2010年02月16日

週ベよりも詳しい!?2010.北海道日本ハムファイターズ≪戦力診断・投手編≫

北海道日本ハムファイターズの2010、戦力診断。今回は投手陣に
目を向けて見る。まず、現段階で開幕ローテーションに名を連ねそう
なのが、こちらの5投手。

【先発】 

ダルビッシュ有武田勝八木智哉糸数敬作林昌範

昨年とほとんど顔ぶれに変化はないが、注目は今シーズンから先発に
転向する林昌範。ジャイアンツ時代も先発の経験はあるが、当時は打
者を力でねじ伏せる力投派タイプ。あの頃に比べて球威が落ちた分を、
いかに緩急を織り交ぜ、凌いでいけるか。ファイターズではFAで抜けた
藤井秀悟の穴を埋めてくれることを期待している。


残りのイスは多田野数人、新加入のB・カーライルB・ケッペルらで
争うことになる。特に両外国人のどちらかがローテーションに加わり、
機能してくれるようなら心強い。


【中継ぎ】

江尻慎太郎宮西尚生金森敬之建山義紀加藤武治木田優夫
菊地和正B・ウルフ松家卓弘山本一徳


昨季、リーグ優勝の要因にも挙げられた中継ぎ以降のピッチングスタ
ッフは今年も盤石な体制。林の先発転向により、宮西以外の左が若干
手薄な印象もあるが、変速左腕の山本一徳、馬力のある吉川光夫らの
台頭を待ち望みたい。


筆者一押しはベイスターズから移籍の松家卓弘。現在1軍キャンプ
には帯同していないが、8日に行われた紅白戦では持ち前の豪球を
披露し、1イニング、打者3人から2三振を奪う好投で、首脳陣にアピ
ール。球威はファイターズ投手陣の中でも1、2を争うだけに、昨年、
大ブレイクを遂げた同タイプの菊地のように、一気に才能を開花させ
る可能性もある。


【抑え】 武田久

クローザーは今シーズンも武田久が務める。昨年と同等の数字を
残せというのは、少々酷かもしれないが、1年間投げ抜いた自信
首脳陣の武田への信頼は揺るぎない。今年もF投の精神的支柱と
してチームをけん引する。


全体的に先発の駒不足と左のセットアッパーを不安視する声も聞こ
えてくるが、週1回は後ろを休ませることができる高い完投能力と圧
倒的な勝率‥ エース・ダルビッシュ有の存在はあまりにも絶大。
攻撃陣に比べると、さほど心配することもなさそうだ。


※もっと×2!ファイターズの歴史と、このブログをファンの方に知ってもらわねば
なりません!どうぞ皆さまからの温かい『
一押し』を、よろしくお願いいたします。
           右斜め下 
             にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


≪新発売≫ 『ファイターズ検定 2』


posted by 羽夢 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。