2009年11月20日

【速球王】日本ハムファイターズ (松坂大輔、日本デビュー登板動画付き)

ファイターズで一番、速い球を投げたヤツ・・


今春、行われたWBC第二回大会・決勝、韓国戦。抑えで登場した
ダルビッシュ有が日本人最速となる100マイル(約161キロ)を計測
して話題になった。

これが正確な数値かどうかは定かではないが、筆者が実際に観戦した
試合の中での記憶ではダルビッシュの日本での最高球速は2006年の
日本シリーズ第5戦。中日・福留孝介の打席時に投じた153キロ。一説
では今季それを更新する154キロを計測していたとの話もある。

普段、先発を務めているダルビッシュが最初から全力で飛ばせるクロー
ザーの『ポジション』なら100マイルも、十分可能だった数字と思える。


速い球を投げる投手は見る者を惹きつけ、とりこにする・・
速球はどの変化球よりもピッチャー、最大の武器となる・・



制球力は走りこみなどによって培われる要素もあるが、もはやスピードは
【才能】や【天性】といったものに、近いものがあるかもしれない。


また、北海道日本ハムの守護神・武田久、代表的な例で言うと福岡ソフト
バンクの杉内俊哉和田毅のように、スピードガンには表示されない球の
【キレ】や【伸び】といったものもあり、一概にスピードのものさしだけで測る
ことはできないが、今回はあくまで【球速】だけにこだわってみたいと思う。


筆者が個人的に一番の剛腕だと思うのが1998年〜1999年に在籍した
E・シュールストロム(エリック・ポール・シュールストロム)


      E.Schullstrom
        にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



守護神を担った98年は勝3敗Sの成績を残し、チームの2位浮上に
一役買った。1998年6月4日、対西武戦。チームが逆転勝利を収めた
この試合で田辺徳雄に投じたうなりをあげる最後の154キロの直球は、
まさに【豪速球】と呼ぶに相応しかった。 

ただ球種がストレートとカーブの2種類だけしかなく、いくら常に150キロ
超の速球を投げようとも、ひとたび狙い打たれてしまえば、それも格好の
餌食となってしまった・・

しかし、筆者はあのまるで弾丸のような、惚れ惚れするストレートが未だに
目に焼き付いている。


どこへ放たれるか分からない、まったくもってして相手打者には脅威その
だった最高球速・155キロ左腕、B・トーマス投手。(ブラッド・トーマス)
彼もスピードだけなら、近年のファイターズ投手陣の中では1、2を争う。
抑えと先発で活躍したC・ミラバルも、めっぽう速かった。 
⇒パ・リーグランキングへ


どうしても外国人投手ばかり目に行きがちだが、日本人投手では・・


筆者イチオシで、個人的にも記憶に残っているのが井場友和投手。
(いば ともかず 2001〜2005)
 

     tomokazu.iba
       にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



速球とキレの良いフォークボールを軸に一時期、守護神を務めた
大柄の右腕。希望的観測込みで『ハムの大魔神、誕生か?』
思わせたのだが、現実はそう甘くはなかった・・

しかし、日本球界での通算成績が投球回数168(2/3)で190奪三振。
奪三振率は驚異の10.14。三振を狙って奪える、魅力的なクローザー
としての資質は十分に兼ね備えていた思う。


『球が速い=好投手』に結びつかないところが、野球の難しいところ。
昔なら東映フライヤーズ、伝説の剛腕・尾崎行雄のように、速球一辺倒
でも成功できたかもしれないが、現代野球はなかなかそうもいかない。

速い球を生かす殺すも、緩急をいかに操れるかが今日の野球において
速球投手、成功の鍵を握っているのかもしれない。



≪動画コーナー≫
ファイターズも大きく関与している、『松坂の155キロ』をタップリ
お届けします。本当に衝撃でした。これが当時18才の球とは・・

   プレイバック!伝説の松坂大輔vs片岡篤史



≪PR≫
'09 WORLD BASEBALL CLASSIC TM 日本代表 V2への軌跡 [期間限定生産] [DVD]
消えた剛速球―157キロで駆け抜けた直球人生(ファイターズOB・与田剛さん著)


posted by 羽夢 at 15:32| Comment(2) | TrackBack(0) | FS特別企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
シュールストロム、いましたねぇ(笑)。絶対的な守護神、ではなかったと思いますが、球は速かったですね。ファイターズ退団後、広島に入団した時は驚きましたね。当時は今と違って外国人選手が日本国内で頻繁に移籍する時代ではなかったですからね。

私の一押しの速球王(ファイターズで)は白井康勝投手です。あくまで印象ですが、テレビでその速球を見て、「手強いのが出てきたな」と思いました。
Posted by EILEEN at 2009年11月23日 22:02
EILEENさん、こんばんわ☆

ファイターズには昔から力でねじ伏せるような投手が
あまりいなかったんですよね^^;どちらかとゆうと、
外国人にしかり、技巧派の投手の方が多かったです。
グロスやらシールバックやら今のスゥイーニーなんかも
そんな感じですよね!

ただ最近は菊地和正投手や江尻慎太郎投手など直球で
グイグイ押せるタイプも増えてきました。

白井康さんですかぁ(笑)懐かしいですね!
あのポーカーフェイスが忘れられません(笑)
Posted by 羽夢 at 2009年11月24日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。