2009年12月01日

渦中の人・・藤井秀悟【The Last Blog of Fighters】

筆者も『ブロガー』として、ブログには結構な時間を費やしているが、
この男の足元にも及ばない。ファンに自身の近況を知らせる、画像
付き記事を一日に数度、投稿する日もある。


ブログ【野球小僧】のオーナー、藤井秀悟


藤井が今、プロ野球生活始まって以来の【危機】に瀕している。日本
シリーズ終了後にFA宣言をしたものの、獲得に名乗りを挙げる球団
がなく、『宙ぶらりん』の状態が、未だ続いている。
(一部スポーツ紙などでは横浜・阪神が獲得を検討しているとの報道もある)


        Shugo Fujii
           にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


シリーズ第5戦、巨人打線を完璧に封じた好投は記憶に新しく、いい
アピール材料ができたと思ったが・・。あの時のようにハマれば相手が
手も足もでないような、快刀乱麻なピッチングをしてしまうのが藤井。

一方で先頭打者に簡単に四球を与えるなどといった、制球難から自滅し
ていく傾向が見られたり、投球リズムの悪さ・スタミナ不足を指摘される
など、酷評されることもあった。

昨シーズンはわずか3勝(8敗)に終わり周囲の期待を完全に裏切ってし
まった。しかし、2001年セ・リーグ最多勝に輝いた左腕・最大の見せ場
はシーズンの終わり、10月に訪れる。

オリックスとのクライマックスシリーズ第1ステージ。初戦をダルビッシュ
の完投勝利でモノにしたファイターズが、2戦目の先発に立てたのが藤
井だった。

その年15勝をあげた小松聖との投げ合いで圧倒的にオリックス有利の
声が占める中、6回途中まで放り、1失点に抑える好投で勝利投手。
第2ステージ進出へと駒を進める、大事な一戦で先発としての役割を十
二分に務めあげた。

今季は2軍落ちも経験するなど苦しんだ時期もあったが、ほぼ一年を
通してローテーションに加わり、7勝(5敗)をマーク。特に夏場以降は
中5日で先発登板をこなすなど、苦しい台所事情を支えた。


今治西高時代は甲子園に出場し、早稲田大ではエースとして君臨。
そしてヤクルト時代には日本一にも大貢献したほどのサウスポー・・

常に栄光の道を歩み続けてきた藤井が、不名誉な形でスポットライトを
浴びてしまうことに、プライドは相当傷つけられたことだろう。


『あの、野球小僧の更新がしばらく滞っている!』


悩んでいるのだろうか。もっとも、今回の【騒動】でそれどころではない
のかもしれないが、球界きってのブロガー・藤井秀悟らしくない。

まだどこのユニフォームを着るかは未定だが、来シーズンは己の手で
獲得を見合わせた球団を見返すつもり。それはそのまま2年間過ごした
ファイターズへの恩返しにも繋がる。


新たなレールの上で、藤井の野球とブログ道はこれからも続いてゆく・・


※ストーブリーグ情報や契約更改情報はコチラでもどうぞ!


posted by 羽夢 at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とりあえず読売に決まりましたねほっとした顔
どんな使われ方するのかわかりませんが頑張ってほしいものです
blogの方もw

どうもゲンちゃんのときと被ってしまう冷や汗
Posted by i-GALLY at 2009年12月09日 21:25
i−GALLYさん、お久しぶりです^^v
やはり先発じゃないんでしょうか?高橋尚の代わりにw
彼は元々先発タイプの投手ですし、投げてみなきゃ分からない、
時折そんな顔も覗かせますので少々、中継ぎ以降は厳しいかも
ですね・・。

似てますけど、ゲンチャンの場合はもう少し早い内に獲得に
名乗りを挙げる球団が出てましたよね!
体系なんかは似てるけど、藤井氏がゲンチャンに似ている
なんて聞いたら怒っちゃいそ・・(笑)
Posted by 羽夢 at 2009年12月09日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。