2011年04月25日

斎藤佑樹 【プロ2戦目】完全レポート


1回 松井稼【一ゴロ】聖沢【遊ゴロ】鉄平【遊ゴロ】

3者凡退、上々のスタート。アウトはすべてが内野ゴロ。球を低めに集めて、バットの芯を外す。立ち上がりはとても落ち着いているようにみえた。


2回 山ア【左本】高須【投ゴロ】岩村【一ゴロ】ルイーズ【左本】草野【右飛】

この回が始まる前に嫌な空気は感じた。ファイターズが2点を先制したものの、なお1死満塁のチャンスで加点できず、最後は小谷野の右翼線の打球を鉄平に好捕される。ビックイニングにし損ねた直後、楽天4番の山アにインコースの球をレフトスタンドへ運ばれた。ベルトより高い球だったけど、コース自体はよかった。相手は好調の山アだ。しかもソロ。まったく引きずることはない。

2アウト後、今度は前夜のヒーロー・7番ルイーズに真ん中付近の変化球をまたしても持っていかれた。これは明らかな失投。プロの猛者はそれを見逃さない。確実に仕留めにくる。まだスコアは2-2。振り出しに戻っただけ。抜け球には注意しよう。


3回 井野【遊ゴロ】松井【空振三振】聖沢【投ゴロ】

3者凡退。練習試合でコテンパンに打ちこまれた松井稼頭央から、この日初めて三振を奪った。カウント2-0からワンバウンドするようなボール球を振らせての3球三振。これくらいの余裕があってもいい。俊足・聖沢のゴロは自らが裁いてチェンジ。いい流れになってきた!


4回 鉄平【一ゴロ】山ア【左安】高須【二安】岩村【三振】ルイーズ【三ゴロ】

1死後、初めて連打を浴び1、2塁のピンチを迎える。岩村を何とか三振に打ち取ったが、ルイーズの打席時にワイルドピッチ。2死2、3塁。ここはチームにとっても中盤の山。踏ん張れ斎藤!ホームランの後の打席は3塁へのゴロ。これを小谷野がガッチリとつかんで、無失点で切り抜けた。


5回 草野【中飛】井野【右安】松井【四球】聖沢【中飛】鉄平【投ゴロ】

勝ち越しに成功したファイターズ。味方が点を取った後の大事なイニング。1死後、伏兵・井野にヒットを許し、打席には松井。やはりどこかで苦手意識が働いたのか、勝ち投手を権利を得る5イニングス目を意識してしまったのか、珍しくボールが先行する。2−3まで持っていったが、プロ入り初となる四球を与えてしまった。再びスコアリングポジションにランナーが進んだ。

ここで左の好打者二人が続く。聖沢で併殺は難しい。できれば三振、フライを打たせたい。右中間方向へのセンターフライ。フライを打たせることに成功したが、ランナーはそれぞれタッチアップで進塁。2死2、3塁、一打同点のピンチに‥

続く鉄平のセンター返しのバッティング!ジャンピングキャッチを試みた斎藤のグラブに、すっぽりとボールが収まってピッチャーゴロ。このピンチも凌ぐことができた。これで勝ち投手の権利を手にした斎藤。ここまで78球。まだいけるぞ!


6回 山ア【三安】高須【三振】岩村【左中2】ルイーズ【中越安

ここで不測の事態が斎藤を襲う。ピッチャーマウンド付近に上がった山アの小フライを小谷野とホフパワーが、なんとお見合い!無死1塁。完全に打ち取っていた当たりだけに、痛い連係ミス。ルーキー投手の動揺に付け込もうと、ここで楽天が仕掛けにかかる。高須の打席でヒットエンドランのサイン。当てるのがうまいはずの打者に、ここ一番で最高のフォークボールが低めに決まった!高須のバットが空を切る。山アは当然のごとく?2塁アウト!三振ゲッツー。楽天の奇襲作戦が裏目に出た格好に。ともあれ斎藤は救われた。まさしく 佑樹100%!

