2011年02月12日

-野球カード語り- 【ハムな人のカード集め】

僕が幼少のころに、流行っていたもの‥
ファミコン、ミニ四駆にビックリマンシール‥

そのビックリマンを買い求めに、大挙してスーパーのお菓子コーナーに乗り込んでいった他の同級生たちを尻目に、いつも僕が向かっていた先はビックリマンの売り場ではなかった。

僕をビックリマン以上に夢中にさせていたのはカルビープロ野球チップス!現在でも店頭に並んでいるポテトチップスにプロ野球選手のカードがオマケとして付いているアレ。このカルビーのプロ野球チップスに関しては歴史が長く、1970年代からずっと発売されてきている。

一番のお目当ては僕が大好きなファイターズの選手のカード!でもこれがなかなか僕の前には現れてきてはくれない。ジャイアンツやライオンズの選手は良く出るのだけど。今は各チームごとにカード化される選手の数が決まっていて平等になっているけど、当時不人気だったファイターズは選手のカード化すら、あまり優先されていないようにも子供ながらに感じていた。実際にはそんなことはなかったのだろうけど‥


少ない確率でファイターズの選手のカードを引き当てて、残念がっているそこの君‥

『よかったら僕の篠塚と、君の島田誠を交換しないかい?』

本気でそう進言しようかと思った。僕は清原よりも江川よりもバースよりも誰よりも!津野浩や田村藤夫、田中幸雄のカードの方が欲しかったのだ。


m.shimada


このようにカードの裏面には選手のプロフィールやプレイスタイルが記載されている。なるほど島田誠「チャボ」と呼ばれていたのはそういう理由だったのか!ポテトチップスを食べれて色々な野球知識も手に入る。これ一石二鳥!おかげで他球団の選手の情報もかなり詳しくなった。

そんな感じだったから当時ファイターズのスーパースター・西崎幸広が手に入った時は本当に嬉しかったなぁ。

y.nishizaki


自信を持って投げ込んだ球をボールと審判に判定されたのか、あるいはタイムリーでも打たれた直後なのか?ちょっと苦虫を噛み潰した、そんなあなたのお顔も素敵です♪(No.42@1989)

こんなカードも発見しました。現北海道日本ハム監督・梨田昌孝氏の現役時代の一枚。(No.32@1988)入団会見では実際にプレイしたところをみたことがない言っていた斎藤佑樹君!これが現役時代の監督ですよ〜。ちなみに当時の年俸は2.750万円也。


m.nashida



身の回りを整理していたら出るわ出るわ、お宝?カードの山。きっとどんなプレミア価格が付いたとしても、ファイターズの選手のカードは手放すことがないと思う。‥じゃなくて手放すことはない!(ここはちゃんと言い切らなきゃね)野球好きなら誰も一度は手にしたことのある野球カード。あなたには思い入れのある一枚、宝物なカードがありますか?



※とても一回では語り尽くせません^^;また次の機会にでも今回よりも更に古いカードについて、語ってみようと思います。野球チップスだなんて懐かしいと感じた方、梨田より古久保や光山のカードが欲しい!そんな近鉄びいきな貴方も!(笑)ぜひワンポチのご協力をよろしくお願いいたしますにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



posted by 羽夢 at 15:51| Comment(9) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
某所では雑談に付き合って頂き、ありがとうございます(笑)。

さて、本文に掲載されている西崎投手と梨田捕手のカードは私も持ってます(笑)。

当時はやたらとジャイアンツのカードばかり出てきました。原と山倉ばかりという印象ですね。
たまにパ・リーグの選手が出てくると嬉しいのなんの。
村田兆治やオグリビーが出た時は手が震えたのを覚えてます(苦笑)。

お気に入りは山田久志ですね。やはりどの写真を使おうとも、伝説のサブマリンは美しいです。
Posted by EILEEN at 2011年02月12日 17:34
EILEEN様、早速の来訪ありがとうございます。

>某場での雑談

いえいえ、こちらこそ(笑)

な、なんと!このカードをお持ちでしたか。私のコレクションの中でも選りすぐりの2枚だったのですが^^;さすがですなぁ!

