2010年10月23日

芝草宇宙 【生涯・シュート】

最近になって知ったことで、驚いたことがある。
芝草宇宙が帝京高時代からシュートを放っていたというのだ。

現代でも高校生でシュートを操る投手はあまり多くはないが、芝草はプロでも決め球としてきたシュートを軸に、1987年夏の甲子園でノーヒット・ノーランを快挙を成し遂げている。8月16日のことだった。

『あのシュートを高校生が打つのは容易じゃない』

これは対戦した東北高・若山監督の試合後のコメント。決して調子は良くはなかったという芝草は、制球が定まらず四球は8つを与え、球数は113球も要した。奪三振もわずか3。「ノーヒッター」としては、どこか少し異例とも思えた快投劇。ただひとつ云えることは、当時から打たせて取る投球術は持ち合わせていた‥ この数字に立証された、確かな事実のようである。


その年のオフ、ドラフト6位でファイターズに入団。奇しくも甲子園で快投を演じた同じ日に、対沖縄水産戦で見事な完封勝利をあげていた島田直也(同年ドラフト外入団)とともに「SSコンビ」と呼ばれ、当時話題になった。

長い2軍生活を経て、再び甲子園の輝きをみせてくれたのが入団4年目の1991年。4月24日の対ロッテ戦で、球団では1973年の新美敏以来となる「プロ初登板完封勝利」の離れ業を演じる。序盤、幾度もあったピンチを脱すると、その後は危なげない投球で最後まで投げきった。敵将・金田正一監督をもってして『よくここまで成長した』と投手出身の監督らしく、嬉しそうに芝草の「門出」を讃えている姿がとても印象的だった。

結局、この年は1勝のみで終えてしまったが、98年には1完封を含む3試合連続完投勝利をマーク。この年は規定投球回数にも達するなど、ガッチリとローテーションの一角を担っていた時期もあった。しかし、伝家の宝刀・シュートで凡打の山を築いていく投球スタイルをもっとも生かすことのできた「持ち場」は、むしろリリーフの時だったかもしれない。


NPB通算:430試合46勝56敗17S
h.shibakusa
   にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


東京時代晩年、本格的に中継ぎに転向。北海道移転後にまたがって、4年連続50試合以上の登板を果たす。これは今季武田久に抜かれるまでの球団記録だった。時にはロング救援をこなし、抑え投手が不調ならクローザーも務めた。

当時血の気の多かったホークスの小久保や城島、または西武のA・カブレラといった強打者の懐を果敢に攻めいき、睨まれたら怯まず、逆に睨み返していたような強いハートも、終盤の火消し役に適任だった。

投壊に頭を悩ませていた時代、『いかに競った展開で芝草を投入できるか』ファイターズの勝ちパターンはこの一点だった。「ぶっちぎりの青春」のテーマ曲に乗せ、颯爽とマウンドまで駆けていく勇ましい姿に、頼もしさを覚えたファンも多いことだろう。

再び「甲子園のノーヒッター」として注目を集めたのが、同じく聖地で快挙を成し遂げた松坂大輔のデビュー戦。芝草との投げ合いとなったが、あえなくKO。この日ばかりはスターの引き立て役に回ってしまった。


故障なども重なり、2005年にファイターズを自由契約。ソフトバンク、台湾球界を経て2007年に現役引退。最近ではテレビ解説者としても活躍していた。画面を通じて古巣を想う気持ちが他の誰よりも伝わってきていた。

そして2011年‥

6年ぶりにファイターズの1軍投手コーチとして古巣に復帰することが決まった。投手王国再建に向けて、新任である芝草コーチの手腕にも注目が集まる。先発投手にもブルペン陣にも的確なアドバイスを送れる同コーチの存在は、投手陣達にとってきっと心強いものになるだろう。


※パ・リーグ5球団のストーブリーグ情報やドラフト情報などはコチラでもどうぞ!


この記事へのコメント
こんばんは、ご無沙汰してました。

SSコンビ、懐かしいですね。当初は典型的な話題先行型のふたりでしたね。

芝草投手の初完封勝利は覚えてますよ。ブームが去り、忘れられかけた頃の快投でしたね。

SSコンビの二人はその後、リリーフでよく投げました。入団当初のブームを考えると、多少地味な存在になりましたが、二人ともがプロで成功して良かったと思います。
Posted by EILEEN at 2010年10月25日 00:13
EILEENさん、こちらではお久しぶりです!

島田直也投手は才能が開花する前に大洋に放出してしまったことが悔やまれますよね。環境が変わって花開いたとも言えますけど。ハムでの在籍期間は確か3、4年程度だったので。

それで横浜を自由契約になった際に、ハムが再びオファーを出した時があったんですね!そこでSSコンビの「再結成」を密かに期待していたのですが‥^^;SSコンビといえば下柳投手も芝草さんと「新SSコンビ」とか言っていたのを思い出します(笑)そういえば島田直さんは晩年、近鉄にも行ってましたよね〜
Posted by 羽夢 at 2010年10月25日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。