2011年02月25日

-野球カード語り- 【伝説のサウスポー】

以前集めていたプロ野球カードの記事を先日ここで書きました。前回書ききれなかった、前回よりもっと古い時代のカードを、当時の野球話をしつつ今日は語ってみようかと思います。

カルビー製に変わりはないのですが、前回紹介したカードとは決定的な違いがあります。それは私が野球チップスを買ってリアルに手に入れたものではなく、今回登場してくるカードはオークションなどを利用し、やっとの思いで?入手することのできたカードたちなのです。その数枚の中から今記事では【投手編】と銘打ち、もちろんファイターズ・スペシャルでお届けいたします!



まずは孤高のサウスポーに一匹狼、また別の名を優勝請負人!
ファイターズでは守護神として活躍された江夏豊氏の登場です。


y.enatsuy,enatsu2


この躍動感を感じさせるフォーム‥ 往年のタイガース時代と何ら変わりはありませんよね。ただお腹周りはあの頃と比べてだいぶ変わっているようにも見えますけど(笑)

それにしてもファイターズカラーでもある鮮やかなオレンジが、まぁ似合わないこと!(失礼っ)元々の?コワモテに髪はパンチパーマ。いかにも金のネックレスが似合いそうです。凄味があったのは投球だけではなかったのですね。

でもこの江夏氏だけに限らず、実際70〜80年代頃のスター選手はほとんどパンチをあてていたらしい‥。たしかに当時のスター選手のカードを眺めていると「パンチ率」はかなり高いです。


そうそう!この選手のカードはどうしても欲しかった!
むしろ「伝説化」しているのは、こちらの左腕の方かもしれません。


i.kida



ルーキーイヤーにタイトルを総なめにした木田勇投手です。1年目に22勝、2年目10勝‥。通算勝利数「60」のうち、プロ入り2年目までに半分以上の勝ち星を稼いでしまう、それこそ鮮烈デビューを飾った木田さん。現在でもたまにお見かけする機会があるのですが、体型も温和そうなお顔も現役当時とほとんど変わっておりません。

それから特筆すべきカード裏面にも注目。当時は選手1枚1枚に球界のOBがコメントを寄せてくれていたのです。ある意味、当時のカルビーはとても豪華でした。


i.kida


‥野球界の大御所捕まえてなんですが、フロックで22勝もできませんって!稲尾様(笑)


一部ではありますが、私とっておきのハムコレクション‥ 通称ハム・コレ!(笑)いかがでしたでしょうか。時間があったら次は【打者編】もお送りしたいと思います。お楽しみに!


※こうして当時の野球カードについて色々語ってみるのも楽しいものですね。その他カードにつきましてはお気軽にお問い合わせください!他球団の選手でも構いません。それでは最後に、懐かしく思ってくれた方や「俺も持ってました!」そんな貴方も、是非ワンポチ のご協力をよろしくお願いいたしますにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



posted by 羽夢 at 11:30| Comment(4) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
待ってました。昔のカードネタ(笑)。
あの伝説の左腕、木田投手のカード、欲しいなぁ。それにしても稲尾さん、辛口過ぎです。まぁ、その通りですが…(笑)。

カルビーのカードといえば、中学の頃、友人が南海の左右投げ、近田豊年投手のカードを持っていて羨ましかったなぁ。私の記憶が確かならば、そのカードの背番号は63だったと思います。
近田投手は一年目のキャンプ序盤に13に変更されました。僅かな期間使用された背番号がカード化されたわけですね。
ある意味貴重ですよね。
羽夢さん、持ってます?
Posted by EILEEN at 2011年02月26日 00:47
EILEENさん、毎度ありがとうございます。

おー!近田投手ですか。残念ながら私も持っていません。左投げは本格派で右は技巧派(サイド?)の触れこみでしたよね。カルビーは基本的に活躍している選手しかカード化されていないはずですが、近田投手の話題性が勝った形ですかね!たしかにそれは貴重です。

ところでEILEENさんがこのカードネタについて、あまりに詳しかったので、もしやと思いブログを拝見してみましたら、過去にカード系の記事も書いていらっしゃったのですね☆食い入るようにみてしまいました。お時間がありましたら是非復活を!(笑)
Posted by 羽夢 at 2011年02月26日 11:11
こんばんは。
この間はマイミクシィに登録していただきありがとうございます。

木田勇投手はリアルタイムでは見ていないのですが、大沢親分の著書によると、一年目の大活躍によって、かなり天狗になってしまったようですね。勝って兜の緒を締めていれば、どれだけ凄い投手になっていたのでしょうか…。
近年ではベースボールヒーローズのOBカードとして登場していますね。

私の持っているカードですが、あまり珍しくはないかもしれませんが、2006年、日本一になった年の開幕戦で配られた満員御礼カードがあります。
これからもよろしくお願いします。
Posted by やましょう at 2011年02月27日 01:35
やましょうさん、こちらでは初めまして!

私は木田投手の全盛期(1980年)の投球を見たことがないので、一度目にしたいものです。どれだけキレの良いボールを投げ込んでいたのか興味があります。
当時は圧倒的な打高投低の時代。たしか近鉄なんか250本近いホームラン打ってました。それでいてダントツの2.28の防御率をマークした木田投手は本当、驚異的だったと思います。さらに木田投手は華奢で投手としては小柄な方でしたからね。いかにして大打者連中に立ち向かっていったのか‥。

タイプは違いますけど木田投手みたいな例もあるので、体が大きくないと言われている斎藤佑投手も負けじと頑張ってほしいですね!
Posted by 羽夢 at 2011年02月27日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。