はい、そうなんですよ。自分も原・吉村・中畑・篠塚・山倉‥この辺の選手が大量にあります(笑)近鉄は大石選手のカードなんかが多いですね。それともちろん阿波野投手も!91年以降は基本的にBBMで全選手がカード化されていますので、それ以前の選手のカードがもっともっと欲しいです。近鉄なら安達選手や米崎選手辺りのカードを手に入れることができたら‥ きっとたまらんのでしょうなぁ(含笑)
Posted by 羽夢 at 2011年02月12日 19:29
本当にファイターズのカードは少なかったですね。他の方のブログでも散見されていますが、「新美投手」は僕も持っていました。
Posted by at 2011年07月18日 10:41
新美投手のですか!それはレアですね。なにせ日拓時代の選手ですからね、そして新人王(笑)最近のカルビーは買っていませんが、カード化される選手が各球団均等になっているみたいで「ハムの選手=レア」みたいな傾向はなくなってきてますね。私は東京ドームの芝の色との相性が素晴らしい、オレンジユニフォーム時代の選手カード収集に、今精力を注いでおります^^;
Posted by 羽夢 at 2011年07月19日 00:25
南の国からたびたび失礼します。

リアルな小学生でお小遣いがすくなかったので記憶が曖昧なのですが、日本ハム?のフィッシュソーセージ?にカードが付いていた時代があったような...
正確な記憶がある方っていらっしゃいますか?
Posted by 南の国から at 2011年07月23日 00:35
>南の国から様

はい、今では大変稀少価値となっています「日本ハム ホームランソーセージ」というものが以前発売されていました。私もまだ目にしたことはないのですが当然のように日本ハムの選手と巨人の選手がほとんどだったようです。(噂では同じ食品会社でもあるロッテの選手のカードはなかったとか)

もしよろしければ参考までにこちらをご覧になってみてください! http://homepage3.nifty.com/orange-club2/fscard_004.htm
Posted by 羽夢 at 2011年07月23日 10:44
↑↑ おぉ! ありがとうございます。これに間違いありません。

しかし、ここにある「高橋一三投手」のデーゲーム、スカスカの後楽園、ある時期のファイターズを象徴してます。そういえば、今のドームは競輪場(子供達にとっては楽しい後楽園プール!)の跡で、球場の跡が今のホテルでしたよね?

ホームランソーセージは、お肉屋さんのアイテムなので子供が気軽に買うかんじではなかったです。紙質もやや固く、子供心になんとなく「これはまがいもの」みたいに思ってました。
Posted by 南の国から at 2011年07月24日 14:32
南の国からたびたび失礼します。

少年時代の記憶がよみがえってきました。森永製菓?の1964年頃発行された葉書大?の野球カードを所有していました。今のカードの様なプレイ中のショットではなく、薄暮の球場で選手にポーズをとらせたものです。小生が持っていたのは、
・金田正一投手(国鉄。投球後のポーズ)
・豊田泰光選手(国鉄。バットを構えるポーズ)
・野村克也捕手(南海。マスクをとってフライの捕球体制)の3枚。野村選手以外は現役時の記憶なし。

詳しい情報をお持ちの方はいらっしゃいますか?
Posted by 南の国から at 2011年07月24日 15:14
>南の国から様

(笑)昔からのファンは、つい「ガラガラ」のスタンドとか、そっちの方に目がいってしまうんですよね。でもまだアクセスが良い分、後楽園球場はマシな方だったかもしれません。今は無き東京スタヂアムなんか恐らく観客数何十人とか、そんなレベルだったと思います。

そうですね、なかなか子供だけでソーセージ買おうなんて発想はでてきませんよね(笑)だからなのか、現在ではほとんどこのカードを持ってる人もいないですし、マニアの間では垂涎のアイテムらしいです。


>森永製菓?の1964年頃発行された葉書大?

それはさすがに私も知りませんでしたね。1964年ですか!東映初優勝の直後じゃないですか(笑)もしこのカードの情報を仕入れたら報告しますね!
Posted by 羽夢 at 2011年07月24日 20:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。