一品でしたからね。ただ、ファイターズの空気に馴染めませんでしたかね‥

金澤投手のトレードは驚きました。オリックス時代もさほど成績を残していませんでしたが、たしかホークスとは1対2の交換でしたよね。でもその後の金澤投手の活躍を見ていたら、それも頷けるような気がします。

>大型トレードの可能性は大いにありますね

あると思います。あと候補を挙げるとすれば八木投手辺りでしょうか。個人的には今年勝ち運に恵まれなかった若手左腕投手、本人のために環境を変えてあげるのも手かと思われます。
Posted by 羽夢 at 2011年11月03日 23:21
白猫さん、こんばんは。
そうなんですよね。それが顕著なのはヤクルトに行った3選手。皆入団して5年目以内にトレードに出されていますから。もう少し長い目で見てあげて欲しい気もしますね。そういえば高校卒業してまだ2年の松山投手も、トレードされてしまいましたっけ。

>菅野智之

ドラフトでの叩かれっぷり、CSでの惨敗‥。ここのところ暗いニュースばかりでしたので、彼がファイターズに入ってもらうことによって、このムードを一掃したい気持ちはあります。願います。
Posted by 羽夢 at 2011年11月03日 23:37
羽夢さん、こんにちは!

残念ながら僕には歴史的にトレード巧者のイメージはないのですが、最近はひどいですね。数少ない成功例は岡島投手位ですかね(でも彼は優勝を置き土産に外国へ行ってしまいましたし、Gへ移った選手もまずまずの活躍です)。
確か羽夢さんのブログで読んだような気がしますが、最近はメジャー並みに常に選手を「金銭」「交換」「保留」「戦力外候補」などに分類して運営しているんですよね。これが球団経営の定石なのかもしれませんので、コメントは控えますが、システマティックに取組むのならば、もう少し成功率を向上させて欲しいですね。(とは言え、トレードで来られた選手の皆さんの来年以降の活躍による成功率の向上を強く期待しています。)
Posted by 南の国から at 2011年11月04日 20:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。