2011年04月23日

もっと!ほっともっと神戸!! 【4/19〜4/22】

楽天の本拠地・Kスタ宮城がまだ復旧作業中ということもあり、ファイターズは先のオリックス戦と合わせて、今週は関西地区での6連戦となりました。昔は関西にホームを置く球団がパ・リーグだけでも3チームあったので、さほど珍しいことでもなかったのですが、近年ではあまり見る機会もなくなりましたよね。

北海道が本拠なだけに、どうしても移動が多くなってしまうファイターズにおいては、多少恵まれた日程になったかもしれません。そんなほっともっとフィールド神戸から始まった今週初めのオリックス戦から、22日の東北楽天戦までをまとめて振り返ってみたいと思います。


まず私が注目したのはこの3連戦、先発した投手全員に勝ち星が付いていること。しっかりと試合を作れていますよね。初戦のダルビッシュ有。初回にあっけなく失点を与えてしまう不安定な立ち上がり。ストレートも走っていなかったので心配しながら見守っていましたが、もっともこの日の神戸の夜は相当冷え込んでいたそうで、身体が温まるまでに時間を要したようです。4回以降は完全に立ち直って、8回まで無安打投球。終盤は完全に4年連続防御率1点台投手の姿に戻っていました。

2戦目のB・ウルフも序盤は不安定で毎回のようにランナーを背負っていましたが、2回の1死満塁のピンチを最少失点で切り抜けると、6回を1失点の内容。途中に味方野手のエラーなどもありましたが、気持ちを切らさず投げ切ることができました。開幕カードで打ちこまれた両投手が本来の投球をみせてくれたのは、今後においても非常に心強いですよね。

3戦目、京セラでの武田勝は完璧!言うことなしです。6回までを圧巻のパーフェクトピッチング。持ち味である抜群の制球力のよさを武器に、相手に的を絞らせませんでした。初安打を許した7回唯一のピンチもT・岡田を注文通りの併殺で仕留め、「ノーヒット・ノーランなんてサラサラ狙っていませんでした」と勝投手。どんな快投をしても、いつも通りの左腕がそこにいました。

22日の東北楽天戦。B・ケッペルも味方が点を取った直後に得点を与えてしまったのはいただけませんでしたが、再三ピンチを迎えながらも8回を投げきり、粘りの投球ができました。ここまで【投】の方の収穫としては抑えの武田久の名前も挙げられるでしょうか。打ちこまれた昨春と違い、今年の出だしはとてもいいスタートが切れています。ストレートの質が昨シーズンとはまったく違います。タイトルを獲得した2009年のような活躍も期待できるかもしれませんね。



投手陣以上に今シーズン、私が手ごたえを感じているのは打線の方です。まず3番の糸井嘉男が絶好調。打率.424、打点10はチーム2冠王で、ホームランは早くも3本(22日現在)。この調子でいけば30本塁打も夢ではないでしょう。今チームで一番振れています。さらにクラッチヒッター・小谷野栄一が4番でどっしりと構え、今シーズン中の2000本安打達成に燃える稲葉篤紀が5番で睨みを利かせる。状況に応じた打撃ができるこのクリーンナップは、他球団にとっても相当な脅威となっているはずです。

中軸にM・ホフパワー・中田翔の「長打担当」が控え、同じく打撃好調の大野奨太と金子誠が下位に控える、まったく隙のない 新型ハム打線。唯一乗り遅れていた中田も19日に初安打を放つと、以後1本塁打4打点とようやくエンジンがかかってきました。

それでも野手陣での1番の収穫は今シーズンから2番に入った陽岱鋼ではないでしょうか。まだバントを含めた小技という点に関しては、若干のモロさを感じさせるものの、走者を置いてからのバッティング!1打席1打席を大切に、よく集中できています。12球粘った末に、決勝打を放った楽天戦はまさにその真骨頂でしたよね。陽の成長で今のところは森本稀哲の退団の穴をまったく感じさせません。お立ち台での口癖は 「また明日!」。ガッツ溢れる守備も含めて、今もっともノリに乗っている24歳の若武者に、今後も大注目です。

なお、この連戦中はファイターズの選手に大記録達成が2つもありました。稲葉の3000塁打と金子誠の1500本安打。特に東京時代からいい時も悪い時もずっと見てきたマックの節目の1本には胸が熱くなりました。この金子選手への「手紙」は次回、更新してみたいと思います。


※明日は順調にいけば斎藤佑樹投手の先発でしょうか。こちらも楽しみですが、まずは今日の八木投手ですね!やっぱり最低もう1枚は先発左腕が欲しいというのが実情です。今シーズン、完全復活となるでしょうか!?オープン戦での好投を思い出して頑張れ、智哉!最後にワンポチのご協力をしてくださると嬉しいです。よろしくお願いいたしますにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


posted by 羽夢 at 15:16| Comment(2) | TrackBack(3) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ファイターズの中では武田勝投手は好きなんですが、今年も活躍してくれそうですね。なんというか、制球良すぎですね。
以前から思っていたんですが、かつてスワローズで活躍した安田猛氏の持つ「最多連続無四球イニング81」の記録を破るのは彼しかいないでしょうね。
Posted by EILEEN at 2011年04月24日 15:15
EILEENさん、こんにちわorこんばんわ!

>最多連続無四球イニング81

武田投手もさすがにそこまでは‥(笑)球威がそれほどないだけに、際どいところを突いていきますからね。でも、期待してみます!

これまた懐かしい!安田猛投手ですか。私の記憶が正しければ、たしかその81イニングって敬遠をした後からスタートして、最後も敬遠によって記録が途絶えたのではなかったですか?しかも、両方とも田淵幸一選手が打席の時だったとかで!安田投手ってどれだけコントロールが良かったんでしょうか(笑)
Posted by 羽夢 at 2011年04月24日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

4/19、【B-F】<1> ダルビッシュ投手が8回1失点の好投! 見事リベンジで今季初白星!
Excerpt:   今日からは関西に移動しての、神戸、そして大阪でのオリックスとの3連戦。 まずほっともっとフィールド神戸で行われるその初戦の先発は、北海道日本ハムがダルビッシュ..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2011-04-23 15:59

4/20、【B-F】<2> 金子選手が通算1500安打達成! 16安打9得点と打線も爆発して3連勝!
Excerpt:   日曜日の斎藤佑投手、そして昨日のダルビッシュ投手と若い投手で2連勝。 今日は更にその連勝を伸ばす為、北海道日本ハムの先発のマウンドにはウルフ投手が上がる。 ..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2011-04-23 15:59

4/21、【B-F】<3> 武田勝投手が7回無失点の好投! オリックスを3タテで首位に浮上!
Excerpt:   今日は昨日までの神戸から大阪へと移動しての試合。 この試合の先発は、北海道日本ハムが武田勝投手。オリックスがフィガロ投手。     【..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2011-04-23 15:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。