2011年09月29日

予言? あの日と同じ‥【1-0】

上にいるチームとのゲーム差は遥かかなたに遠のいていき、気がつけば下との差は3.5→2.5→1.5‥。まるでカウントダウンでも見ているかのように、みるみる縮まっていってしまいました。そりゃあ、こっちが9連敗もしている間に、下にいるチームが5連勝だの、10連勝だの勝ち続けていたら当然の成り行きなのかもしれませんけどね。スイープされた先のバファローズ戦、現在行われているホークス戦もそう、勢いの差は歴然でファイターズの元気のなさばかりが目についてしまいます。

優勝した年には必ず在籍していた、稲田直人や森本稀哲のようなムードメーカー的な選手がいてくれたら『ベンチの雰囲気もまた違っていたのかなぁ』なんて、最近よく思ったりもします。まだ1軍でそれほど実績も経験もない、杉谷拳士にそれを求めるのは少し酷な気もしますしね。投手では一時期、石井裕也がラッキーボーイ的な存在になりましたけど、野手でも今はそういった選手が【急募】といった感じです。

この悪い流れを断ち切ってくれそうな選手筆頭は、やっぱり中田翔だと思うんですよね。天性のスター性とか、醸しだすそのオーラからしても。中田が打てばもっと展開も劇的に変わるような気がしてならないのです。

今に始まったことではなく、今シーズンの中田には個人的に少々の“物足りなさ感”を抱いていました。4番も務め、大きく飛躍を遂げたのにも関わらず『なぜ?』とお思いでしょう。本人もよく口にし、こだわりをみせていた打点。繋ぎに徹し、ランナーを還してくれるチャンスに強い打者も、チームにとっては大変ありがたいことなんだけど、できれば中田にはもっと×2大きいやつ!

ホームランを狙っていってほしいんです。打率なんか低くたって構いません。たとえば劣勢な試合展開の時に、ソロだっていい。中田のアーチによってチームが活気づいたり、流れが変わることだってあると思うんですよね。それだけの力や風を持っている男だと信じているし、また原点に返って、ファイターズに入団した彼に求めていたのは、この「一発長打」の魅力によるものだったと思うのです。

それだけに彼の持っている能力からすると、15本(28日現在)では少し淋しい気もします。不幸中の幸いとでもいいますか、4番を外れたこともあるし、今後は思う存分、みんなに元気を分け与えてくれるようなホームランを望んでいきたいです。中田が打てば風は変わります!


今月のファイターズの戦いぶりが1998年と似ていると、以前書いたことがありました。あのときも今と同様、打てず守れずで泥沼の9連敗を喫し、一気に2位・バファローズにつめ寄られたんです。私は居ても立ってもいられず、ちょうどこの最中に東京ドームへ足を運びました。

相変わらずの貧打で0行進を続けていたファイターズが、マリーンズのエース・黒木知宏からようやく8回に1点をもぎ取り、投げては関根裕之が5安打完封して連敗をストップさせた試合(8/25 F1-M0)

【味方が点を取ってくれるまで俺が絶対に0で抑えきってやる!】そんな気迫をみなぎらせた関根投手の姿が印象的で、まさに(連敗を止めるには)“これっきゃない”というような勝ち方でした。とてつもない試練を味わっていただけに、勝利の感動は普段の何倍にも感じた記憶があります。

やまない雨はありません。明けない夜もありません。

どうか皆さま、今夜先発するダルビッシュ有希望を見出してください。チームが危機的状況でも、まだあんなコトを言ってくれる、頼もしいエースがいるんですもの。ダルビッシュなら大丈夫!きっとファイターズに勝利をもたらしてくれますよ。あの日の関根投手と同じように‥


posted by 羽夢 at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さんのいってた通りになりました!何事も諦めたら終わりですね。今日も勇気をもらえました。ありがとうございました。
Posted by 慎太郎 at 2011年09月29日 23:54
慎太郎さん、こんにちは。
ようやく連敗地獄を脱出しました。きっとここからまたファイターズの逆襲が始まっていくことと思いますので。大変珍しい響きですが「10月攻勢」といきましょう!
Posted by 羽夢 at 2011年09月30日 10:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。