2009年10月29日

明日、運命のドラフト会議【菊池雄星のホシは・・】

新人選手選択会議、いわゆるドラフトが明日(29日)、夕方に都内で
行われる。注目はなんといっても歴代最多入札も予想される花巻東の
菊池雄星投手。ファイターズも1巡目指名を決めている方針で依然、
高評価に揺らぎはないようだ。

高校時代【超高校級左腕】と謳われた選手がプロ入り後、故障などで
伸び悩み、大成した例を近年はほとんど見ない。


菊池はどうだろうか?


一言で菊池を表現するならば【全身バネの固まり】といった感じ。
ちょうど4年前に同じく甲子園を騒がした快速左腕と比べてみると、
上半身の力だけで頼らない、しなりのあるフォームから良くスピンの
効いた速球を投げこんでいる。





10年に一人の逸材とも称されているが、ひょっとしたらそれも満更
でもないのではないか・・。そんな無限の可能性すら感じさせる。


『いきなり11勝した田中将大ではなく、最初は5勝で、2年目から
2ケタ勝利を続けるうちのダルビッシュ有のような、伸びしろのある
タイプではないか』と、ファイターズGMの山田氏は最大限の賛辞を
贈っている。


ファイターズとドラフト、抽選・・


近年は陽仲壽2005.D1)中田翔(2007.D1)を引き当てるなど、
それほど【くじ運】が悪いとゆう、印象はない。

菊池と同じ東北にゆかりのあるダルビッシュが(2004.D1東北高)
北海道に来て、北海道の田中将大(駒大苫小牧高)が東北の球団に
身を置いている・・偶然だが面白いデータもある。

かつてファイターズOBで現野球評論家の江夏豊氏がこんな印象
深いことを言っていた。ドラフトのくじ引きは選手にとって【運】など
ではなく【縁】であるとゆうこと・・

全体としては【不作】と言われる今ドラフトで一身の注目を集める
菊池雄星。メジャーの夢を封印して、高校時代に果たせなかった
日本一の夢をつかむため、国内プロを選択した。


【縁】によって導かれ、菊池が夢を続きを見るのは果たしてどこの
球団なのだろうか。


ランキング参加中につき、1クリックして頂けると明日への活力に
繋がります。よろしくお願いいたします!

       
   にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


posted by 羽夢 at 02:01| Comment(0) | TrackBack(1) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アメリカプロ野球は既に万人の夢ではない
Excerpt:  城島が帰って来て阪神とか。まぁ、ソフバンは獲れなかったと言うか、個人的には元の鞘に収まるのは非常に面白くないので、個人的にはロッ...
Weblog: 世界日本ハムの哀れblog@撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ
Tracked: 2009-10-29 05:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。