2011年10月28日

菅野智之を欲した 【日本ハムの超越力】


【外してくれ】とも違う。厳密にいうと‥
【外してもいいかな‥】 が一番シックリくるだろうか‥

菅野智之の交渉権を巡って読売と競合し、壇上の二人が確定用紙の入った封を開けるあの一瞬。あの瞬間にカメラを向けられた原辰徳監督の表情、これがまた何ともいえなく、さすがの私も怯んでしまったのだ。北海道日本ハムをひいきしている立場にいながら、矛盾しているように聞こえてしまうかもしれないけど、なんかそれくらい心境は複雑だった。



北海道日本ハムが菅野を指名した理由はいたってシンプルなもの。その年のドラフト候補選手の中で、もっとも優れた能力を持った選手の獲得。聞けば春先から菅野1位指名で一本化していたのだという。関係者に事前に挨拶がなかったのも、もちろん戦略の一貫。ルールに乗っ取ったものであり、多少聞こえは悪いが「誠意」とか、現行のドラフトにおいては一切関係ない。

その点は臆することはまったくないのだけど、心を曇らせていた要因はひとつ。それは菅野と原監督が血縁関係にあったということ。同様に読売への入団を志望としていた星野仙一や清原和博も、結局縁あって指名された球団に入り「ジャイアンツを見返す」と言わんばかりの気構えでプロで大成した。ただ、今回のケースにおいては背景がまったく違う。

血縁関係があるということで、大衆は菅野に同情をし、あげく北海道日本ハムが「強奪」したとまで言われ、まるで悪者扱いだ。私も1野球ファンの観点からすると同情はした。小さい頃から夢みてきた、伯父のいる憧れの球団と結ばれなかった点も気の毒に思う。しかし、読売のファンもそうでない者も、分かってほしいのはそれすら超越し、1選手として北海道日本ハムが 「菅野智之をどうしても欲しかった」この言葉に尽きる。


“血縁関係をも超越”といえば、以前読売から教わったことがある。ミスターの長男・長嶋一茂がドラフトの目玉として名前が挙がっていた1987年、最後まで悩みながらも最終的には「投手がほしい」という現場サイドの意向で、指名を見送ったという話を聞いたことがある。父親でもある茂雄は当時監督ではなかったが、なんといってもあの“ミスタージャインアツ”だ。本人も読売を希望球団のひとつとしていた。

クジで外れるのは仕方ないにせよ「指名もしないとはどういうことだ」という世論も、少なからずあったはずだ。それでもプロの戦闘集団として、さらなる常勝軍団を形成していくために、それを断ち切って最後は球団としての意思を貫いた。今回も似たようなことが云えると思う。チームが優勝するために最善の手段を選択、それは補強ポイントとも一致する優秀な選手の獲得‥ 多少のリスクも伴う、菅野智之こそがその最大の“適任者”であったのだと。


それにしても、北海道日本ハムが菅野を指名した際の会場の拍手はひと際大きかった。昨年のドラフトでも同様なことがあって、今後のドラフトの意義すら揺るがしかねない事態を食い止めた、称賛を意味する拍手だったのかもしれない。あの“勇気”は今後、どういったカタチで結末を迎えていくのか。昨年とはまた違った意味で2011年、北海道日本ハムがドラフト会議の「主役」となった。



【あとがき】
例年ならここでドラフト会議の総括をするところでしたが、今回は自重してしまいました。菅野投手が入団するかは今の段階ではまったく分かりませんし、また彼が入団するかしないかで、今年のドラフトの評価が大きく変わってきてしまうからです。

個人的には2位の松本剛(帝京)選手は非常に当たりだと思いました。あの甲子園で放った特大アーチは、今夏見てきた球児たちのホームランのなかでも最高のものでした。将来的には田中幸雄氏のような、大型遊撃手として育ってくれると良いですよね。

その他ではまだ実際に見たことはないのですが、JR東日本東北の森内寿春投手ですか。つい先日都市対抗で完全試合をしたといって話題にもなっていましたよね。どんな投手なのか、こちらも早く見てみたい気もします。


