2009年11月02日

ダルビッシュ有、コラム【それでも勝てた理由(ワケ)・・】

久しぶりの札幌ドーム、久しぶりのお立ち台で、男はこういった。


『大切なファンと、大切な家族と、他のパ・リーグ5球団の
ファンの方の分まで、しっかり投げようと思いました』



いつからこんな気のきいたセリフを言えるようになったのか・・


【金の卵】が【球界の宝】と呼ばれるまで、入団時からずっと見守り
続けてきたダルビッシュ有。時にぶっきらぼうな態度や言動から人
の誤解を招くことも、ままあった。

常に周りから一身に注目を浴びるスーパースターを自覚してだから
こそ、コメント一つにも大衆に感動を与える、頼もしくなったエースの
晴れ姿に胸が熱くなった。


彼は一体どれだけの人の思いを背に、右腕を振りかざして
いるのだろう・・



日本シリーズ第2戦、驚きの先発発表から最初に投じる一球に
注目していた。だが、それは彼のダイナミックでしなやかな投球
フォームからは到底、程遠いものだった。


それでもエースは投げ続ける・・
いや、投げなければならなかった・・


自分を信じ、必要としてくれる人がいる限り、エースは決して後ろを
振り向かない。背景にはクライマックスシリーズ最終戦、チームと
退陣が決まっていた野村監督のために、体を張った楽天エース・
岩隈久志の姿があった。


あれこそ真のエース像・・


150キロを超す豪速球はなくとも、幾多の修羅場をくぐり抜けて
きた巧みな【技】で、相手打線を翻弄する・・

いつもの【スタイル】ではなくとも、やはり背番号『11』は頼れる
エースの後姿に、変わりはなかった。


ある日の自身の公式ブログでこうも言っていた。


『いつも不祥事を起こし、初めて投げた札幌ドームのお立ち台で
受けた暖かい拍手、歓声を胸に生きています』



北海道の暖かく、そして彼を見守る優しい眼差しが、彼を心技体で
充実させる、絶対的エースとして揺るぎないものへとした・・



ランキング参加中につき、1クリックして頂けると明日への活力に
繋がります。よろしくお願いいたします!

       
   にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


posted by 羽夢 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(1) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
いつもながらファイターズ愛に満ちた記事。素晴らしいですね。

今回のダルビッシュは素人目に見てもいつもとは違う投球フォームで心配しましたが、結果を出すあたりは流石でした。昨年の岸投手を参考にカーブを多投したというのはなかなか面白い話ですね。

最近のダルビッシュには昔気質のエースの雰囲気を感じます。
Posted by EILEEN at 2009年11月03日 19:20
EILEENさん、いつもありがとうございます!

らしいですね。岸投手のカーブの落差も凄いですけどあの日の
ダル投手のカーブキレもそれに匹敵するものがありましたよね!

無理はして欲しくないけど、できたらもう一度、札幌ドームで文字通り、
今季『最終』となるピッチングを見届けたいです。

Posted by 羽夢 at 2009年11月04日 00:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【エースのために/日本選手権読売2回戦】謀られても裏切られても泣いちゃ駄目
Excerpt: 【一言】  またかよ!ミズムシ・・・じゃなく、ミズスマシ・・・でもなく、ミズシマ御小。「ファイターズに3連勝ならスターズの逆転優勝...
Weblog: 世界日本ハムの哀れblog@撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ
Tracked: 2009-11-03 08:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。