2011年04月08日

【4月8日】 ドラマチック・ハム!

最近はどうなっているのかよく分からないけど、筆者の学生時代は4月8日に入学式や新学期が始まるパターンが多かった。プロ野球も現在みたいに試合数が多くなく、130試合で統一されていた頃は大体この辺りの時期に開幕日を迎えていた。今回はそんな今日、4月8日にスポットを当ててみた。


1981年。この年はファイターズが19年ぶりのリーグ優勝を遂げた年だけど、なんといっても前年のオフに広島からやってきた江夏豊が目玉選手の一人だった。江夏の加入でファイターズは一気に「優勝候補」となったわけだけど、その江夏が春先立て続けにリリーフに失敗して周囲を不安がらせた。ここでも「シーズン前の下馬評が高いと本番悪くなる」といったジンクスが垣間みえる(結局後半に盛り返し、前後期2シーズン制という制度に助けられた)

江夏のエンジンがかかるだいぶ前、絶不調だった頃の4月8日の後楽園球場。対西武戦で1点リードの8回から登板。まずは8回に同点とされ、前日に続いての救援失敗。そして続投した9回、因縁のアノ男に決勝アーチを浴びてしまう‥


4.8-fs1
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



ドラマだねぇ‥ 江夏豊と田淵幸一!

タイガース時代は黄金バッテリーなどと呼ばれ、ONたちとも幾多の名勝負を演じてきた両雄がお互いユニフォームを変えて、観客もまばらな後楽園で「敵」として相対峙するなんて。

ちなみにファイターズの先発を務めたのが間柴茂有。なんとこの日は1回持たず、2/3イニングで西武打線にKOされている。それがすっとこどっこい!終わってみればシーズン負けなしの15勝、勝率10割。打線が中盤に追いついたから間柴に負けが付かなかったわけだけど、間違いなく1981年は「強運」も持ち合わせていた。

その負けない男、間柴がリバンジを果たしたのが5年後の1986年4月8日、後楽園球場の対西武戦。ドラマだねぇ‥。5回を投げて1失点。後続をリリーフに託して勝利投手となった。当時、野球界の話題を独占していた18才の清原和博(この日がプロ初スタメン)から初三振を奪ったのが間柴って、知ってた?


時代は昭和から平成へ‥ 後楽園スタヂアムからビックエッグへ‥


激動の1988年と1989年の両年は4月8日が開幕日。記念すべきドーム元年、開幕投手の西崎幸広が終盤につかまって、ファイターズは初陣を白星で飾れなかった。ドーム初白星は翌9日で白井一幸が8回に満塁一層のタイムリーを放って試合を決めた。ちなみに筆者にとっての「初ドーム」がこの試合!まぁ、これはどうでもいい。

1989年「平成初ゲーム」はファイターズファンにとっては忘れられない幕開けとなった。ちょっとすましたニヒルな新背番号『7』。カレがいきなりとんでもないことをしでかした。


4.8-fs2
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


ドラマだねぇ‥

開幕戦では33年ぶりとなる、新人選手によるサヨナラ本塁打。これは凄い選手がやってきたぞ!新人王はお前に間違いない。五輪で全日本の4番を務めた男の実力をとくと魅せてやってくれ。中島輝士!

‥結局この年は故障もあって9本塁打に終わった。アマチュア時代はほとんど経験のない、不慣れな外野の守備の方にもだいぶ神経を使わせてしまったのだろうか。だが「テルシー」はあの一撃で燦然と球史に名を刻んだ。貴方の方が年上なのにエースの西崎には平身低頭でしたよね。そんな貴方も忘れない‥



※いかがでしたか。4月8日には色々なドラマがありましたね!あぁ古き良きあの時代‥。なんだか野球が恋しくなってきました。同じく当時を懐かしく感じてくれた方はどうぞワンポチのご協力を、よろしくお願いいたします人気ブログランキングへ
posted by 羽夢 at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | あの日のFS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽夢さんこんばんは。

間柴投手の勝率十割は知っていましたが、開幕戦でKOされていたんですねぇ。

そして黄金バッテリーの対戦。ファンも燃えたと思いますが、「がんばれ!!タブチくん!!」の映画を二人で見に行ったくらい仲が良かったそうですから、一番燃えたのは当人同士でしょうね(笑)

開幕戦ってハムに限らずドラマチックな試合が多いですよね。でも重要って言われているわりにはそんなに…って感じがします(笑)
なんか優勝したチームは実は開幕3連敗だったとか結構多いイメージがあります。

あと本日岩本勉氏のサイン会に行ってまいりました。
いつものガンちゃん節を目の前で聞けて、握手してもらって大満足です。
あと小さい頃に被っていたオレンジの帽子を見せると「懐かしいなー!」と、食いついてくれました(笑)
ツバにある現在、審判の秋村さんのサインにはさらに食いついて頂けました(笑)
質問コーナーで復刻ユニフォームの事を聞いたのですが、岩本氏は「まだ早いかな。でも見たいよね」とおっしゃってました。
Posted by やましょう at 2011年04月08日 22:38
やましょうさん、いつもありがとうございます。

はい、ちょっと紛らわしかったのですが1981年の4月8日は開幕戦ではありません。この年の開幕投手は高橋一三さんでした。まぁ間柴さんにとっての開幕戦ということですね!記事を見てみますと、田淵氏は「往年のスピードがなくなった。淋しいね」「今の江夏なら打てる」とか随分辛口なコメントを残されていますが、これも江夏さんを昔から知る田淵氏ならではの見解かもしれませんね。

あ、岩本さんのご報告!ありがとうございます。そりゃあ喰いつくでしょう(笑)岩本さんが入団した頃はまだまばゆいオレンジユニの時代でしたからね。当時は私もピンとこなかったのですが、昔の映像や資料を眺めてみますと、あのユニはデザイン的にもカッコイイんですよ!いえ、ホントに。また東京ドームの人工芝に、あのオレンジがよく映えました。(すみません、なんか岩本さんばりに私熱くなってますね^^;)

なるほど、まだ早いと?たしかにまだ20年ぐらいしか経ってないですからね。なら東映時代のユニフォームでもいいので、是非「復刻」を検討してもらいたいものです。
Posted by 羽夢 at 2011年04月09日 10:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。