※2011.ドラフト会議に関する他球団の情報はコチラでもどうぞ!


posted by 羽夢 at 17:38| Comment(6) | TrackBack(1) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
来たくないんなら無理して来なくてもいいのになんて会見を見ながら思ってしまいました。プロ野球選手は誰だってなれるわけじゃないんだから、贅沢に聞こえました。俺はプロでやるならどこでも一緒だと思うんですけど羽夢さん的にはどうですか?
Posted by 慎太郎 at 2011年10月29日 00:41
羽夢さん!ドラフト。凄くないですか!!
前言ってたコトがそのまんまになってるじゃないですかー(>▽<)本当ビックリしました。
これからも色々と難しい問題はあると思います。でも私は菅野投手が斎藤クン達と一緒にファイターズでプレーする姿を夢見ています。
来ていただけることを願ってます(^^)v
Posted by あかね at 2011年10月29日 13:56
慎太郎さん、こんにちは。
事前に挨拶がなかったというのは、どうも本当のことみたいで、おそらく菅野本人も含めてハムの指名はまったく予期していなかったのでしょう。ですので、戸惑いの部分が大きかったのだと思います。

>俺はプロでやるならどこでも一緒だと思うんですけど

人それぞれ価値感の違いはありますからね。彼の場合は巨人への憧れというだけでなく、どうしても叔父さんの下で野球がやりたい、これが一番大きかったのでしょう。ひとつ言えることは“伯父さんがずっと監督を務めているわけではないですよ”ということですかね‥
Posted by 羽夢 at 2011年10月29日 18:49
>あかねさん、いつもありがとうございます。
いえいえ、あれは偶然ですよ。でもドラフトでファイターズの一巡指名をアナウンスするとき、スガノの“ス”をきいた瞬間、鳥肌が立ちましたね。自分でも驚きました。「本当にそう来たか」という感じで(笑)もうあそこまでピンポイントできたら、これは絶対ファイターズがクジを引くな‥と、確信しました。

はい、斎藤投手や同じ年の中田選手との競演は見てみたい気もしますね。あとダルビッシュ投手に弟子入りしてほしいです。‥入団していただけたらいいですよね。
Posted by 羽夢 at 2011年10月29日 19:03
こんにちは。ご無沙汰しています。

ドラフトですが、投手の場合、故障やメンタルの影響も野手より強く、不確定要素大と思います。菅野投手についても判断を保留=入団拒否されてもマイナスではないかもしれない、と考えます。ただ、果敢に指名したことは良かったですね。今回、数年前の長野選手(ドラ3?指名→入団拒否)の件を思い出してしまいました。小生、性格が悪い!のか、長野選手のGでの不成功をお祈りしていましたが、残念なことに昨年、今年と大活躍ですね。
Posted by 南の国から at 2011年11月04日 19:52
南の国から様、ご無沙汰しておりました。
巨人ブランドが薄れつつある昨今、でも「ジャイアンツ愛」を貫ける選手がまだいるものなのですね。長野選手の他に、内海投手もそれを貫いて1位指名を蹴りましたからね。今回の菅野投手に関しては原監督と血縁関係があるということもあり、また特別な想いがあるのかもしれませんが。

入団してほしい気持ちは、もちろんあります。ただ、それを一旦置いておくにしても「1年の浪人期間を経て‥」というのは非常にもったない気がいたします。南の国から様が仰られたように、特にピッチャーは実戦から遠ざかってしまうと勘も鈍くなりがちですし、故障も多いポジションです。賛否両論あるでしょうけど、もしファイターズ入りが叶わなければ、江川卓氏の時のような臨機応変な対応はできないものでしょうか。あれだけの素材ですし、最高の状態のままプロ入りさせてあげてほしいです。これは1野球ファンとして。
Posted by 羽夢 at 2011年11月04日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

菅野智之 2ちゃんねる
Excerpt: ホームラン 2011年 11月号 [雑誌]..... 中学野球小僧 2011年 11月号 [雑誌]..... 菅野ハムにぼう然…拒否も/ドラフト ‎2011年10月..
Weblog: イェンスの畑のある週末
Tracked: 2011-10-30 07:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。