2010年08月16日

熱くなれるもの‥ 【マウンドの記憶】

ハッキリとこの詩(うた)を聴いたのは、ファイターズと激闘を
繰り広げた2007年のクライマックスシリーズ最終戦。

5点をリードされたマリーンズ最終回の攻撃時、外野スタンドの
一角から、それは詩われていた‥


俺たちの誇り
千葉マリーンズ
どんなときも俺たちがついてるぜ
突っ走れ
勝利のために
さあ行こうぜ
千葉マリーンズ
La La La La La



永らくパ・リーグファンを謳っていながら、不覚にも筆者は
この詩の名前を最近知った。

『俺たちの誇り』 と呼ばれる、マリーンズの応援歌のひとつ。
実はこの応援歌には随分と長い歴史があり、最初にファンに
詩われたのは、今から12年前のこと。

日本記録となった、6月から7月にかけての18連敗の最中に
ファンによってつくられたものらしい。

そういえば瀬戸際まで追いつめられながら、決着がつくその時が
来るまで選手を励まし続けていた応援団の姿は、クライマックス
シリーズの日とも、状況はよく似ていた。


この詩に込められた、ファンの想い‥
ジョニーの熱すぎる魂‥


久々に良い本と出逢った。当時のエース・黒木知宏の視点から
作家の平山譲氏により、丁寧に描かれている。


マウンドの記憶―黒木知宏、17連敗の向こう側へ

マウンドの記憶―黒木知宏、17連敗の向こう側へ

  • 作者: 平山 譲
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 単行本




野球のみならず、スポーツ選手は「好きなことを仕事にして幸せだ」
などと傍からはそう見られがちだが、この本を読んでいると実際は
そんな優雅なものではなく、壮絶でいて実に、過酷な「商売」である
ことが本書からも手に取るように伝わってくる。

少し大げさに聞こえるかもしれないが、ここに登場してくる黒木の
場合は己の命を削ってまで、打者に白球を投げ続けていたのだ。

傍からみて、順風満帆に思えたエース期の頃でさえも‥

1打者、1球ごとに違う、揺れ動く複雑な心理状況。349ページがあっと
いう間に感じられる。「俺たちの誇り」の原点がここにあった。


【あとがき】

ちなみにファイターズ戦も本書のなかで度々取りあげられている。
黒木のプロ初勝利、18連敗中の片岡篤史の逆転タイムリーや田中幸雄の
劇的なサヨナラ本塁打、そして涙にくれたお立ち台‥

そこには懐かしい名前もたくさん登場してきている。(山下和彦?デューシー!)
また違った意味でも読み応えはたっぷり(笑)最後に今回はマリーンズネタが
多くなってしまったことを、お許し願いたい。

【PR】 BJさんのマリーンズファンブログ:『BaseBall Journey』

※ファイターズファンも! チョット図々しく今日はマリーンズファンの方々からも‥^^;
温かい『一押し』 よろしくお願いいたしますにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



posted by 羽夢 at 23:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも密かに拝見させて頂いてましたが、初めてコメント入れさせてもらいます☆

その応援歌は当時、泣いた選手もいたそうです。


そういう支えがあって今のマリーンズがあるんでしょうね♪

敵ながらロッテの応援は好きです♪

でも我らがファイターズも北海道に移転後

ファンと一体となり

2003年以前から比べると常勝軍団となりましたね☆


今年も残り試合が少なくなりましたが

精一杯応援頑張りましょ♪

また羽夢様の記事楽しみしております☆
Posted by ICHIMUAN at 2010年08月19日 01:17
ICHIMUANさん、初めまして!コメントありがとうございます。
今夜の劇的なサヨナラ勝ちを目の当たりしまして、若干興奮しながらお返事をしたためております(笑)ファイターズもまだまだ死んでませんね☆

チョット縁起が悪いのですが、もし今シーズンファイターズがCSを逃した場合って、いつ以来になるのかなぁなんて思い返してみましたら、2005年に5位だった年を除いては、ずっと出場してきているんですよね!
4年も連続でCSに出場しているのはパではファイターズだけですし、近年は「黄金時代」といっても過言ではないのかもしれませんね^^

今年も激戦を勝ち抜いてなんとしても3位以上を確保し、また我々を秋まで楽しませてほしいものですね!
Posted by 羽夢 at 2010年08月20日 22:16
そうですね!まだまだ死んでないです!!
ここからが楽しみなんでございますよね♪
この激戦を制してこそファイターズ!

昨日の劇的勝利の勢いで
まずは1つ、更に1つ
そして秋には笑っていたいところですね☆


実は羽夢様!こちらではそうですが
初めましてではないのですよ♪

それでは、これからの羽夢様の記事楽しみに
しておりますね♪
Posted by ICHIMUAN at 2010年08月21日 10:15
ICHIMUANさん、再度のご訪問ありがとうございます。
今だからこそ言えますが、半分諦めかけていただけに、昨日の勝利は
とても嬉しかったですね〜。
やはり東京時代からの生え抜きである、飯山選手が打ってくれたことに、感慨深いものを感じます♪

そうでしたか!それはそれは。いつもお世話になっております(笑)
私もICHIMUAN様の期待に添えられるよう、これからもファイターズを
追い続けていきますね!今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 羽夢 at 2010年08月21日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。