2010年06月20日

Gのものでも、オランダのものでもない 『ハム色』

昨日のW杯オランダ戦。惜しくも日本は敗れてしまったが、この試合を
見ていてサッカーとはまるで関係がない、ある事がふと脳裏をかすめた。

オランダ代表が着用していたユニフォームの色が、その昔ファイターズが
身にまとっていたチームカラーの「オレンジ」に良く似ていたこと‥

日本中が日本代表に熱い声援を送っている最中、一瞬でもファイターズの
遠い過去を振り返っていたのは、恐らく私ぐらいであろう。

本当に野球バカもいいところだが、そのオランダ・ファイターズ(?)に触発
されてか、無性に読み返しみたくなった本を書庫から引っ張り出してきた。


『おしゃれ野球批評』という、2005年に発刊された濃度100% な野球本。


プロ野球をこよなく愛す様々な人達が、それぞれの「野球観」について、
それぞれの「ひいき球団」について熱く、時にマニアックに語っている。


有名どころではえのきどいちろう氏がファイターズについて、コラムを
寄稿しているが、別にファイターズファンでなくとも「オタク」達が独特な
視点でとらえた野球観が味わい深くて面白い。個人的には杉作J太郎
氏の「カープ愛」 が尋常ではなく、涙もの!読み応えがあった。


そして忘れてはならないのが‥

なんと、この本の巻頭には女性のグラビアがある。どこの馬の骨か分か
らないような女性達が、古き良き時代のパ・リーグのユニフォームを身に
まとい、野球場のような場所を背景にしてポーズをとっている。

この一見異様なグラビアが、色々な意味でマニア心をくすぐる。(笑)
もしかしたら‥ これを拝めるだけでも、昔なじみのパ・リーグ党には
十分元が取れるかもしれない。



1982〜1992ビジター用
Fighters.girl
にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ



鮮やかな、このまばゆいばかりのオレンジ色のユニフォームを
さらりと着こなす、この保田圭似(?)の美女‥

背番号「13」 柴田保光というセンスの良さも申し分なし。
どこかの芸人ではないが、それこそ‥


『惚れてまうやないか〜』



いやはや‥

W杯からオランダ代表‥ ファイターズのユニフォーム、
本の紹介ときて、最後は保田圭 (笑)

今宵は話が四方八方に飛んでいまい、申し訳なく思う。おしゃれ
野球批評は、普通に楽しめる一冊なので興味がある方は是非。



※本日20日の試合で、滅多にお目にかかれない1イニング2本の
満塁ホームランが飛び出すなどして、快勝したファイターズ!

この調子でまずは「借金完済」といきましょう。 

※いつも皆さまからの熱いご声援、ありがとうございます☆


posted by 羽夢 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。