2010年09月10日

ブライアン・ウルフ 【モデルチェンジ】 〜2010.9/9 対埼玉西武戦〜

一般的に先発から中継ぎ・クローザーへの配置転換より
その逆のケースの方がはるかに難しいともいわれている。

それは最初から全力で飛ばしていけるリリーフと比べて、
最低5イニング以上は放らなくてはいけない先発投手の
力の配分や心理的によるものも大きいと思われる。

実際に去年まで中継ぎで活躍していた巨人・山口鉄也
先発転向によって、いささかそのバランスを崩してしまった
感もある。

この難しい配置転換を、しかもシーズンの途中で見事に
こなしきってしまったのは9日の試合で7回無失点の好投、
今月から先発にした転向したブライアン・ウルフ投手。


昨日は従来の150キロ超の速球、打者の手元で動くボールに
加え、カーブなどの「緩い」ボールを交えて西武打線を翻弄。
追加点をもらった直後の4回は、このカーブを駆使して中村・
坂田を連続三振に斬ってとった投球は圧巻だった。

結局、降板した7回以外はピンチらしいピンチもなく、これで
3日の千葉ロッテ戦に続き、先発連勝。女房役の大野奨太
リードも冴え、ウルフを巧く「操縦」した。


困った時の速球頼み‥ ともすれば一辺倒になりがちだった
抑え時代から緩急によって投球の幅を広げ、適度に「抜く」
ことで長いイニングを持たせる先発型へと、酷暑の鎌ヶ谷で
調整を続けてきた。

外国人投手特有の、「動く」ボールを武器としてきた投手は
過去にもたくさんいたが、ウルフのような球に速さと力を兼ね
備えている投手は珍しい。

先発投手が不足しているファイターズにおいて、ペナントの
最終局面であらたな「助っ投」が加わってきたことは大いに
価値があり、今後のローテ編成の上でも非常に意味がある。

ファイターズには過去に、同じリリーフから先発に転向して、
一定の成功を収めたC・ミラバルという、好例もある。

両雄・ケッペルとともに今後上位進出に向けて鍵を握りそうな
スターター・ウルフ。制球に注意し、自分の球を信じて、力強い
ボールをますます打者に投げこんでいってもらいたい。


※最後までお読みいただき、ありがとうございます!今日も勝利を信じて
北海道日本ハムファイターズランキングにも、ワンポチご協力いただけると‥
きっといい事が起こります?




posted by 羽夢 at 14:36| Comment(2) | TrackBack(2) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに初先発の千葉マリンといい9日の西武ドームといい
素晴らしい好投を見せてくれましたよね☆

昨日も6回までは球数も割と少なく
サクサクっとしたペースでした♪

彼の活躍はCSへ向けての大きな力となりそうですな!!
Posted by ICHIMUAN at 2010年09月10日 16:34
ICHIMUANさん、コメントありがとうございます。

ウルフがここまで先発にアジャストしてくれるなんて、まさに「嬉しい誤算」の一言に尽きますよね。しかも1試合だけではなく、続けてくれましたから!

はい、危なげなかったですよね。7回に連続フォアボールを出した時は
少しヒヤッとしましたけど、落ち着いて後続を断ってくれました☆

もうファイターズは負けられませんからね。逆転CS進出に向けて、
ウルフにも一役買ってもらいましょう!
Posted by 羽夢 at 2010年09月10日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

9/9、【L-F】<23> ウルフ投手が7回無失点の好投! 小谷野選手は2打席連側弾で105打点!
Excerpt:   昨日の敗戦でついに5位へと陥落。 もう本当に後がなくなった状況で迎える今日の試合の先発は、北海道日本ハムがウルフ投手。埼玉西武が平野投手。   ..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2010-09-11 01:48

【DREAMS】9月9日 埼玉西武23回戦
Excerpt: 【一言】  「何で延長しねえんだよ!いいとこなのにっ!!もう地上波中継なんて見ねえ!!」スカパー営業部工作員さん毎回乙であります。
Weblog: 世界日本ハムの哀れblog@自分の信じてるウソは、本当以上の真実だ!
Tracked: 2010-09-11 13:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。