2011年05月16日

交流戦直前!【北海道日本ハム文字だけSP】

月並みな言い方ですが、投打がガッチリと噛み合った函館シリーズを私用で観戦できず、大変残念な思いをしてしまった羽夢です。でも試合ダイジェストや選手成績をみて、ただニンマリしていた羽夢です。金子誠もやっぱり何かを持っている?そう再認識した羽夢です。

今宵はこの場を借りてここまでの2011北海道日本ハムファイターズの戦いぶりについて、簡単な感想や今後の展望などについて述べていきたいと思います。

16日現在、16勝9敗1分。2位・ホークスとゲーム差0ながら勝率の差で単独首位!交流戦までを一つの区切りとすると、最高のスタートを切れたといってもいいのではないでしょうか。開幕カードでライオンズにコテンパンにやられてしまった時はどうなることかと思いましたが‥(苦笑)しかし、この交流戦というのがなかなか曲者でして、セ・パ両リーグの順位が交流戦終了時にはすっかり様変わりしている現象もままあります。数年前、開幕ダッシュに成功したドラゴンズは交流戦でつまづいて順位を下げてしまったなんて例もありましたよね。

ファイターズは優勝した2007年以外は「可もなく不可もなく」といった感じ?いや、それでも2008年以降も3年連続して勝ち越しは達成できているのだから、うまく乗り切っているといっていいのかもしれません。今季も今のところ貯金が7あるわけだし、とりあえず5割以上でいくことができれば十分だと思います。札幌ドームから始まるセ・リーグ首位のスワローズ、そしてジャイアンツと続いていくセ・パ交流戦。パ・リーグ首位のファイターズがどんな戦いぶりを見せてくれるのか、今年も興味は尽きませんね!


それではまず、ここまでの「打」の感想から。チーム本塁打がリーグダントツの25本。これには驚きましたね。もちろんホフパワー(7本)と中田翔(5本)の力によるものも大きいのですが、2人が下位に座るというのも今季のファイターズ打線の凄みですよね。主軸の糸井・小谷野・稲葉は一頃より調子を落としていましたけど、函館シリーズでだいぶ当たりを取り戻してきたような感じです。特に交流戦前に4番・小谷野の復調は大きかったと思います。トップの田中賢が開幕からあまりバッティングの調子が上がってこないのは少し気掛かりではありますが、飯山の打撃好調は嬉しい誤算?でしたね。おかげでチームの精神的支柱でもある金子誠を休ませながら起用することも可能となっています。あと忘れちゃいけない二岡智宏も、要所×2でいい働きをしてますよね。

投手陣は先発ローテーションがしっかり確立できているのが評価できると思います。基本はダルビッシュ・ウルフ・武田勝・ケッペル・斎藤佑。6連戦の時はこれに八木が加わるといった形。武田勝が勝ち運に恵まれずにまだ2勝ですが、打線の援護さえあればもう2つは勝てていた内容でしたよね。昨シーズン後半の好調さを、そのまま今季に持ち込んでいる感じです。ダルは開幕戦であまりに打ちこまれたので「肉体改造どうだったのよ?」なんて、内心不安になってしまいましたが、その後は無傷の4連勝!しかも前回登板の楽天戦では相手を圧倒するような気迫の投球で完封。あんなダルは久々に見たような気もします。注目の斎藤佑も最後はアクシデントで離脱してしまいましたけど、彼の2勝0敗だって大きいですよ!なにせ昨シーズンはなかった戦力のわけですからね。交流戦はローテに余裕もできるのでファームでじっくりと治してから復帰してくれれば、まったく問題はありません。ただ、連戦が続く夏場に向けて(8月になんと魔の13連戦が‥)もう2枚は先発の頭数がほしいので、春先期待されていた中村や吉川、困った時の木田さん?などにも、今後は期待してみたいですね。

抑えは武田久が万全、その前を投げる増井がここまで「ハマる」とは思いませんでした。優しそうな顔に似合わず、自慢の速球でグイグイと押していく投球は見るものを惹きつけます。宮西は2敗はしてしまいましたが、一発を打たれたのは共に右打者だし、球も走っているのでさほど気にすることはないと思います。ただ例年と比べて、球にバラつきが見られるのがやや不安材料でしょうか。いずれにしてもこのままでは宮西の負担が大きくなってしまうので、現在ファーム落ちしている林や根本らにも奮起を促したいです。

個人的には14日にプロ初登板を飾った運天ジョンクレイトン。入団時からその独特な名前で気にかけてはいましたが、かなり力強い(エグイ)ボールを放る投手です。こんなに早く1軍に上がってくるとは思いませんでしたが、赤丸急上昇的な存在ですね。多田野にも男の意地をみせてほしいと思います。それでは最後に‥


目指せ!リーグ優勝!!頑張れ!Fighters!!
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



posted by 羽夢 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さん、お久しぶりです。
今年はファイターズも調子がよいようですね。開幕は投打の歯車がいまいちかみ合わず、少し躓きましたが、その後は順調に調子を上げているようです。今年は去年より打線がいいので、去年のようなことはあるまいと思っていましたし、まぁ順当な結果ではないでしょうか。あとは武田久がこの調子を維持してくれればいいのですが。
ただ長いペナントレースですですから、いつまでも順風というわけには参りません。調子を落としてきた時、アクシデントが起こった時、どう乗り越えていくかですね。(ペナントレースは耐久レースであるというのが私の持論なので)。
後、リーグ優勝はあくまでも通過点ということで(特に今のCSシステムではリーグ優勝の価値が昔ほどない)、目指せ日本一といきましょう。頑張れファイターズ、目指せ日本一奪回!!
Posted by たけ at 2011年05月17日 20:36
たけさん、ご無沙汰です。お元気でしたでしょうか^^
>目指せ日本一といきましょう。

最初は目指せ!交流戦優勝!にしようと思ったのですが、本文中に「とりあえず5割以上で」なんて言ってしまった手前、そういうわけにもいかず‥(笑)目指せ!リーグ優勝にしてしまいました。そうですね、目指せ!日本一奪回☆といきましょうか!

>ペナントレースは耐久レース

ここでものを言わせるのがいわゆる「戦力層」というやつなんですよね。主力選手の長期スランプやケガなどの不測の事態に備え、いかにその選手と遜色ない実力のバックアップ要員を用意できているか。

‥そういった点では高橋信選手のトレードは本当に残念でした。でもまぁ、Gで小笠原選手の代わりとして頑張ってくれているそうですし、それもまた彼の運命だったのかなぁ‥なんて、少しでも前向きに考えるようには努めていますけど。
Posted by 羽夢 at 2011年05月17日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。