2010年08月21日

飯山裕志 【信念】 〜2010.8/20 対埼玉西武戦より〜

誰がこんな展開を予測できただろうか‥

ファイターズ3点ビハインドの9回裏、マウンドには守護神の
B・シコースキー。ランナー1・2塁ながらも、すでに2アウト。


打席には9番・飯山裕志


確かに一発が出れば同点の場面ではあったが、誰もが飯山に
ホームランの「ホ」の字も期待はしていなかったはずだ。せめて
次の『田中賢介に回してほしい‥』そんな心境ではなかったか。

2球でカウント2−0と簡単に追い込まれた。絶対絶命‥

そして、シコースキーが投じた3球目‥

内角寄りの変化球を腕をうまくたたんで振り抜くと、打球は
あっという間にレフトスタンドに吸い込まれていった。

起死回生の同点3ラン!

これが飯山にとって13年目での、プロ入り初本塁打となった。
エース・ダルビッシュ有登板ゲーム絶対に落とせなかった試合。
ダルビッシュを救い、チームの危機をも救った値千金の一発。

個人的にオープン戦はおろか、ファームですら飯山の「柵越え」を
目にしたことがなかった。(実際には2軍で2003年に11本塁打を放っている)

だからなのか、一瞬狐につままれたよな「まさか・まさか」の同点
アーチだったが、一番驚いていたのは無我夢中でダイヤモンドを
駆けぬけていた、飯山本人だったのかもしれない。


春先は守備固めでの出場でありながらエラーを連発し、精彩を
欠いていた時期もあった。しかし、遊撃または3塁守備での軽快な
フットワーク、さらに1塁への矢のような送球には安定感もあって、
「勝利の方程式」には、まだまだ欠かせない存在。

主戦の金子誠の負傷で得たチャンス。しかし、飯山はお立ち台で
もう代役とは呼ばせないとばかりに、力強くこういっていた。

『毎試合、責任をもって取り組んでいる』


最後にファイターズに入団時の、飯山を紹介する球団誌のコメントを
紹介しておこう。そこにはこんなことが記されていた。

「自分の信念を持って、こつこつ努力していく粘り強さは
プロでも花咲く日が近いだろう」



※最後までお読みいただき、ありがとうございます!今日も勝利を信じて
北海道日本ハムファイターズランキングにも、ワンポチご協力いただけると‥
きっといい事が起こります?



posted by 羽夢 at 10:59| Comment(2) | TrackBack(2) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
飯山選手、長年積み重ねた努力の結晶なHRでしたね☆
ライオンズを3タテ出来たのは、彼のHRがなかったら
きっと難しかったと思います!

こういう控え組が活躍してくれるとホント嬉しく思います。

この勢いがあればきっと上位に行くことでしょ〜!

それでは、また羽夢殿の記事楽しみにしておりますね☆
Posted by ICHIMUAN at 2010年08月23日 16:08
ICHIMUANさん、こんばんわ!

飯山選手には失礼ですけど、ホームランはまずないと思っていました。そうですね!日頃の努力を見ていた、野球の神様が打たせてくれたホームランなのでしょうね、きっと^^

これで首位ライオンズとは5.5ゲーム差。まだ厳しい状況には変わりませんが、来月の直接対決まで少しずつ差を縮めていけたらいいですね☆

PS.ようやく貴殿の正体が分かりました(笑)いつもありがとうございます。ここでは思いっきり「野球人・羽夢」をしております(笑)
Posted by 羽夢 at 2010年08月23日 20:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【ドラマチック】8月20日 埼玉西武18回戦
Excerpt: 【一言】  岩本様の言うとおり?6日の試合の解説で通算63勝79敗3セーブの岩本がダルの事をちょっと辛めに言って以降、ファンのダル
Weblog: 世界日本ハムの哀れblog@雑草などという草はない、どんな草にも名前がある
Tracked: 2010-08-21 11:51

8/20、【F-L】<18> 9回二死、飯山選手が起死回生の同点3ラン! 延長10回に高口選手のタイムリーでサヨナラ勝ち!
Excerpt:   今日からは札幌ドームに首位の埼玉西武を迎えての3連戦。 まずその初戦の先発は、北海道日本ハムがダルビッシュ投手。埼玉西武が平野投手。   ..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2010-08-22 22:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。