2009年11月14日

日本ハムファイターズ、史上最強の9人+1人

少し前に購入したベースボールマガジン2009年11月号、
パ・リーグの60年 魂の物語に興味深い企画があった。

それはパ・リーグ各球団、60年の歴史を振り返りその中でチーム別の
ベストナインを選出するといったもの。そこにはファイターズの前身、
東映フライヤーズ時代からの懐かしい顔ぶれも並び、『オールドファン』
にはこれまた、たまらない布陣となった。

ベースボールマガジン社選定、ファイターズの栄光の9人はこう。


【投】ダルビッシュ有 (07年MVP・沢村賞他)
【捕】田村藤夫 (93年ベストナイン、捕手として1500試合出場)
【一】大杉勝男 (1970、71年2年連続本塁打王)
【二】白井一幸 (545回守備機会連続無失策、二塁手記録、1991年最高出塁率)
【三】小笠原道大 (2006年二冠王。現巨人)
【遊】田中幸雄 (2007年2000本安打達成)
【左】大下弘 (1951年は驚異の打率.383)
【中】稲葉篤紀 (2006年日本シリーズMVP、2007年首位打者)
【右】張本勲 (通算3085安打、日本球界の至宝)
【指】T・ソレイタ (1980年二冠王、サモアの怪人)  
※パ・リーグランキング


概ね、異論はないがセカンド、白井の守備は捨てがたいが今の守備力
ならほぼ互角、打席での粘り・シュアな打撃を買って、私なら現役組で
田中賢介を推したい。

外野に大下弘がきたのは少し意表をつかれた感じ。(笑)偉大な選手で
あることには変わりはないが、さすがに東急フライヤ−ズ(東映の前身)
の選手とあってはファイターズファンには少し馴染みが薄い・・。
※大下弘(おおした・ひろし)
1946〜1951 セネタース・フライヤーズに在籍した外野手。1979年没


そこで、私は球団名が日本ハムファイターズとなってから(1974年)
選手限定でベストナインを選定してみることにした。対象はファイターズ
に最低3年間以上在籍した選手。それと外国人選手も対象から外した。
よって、ここから必然的に大下・大杉・張本の名が消えることになる。


ファン暦22年、自称『ハムおた』の筆者が選んだファイターズ史上、
最強の9人+1人(指名打者)はこうなった!



【投】ダルビッシュ有  
【捕】田村藤夫    
【一】小笠原道大   
【二】田中賢介
【三】古屋英夫 (1985年勝利打点王)
【遊】田中幸雄
【左】島田誠 (1981年リーグ優勝時の核弾頭、愛称はチャボ)
【中】新庄剛志 (2004年は率.298本24点79をマーク)
【右】稲葉篤紀
【指】柏原純一 (悪球打ちの名手?!詳細は下記リンクへ)


三塁手を古屋英夫と片岡篤史で非常に迷った。勝負強さと長打力で
やや古屋に軍配か。81年のV戦士・柏原純一は本職は1塁だが指名
打者に専念してもらおう。

一番頭を悩ませたのが外野の一角。守備だけなら井出竜也上田
佳範
ら事欠かないのだが、ある程度打撃力も伴ってこないといけない。

そこで印象度は抜群、スター性も兼ね備えた新庄剛志が浮上して
きた。せめて2004年並みの活躍を常時してもらえたら誰も異論を
唱える者はいないだろう。


90年代組が目立つが当時、ファイターズはBクラスが指定席だった。
やはり野球は守り、投手力によるものが大きいとゆうことか。

その点、現代のファイターズは投打にベテラン・若手の力がうまく
融合して調和のとれた、バランスの良いチーム編成になった。

この『黄金期』が少しでも長く続いていくことを、筆者は切に願う。


≪あとがき≫

ちなみに・・
他球団のベストナインをみて、ライオンズが凄まじかった。
松坂大輔松井稼頭央東尾修O・デストラーデら、そうそうたる
面々がまさかの『落選』。なんて恐ろしいチームなんだ・・



  



posted by 羽夢 at 18:33| Comment(6) | TrackBack(0) | FS特別企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
ベストナインですか?面白い企画ですねぇ〜(笑)
私は、贔屓目があるかもですが【三】片岡篤史かなぁ〜?結構好きな選手だったのでFAの時は、泣きそうになりました。外野手は、チョット選手層が薄いですよね。井出、上田、鈴木なども期待していたのですが、リーグを代表する選手にはなりませんでしたよね。
【中】新庄剛志ですか…。文句有りませんが、数年後には【中】糸井嘉男になっててほしいです。
Posted by 奈良の大仏 at 2009年11月16日 20:32
奈良の大仏様、ご無沙汰しております^^

はい!私も片岡さんは非常に迷いました。それなら・・
これでどうでしょう?

ウルトラCで小笠原をキャッチャーで、一塁・片岡!
超攻撃型オーダーの完成です(笑)

ですね!糸井はいい線いきますね☆真価が問われるのは来年です。
他球団のマークも相当、キツくなるでしょうからね・・

コメントありがとうございました!
Posted by 羽夢 at 2009年11月16日 23:25
その手があったかそれで完璧です(笑)
私も、古屋は知ってますが、片岡はルーキーの時から見てるので、贔屓してしまいます。すいません。
Posted by 奈良の大仏 at 2009年11月17日 00:01
いえいえ!
片岡選手のファンは多いので、ひいき目で見てしまうのは
奈良の大仏さんだけではないと思いますよ^^

私も本来ならリアルでそんなに古屋選手は見てきていない
ので片岡さんに投じたいところではあったんですけどね^^;

じゃあ、キャッチはGutsでいきましょう☆(笑)
Posted by 羽夢 at 2009年11月17日 00:37
こんにちは。

同じ大下選手でも弘選手ではなくて剛選手、記録はわかりませんが、活躍が記憶に残っています。もともと広島のご出身で移籍後はカープのドンというか広島の名士になっておられると広島の友人から聞いています。
Posted by 南の国から at 2011年07月18日 13:18
南の国から様、はじめまして!よろしくお願いします。

大下氏はファイターズ(フライヤーズ)時代も活躍はしていたのですけど、在籍期間がさほど長くなかったので往年の野球ファンはカープ時代の印象が強いと思います。1975年の球団初優勝にも貢献されましたしね。

私は大下氏にはテレビ解説でよくお世話になっていました。当時は「ここまで言うか」ぐらいの辛口がウリで、同じ日に実況を務められた方はさぞかし大変だったと思います‥(笑)
Posted by 羽夢 at 2011年07月19日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。