2011年07月21日

【満員御礼】

ダルビッシュ有と田中将大、球界を代表する投手同士の投げ合いで始まった一戦。立ち上がりから球数が多く、田中より先に得点を許してしまったダルビッシュは中盤以降しっかりと修正し、9回を1失点完投。稲葉篤紀の本塁打で勝ち越したファイターズが3-1で勝利し、前半戦最後の試合を白星で締めくくりました。


両エースによる好投で試合自体も大変見応えあるものでしたが、まず私が注目した点!それは観客数であります。本日20日の入場者数、なんと44826人!本家・ジャイアンツ戦に匹敵するほどの超満員です。たしか2006年7月30日のホークス戦、36506人を抜いて北海道移転後ファイターズ主催の東京ドームの試合では最多と記憶しております。

しかも、夕方にはチケットがすべて完売してしまったとか。悲しいかな、今までこんなの聞いたことがありません。まさに記録的です!

でもまさかこんな時代が訪れるなんて‥。東京時代からファンからしてみたらもう本当、涙モノですよ。といいますのも私、いや一部の古株のファンは観客数というものを昔からかなり意識していたと思います。当時は随分と「不入り」に悩まされ、観ているこちら側まで球団経営を心配してしまったほどです。ごく稀に選手の口から『もっとお客さんのいる前でプレーしたい』そんな類いの言葉を聞くたびに、胸を痛めたりもしていました。

実数発表前、ひどい時では8000人‥なんて試合もありました。考えてみてください?55000人収容のドームに半分はおろか、1/7程度しか埋まっていないことになるんです。東京ドームから比較的近場の某球場などでは昔の珍プレー集でよく見かけた、カップルが1列使って寝そべりながらイチャイチャしたりですとか流しソーメン食ったりとですとか、そんな世にも奇妙な光景を本当にスタジアムの中で目にすることができたのです。つくづく恐ろしい時代でした。

すっかり北海道に根付いた札幌ドームの4万人とは、ちょいとわけが違います。不遇の時代を知るからこそ、久々の東京ドームの大入りに私は感激してしまいました。2階席まで埋まることなんて本拠地時代も何年かに一回ある程度で、滅多にお目にかかれませんでしたからね。もちろん好投手の登場やチームが好調なこと、様々な好要素はあったと思いますが、関東にもこれだけのファイターズファン並びにパ・リーグファンがいてくれたことも再認識させられました。

たくさんの方のご来場、誠にありがとうございます。これからもこの調子でいきましょう!以上、ファイターズ広報・ハム中でしたw


posted by 羽夢 at 00:09| Comment(4) | TrackBack(1) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日は観戦お疲れ様でした。いい試合でしたね。私はテレビ埼玉での観戦でした。
やはり驚いたのは観客で埋め尽くされた光景ですね。

ヒットナイターで観戦していた頃は、青い東京ドームというのが当たり前で(要するに座席が目立つという意味です)、満席なんて考えられませんでした。

時代はパリーグになりつつあるんですかね。時の流れを感じました。
Posted by EILEEN at 2011年07月21日 19:03
EILEENさん、こんばんは!
20日の試合は実数発表前であれば間違いなく56,000人とされていたでしょう。ドームが開場したての頃は結構満員もあったんですけどね。西武戦限定でですけど^^;

この前私の知人も口にしていたのですが、新庄が『これからはパ・リーグです』発言した時期辺りから、たしかに風が変わり始めた感じもしますね。今やパには各球団一人はメジャークラスのピッチャーも在籍していますし。素晴らしい時代になりました。
Posted by 羽夢 at 2011年07月21日 23:30
こんばんは。小生もこの「観客数」には驚きました。隔世の感ありですね。
移転前は、一塁側内野指定席に試合開始後の当日券で普通に入場できました。内野席の真正面はビジター外野応援席。敵陣の応援に圧倒されたり、敵・味方のファンの数を目測で比較することもしばしばでしたね。(移転前の10年間は、もともとファンの絶対数も少なかったところにチーム成績も振るわず、自然と足を運ぶ回数も少なくなっていった、と分析しています。ファンの自然減>自然増で毎年純減だったのではないでしょうか?)
Posted by 南の国から at 2011年07月22日 23:22
南の国から様、こんにちは。

はい、これは未だに忘れられないのですが当時のヒルマン監督が東京ドームの試合で、たしかホークス戦でしたかね。圧倒的に多かった鷹党を目にして『これじゃホームじゃない』みたいなことをおっしゃっていたんです。我々ファンでも後ろめたい部分は感じていましたが、監督や選手たちにもそんな思いをさせてしまっていたのですね。監督の発言どうのこうのより、あの時はとても悲しい思いをした記憶があります。

まぁ、前回も書きましたけど空いていたスタンドも、あれはあれで嫌いではなかったのですが(お陰さまで冷房もよく効いていたし^^;)でもやっぱりプロ野球たるもの、あれではダメですよね。毎試合札幌ドームへ詰めかけてくれるファンの皆さまには本当、感謝しきりです。
Posted by 羽夢 at 2011年07月23日 10:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

7/20、【F-E】<10> ダルビッシュ投手が田中投手に投げ勝って13勝目! 6連勝で前半戦終了!
Excerpt:   オールスター前最後の試合は、ダルビッシュ投手と田中投手の2年ぶりの直接対決。     【1回表】 まずダルビッシ..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2011-07-21 01:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。