2011年09月06日

本日限定 『私、豊田泰光(風)になります』 (9/5 対Hawks)

昨日の試合終了後の梨田昌孝監督のコメント。

武田勝は久しぶりにいい状態でしたが、継投で逃げ切るつもりで行った結果、残念です。勝には申し訳ないし、全ては監督の責任。エンドランが決まったり、攻撃でいい面もでましたが、結果として負ければ意味がないんでね。明日気持ちを切り替えて戦います

案の定、色々なところで“梨田采配”が叩かれているのを目にしました。たしかに被安打2、球数は降板時で70ですか。普通の投手なら優に完投ペースでしょう。だから『継投が早すぎた』とか、ファンが怒りたくなる気持ちも分からんでもないです。私は個人的には梨田さんが好きなので、似たようなことがあっても、その都度監督を擁護してきたつもりです。ただ、今回ばかりは私自身もどうも腑に落ちないところがありました。

結果として試合には敗れてしまいましたが、ファイターズは先発投手が6回まで投げてくれれば後は強力なリリーフ陣が控えています。今までもそうやって何試合もモノにしてきましたし、あれこそが2011年版・ファイターズ式「勝ちパターン」でもあるのです。また、それだけの数字も残していますし、揺らぐことのない事実です。

だから『やるだけのことはやった。あれで負けてしまったなら仕方がない』みたいなコメントを、てっきり私は戴けるものかと思ってました。せめて監督の口からだけは。いや、開き直るとかそういう意味じゃなくてね。勝ちにいくための最善の策があの継投だったんだと。あんなコメントを発してしまったら、それこそ“叩き”にも拍車がかかりますって。

それでも私も最初は梨田さんを擁護してました。『もっと勝を信頼しろ』?いやいや、十分信頼してると思いますよ。6回のピンチで打席にホームランを打っている小久保裕紀を迎えても、続投させているじゃないですか。信頼してなかったらあの場面は間違いなく交代させているでしょう。おそらくすべてを“勝に預けた”くらい心境でおったはずです。

強力ホークス打線相手に息つける打者もなく、相当な神経をすり減らしていただろうし、球数は少なくてもあの小久保との対戦で“燃え尽き症候群”ではありませんが、次の回で嫌な予感がしていたのかもしれません。

しかし、勝負事は難しい。継投がバシっとハマっていれば、それはたちまち“名采配”になるだろうし、逆なら今回みたいに悲惨な結果にもなります。拙守と攻守、好走塁と暴走もそう。継投のタイミングだって本当に紙一重のところで、勝利の女神はほほ笑んだりソッポ向いたりもします。

指揮官が“後悔”をしてしまってどうする?我々は付いていくだけ。すべてを委ねている。いつも胸を張れとはいわない。ただ、自分の采配にはもっと自信を持て。それと試合が終わったあとも、ファイターでいろ!


posted by 羽夢 at 15:07| Comment(3) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念ながらホークス相手に2連敗となってしまいました。
しかし、羽夢さんのおっしゃるとおり、初戦の継投はウチの勝ちパターンですからね。私はこれで負けても仕方がないし、逆に勝を引っ張って負けていたら、そっちの方が納得のいかない負けでしたね。むしろウチの勝ちパターンを崩したホークスを褒めなきゃいけません。
2戦目のダルビッシュは、こういう時のダルビッシュは完封してくれるかなと思っていたのですが、流石にそれは甘かったようです。ランナー1塁で下位打線でしたから、トップギアに入れる前に打たれてしまった感じですね。逆にランナーが2塁に進んでいたら抑えたかも知れません。
私はホークスはもういっぱいいっぱいとみていたのですが、流石に地力があるチームですね。ただ、今年は震災の関係で日程が後ろにずれ込んでいるので、諦めるにはまだ早く、まだ8月半ば程度の気持ちでいていいと思います。打線も随分元気がないようですが、こういう時はベテランが発破をかけて、気持ちを前向きにするといいと思います。
それと采配批判に使うエネルギーがある人達はそのエネルギーを応援に使って欲しいものです。新しいファンの人達は負けなれてないせいか、あきらめが早すぎるような気がします。逆境・苦境の時にチームを見放さず応援するファンこそ真のファンですし、9回裏ツーアウトで10対0で負けていても、私は万分の一の奇蹟を信じて席は立ちません。今シーズンも残り3試合で3ゲーム差離れていても、逆転優勝への望みは捨てませんよ。対ホークス直接対決はまだ8試合も残っていますし、直接対決がなくなった後10月の残り試合はほぼ札幌で腰を落ち着けて戦えますから、ここで10連勝とか9勝1敗とかになる可能性もあるかも知れません。
Posted by たけ at 2011年09月07日 02:03

私もたけさんのコメントに強く共感しますねぇ。

ここはね、ヒジョーに神経を使うの表現になるんですが『新しいファン』の皆さんは『強いファイターズ』しか知らないので、その要求レベルの無茶苦茶さ加減には正直付いていけませんよホント。

札幌ドーム名物『敗色濃厚なら試合途中で帰宅』…そんなグループに(もちろん全員とは言いません)梨田批判をする資格なんかありません。


いまや名将のイメージしかない仰木彬だってね、三回目の日本シリーズで初めて日本一になったんですよ。

Posted by ばいきんまん at 2011年09月08日 17:43
>たけ様・ばいきんまん様

いつもありがとうございます。
私なりの「諦めない気持ち」を次の記事にしたためました。
よろしくお願いします!
Posted by 羽夢 at 2011年09月08日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。