2死走者なし。これで気が緩んだわけではないだろうが、次の岩村に左中間への2ベースを打たれ、3たび得点圏に走者を背負う。振れている次のルイーズには甘く入った変化球をとらえられ、左中間を真っ二つに破られてしまう。4-3、1点差。一転して一打同点のピンチ‥ を迎えるはずだったが、ルイーズが2塁を欲張ってタッチアウト。これは助かった。リードを保ったまま、7回からはリリーフ陣に後を託した。


中盤はヒヤヒヤながら、結局6回を投げきって3失点。試合後に斎藤が口にしていた「ラッキー」な部分もたしかにあったが、先発としての役割は十分に果たしてくれたといえる。打者を圧倒するような投球ではないが、要は勝つピッチングをすればいいのだ。それが結果として 2戦2勝

かつてライオンズ・ホークスでエースとして活躍した工藤公康氏がこんなことを言っていた。先発投手にとって一番重要なのは勝率。チームに勝利をどれだけ運んでこられるか。味方の得点次第では何も【0】に固執することはない。それより1点でも少なく抑えればいいのだから。

持っているのが「勝ち運」なんだとしたら、ファイターズにとって斎藤佑樹ほど心強い投手はいない。


※前日手痛いサヨナラ負けを喫して、チームの連勝がストップした後だっただけに、斎藤佑で勝つことができたのは非常に大きかったですよね。明日先発のダルビッシュ投手へ良い形でタスキを渡すこともできました。ホークスとの首位攻防戦に勝ち越して、更に勢いを加速させていきましょう!‥って、まだ気が早いですよね^^; にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



posted by 羽夢 at 22:35| Comment(4) | TrackBack(1) | BEST GAME! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さんこんばんは。
順調に斎藤投手2勝目を挙げましたね。

球に力があるタイプではないので、長打を喰らうのはある程度仕方ないと思います。

大事なのは四球でムダな走者を溜めないこと。だから私は11イニング投げて四球が一つというところを評価したいです。

まだ二試合ですが、防御率3点台前半で二勝です。新人としては充分すぎますね。
完投能力はあるのか、相手チームが研究してくる二順目以降にいかに対応するかに注目してこれからは見ていきたいです。
Posted by やましょう at 2011年04月27日 01:09
いつも更新楽しみにしております!

斎藤佑樹の最大の武器は『プレッシャーをパワーに変える』メンタリティではないかと思わせるプロ2試合目でした。

そしてここまできっちり味方からの援護点ももらう辺り、9回無失点でも勝ちが付かなかった須永とは違う運命を感じます(笑)

是非とも『何故か負けないスターター』として、ファイターズを牽引してもらいましょう。
Posted by ばいきんまん at 2011年04月27日 08:00
やましょうさん、こんにちわorこんばんわ!

そうですね。球威は現時点ではさほど感じられませんが、それを制球力のよさで補っている印象ですね。結果、ホームランはここまで3発浴びていますけど、無駄な走者を置いていないことで2ラン・ソロ・ソロと、大ケガはせずに済んでいます。

四球が少ないのと、それからランナーを置いてからの粘りの投球、ガタガタと崩れていかないのも斎藤佑の非凡なところですよね。前評判通り、ゴロを打たせるのが上手な印象も持ちました。

>防御率3点台前半で二勝です

対象的に他球団の某新人投手は2試合投げて防御率1点台なのに勝ち星なしですからね。結果的に見ましても、斎藤佑は最高のスタートを切れたと思います!
Posted by 羽夢 at 2011年04月27日 22:39
ばいきんまんさん、いつもありがとうございます!

>9回無失点でも勝ちが付かなかった須永とは違う運命を感じます

‥た、たしかに(笑)この辺も斎藤佑が「持っている」と言われる所以なのかもしれませんが、ただ打線との巡り合わせがいいのだけでなく、投球のテンポの良さだったり、無駄な四球を与えないなどといった守りの時間を短くしていることも、攻撃にリズムを呼びこんでいる遠因かもしれませんね。

はい、メンタリティといった部分はさすがですよ!今まで大きな舞台も経験してきていますし、ちょっとやそこいらのことでは動じませんよね。そもそも彼は半世紀ぶりの早慶決勝戦の先発マウンドに立ったほどのピッチャーですからね(笑)

いずれにしても次回の埼玉西武戦ですか!たしか獅子打線とはオープン戦を通じても初の顔合わせとなりますし、真価が問われるのではないでしょうか。「何故か負けないスターター」この響き!いいですね^^期待しています☆
Posted by 羽夢 at 2011年04月27日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

4/24、【E-F】<3> 斎藤佑投手が2被弾も、味方の援護に救われてプロ2勝目!
Excerpt:   互いにこのカードをここまで1勝1敗で迎えた第3戦。 この試合の先発は、北海道日本ハムがプロ2試合目の登板となる斎藤佑投手。東北楽天が戸村投手。 &nbsp..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2011-04-26 01:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。