2009年10月26日

ナイジェル・ウィルソン【真夏の夜の夢・・】

球史に名を残した、日本ハムの外国人・・

過去に王貞治R・バースら、偉大なアーチスト達が名を連ねる
4打席連続本塁打

この大記録に元日本ハムの外国人助っ人の名が、刻まれている。


ナイジェル・エドワード・ウィルソン
(Nigel Edward Wilson)


   Nigel Edward Wilson
     にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



97年6月21日の近鉄戦。当時できたばかりの大阪ドームに集まった
関西の野球ファンが、ウィルソンの『驚弾』連発に度肝を抜いた。

4回、B・ミラッキからライトスタンドに豪快に叩きこめば、立て続けに
6回、7回とメジャーでも活躍したことのある大塚昌則から連続アーチ
を掛ける。

そして極めつけは9回。赤堀元之からライトにホームランを放ち、
これで日本タイ記録の4打席連続本塁打。間に四死球を挟まない
『4連弾』はウィルソンと王貞治だけ。併せて初回に放った安打を
含め、塁打数【17】はパ・リーグ新記録となった。


記録づくめだった1日・・



日本野球に順応するまでの時間は掛かったが、同じ年に入団して
きた落合博満を師に仰ぎ、次第に打撃開眼していく。

結局その年は4打席連続本塁打もきいて37本塁打で本塁打王
タイトルを獲得。翌年も本塁打・打点の2冠王を獲得し、これで
来日から2年連続本塁打王となり、外国人選手としては史上初の
快挙を達成した。

またビックバン打線と呼ばれた2000年頃。S・オバンドーと形成
された左右の強打者同士の外国人コンビは今もなお、日本ハム
史上、『最強』とも称されている。

明るいキャラクターも手伝ってファンからもナインからも慕われた、
記録にも記憶に残る、優良助っ人。


そんなハムファンから愛されたウィルソンが熱狂的でしられる
北九州のファンをも味方につけ、【世界の王】に歯痒い思いを
させてしまった試合がある・・


N・ウィルソンの英雄列伝・・・



時は1998年8月6日、北九州市民球場。

福岡ダイエー戦の初回。
山崎慎太郎から3ランを口火に、ここから1年前を彷彿とさせる
N・ウィルソン、驚異のホームランショーが幕を開けた。

2打席目。左腕・浜涯から再び3ランを放ち、2打席連続。3打席
目、またしても浜涯から右翼に2ランを放ち、これで3打席連続


そして期待された4打席目・・


鷹バッテリーは勝負を避けるように、半ば敬遠気味にウィルソンを
歩かせてしまう。当時のホークスと言えばご存知、連続打席本塁打
の記録を保持している王貞治氏。

その王氏が見守るなか、鷹バッテリーは監督の【記録】を意識してか
そうでないか、大差のついた試合にも関わらず終始、逃げ腰だった。

これにはひいきチームの監督が持っている大記録はそっちのけで
スタンドからは『勝負しろや!』の大合唱。

ファンは、もはや勝敗度外視で男の1球1打席に野球の醍醐味でも
ある『ホームラン』を巡って、勝負の行方を固唾を飲んで見守ろうと
していた。

記録を守るために【逃げる】より、恐らく北九州のファンは偉大な監督
の記録を守る為に【攻める】姿勢をみせて欲しかったに違いない。

奇しくも王さん絡みで3年後の2001年に、これと似たような光景を
見ることになるのだが・・・



        Nigel Edward Wilson2
          にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



  ↓選りすぐりの野球ブログはコチラへ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 野球ブログへ




この記事へのコメント
あぁ、この試合…(苦笑)。

当時のバファローズは投手陣が崩壊状態でビッグバン打線にはいいようにやられました。ウィルソンの四連発はその象徴でした。
好調時の高村投手かマットソン投手位しか抑えられなかったイメージがあります。

そのウィルソンも2002年にはバファローズの一員に。獲得のニュースを聞いた時には胸踊るような心境でしたね。
だって、「いてまえ打線」にあのウィルソンですよ。活躍は出来ませんでしたが、夢がありました。
Posted by EILEEN at 2009年10月27日 02:12
EILEENさん、毎度どうも!
ウィルソン選手は何かと近鉄に纏わるエピソードが多いので
EILEENさんから反応あるかなぁと、にらんでおりました(笑)

近鉄時代では東京ドームで確か岩チャンからバックスクリーンに
豪快な本塁打を放っていたのを、唯一記憶しております。
故障さえなければ超重量打線の完成だったんですけどね!

打ち方がチョットB.ボンズに似ていて、個人的にも大好きな
外国人でした。
Posted by 羽夢 at 2009年10月27日 22:38
大阪ドーム四連発の時観戦してました。鳥肌ものでした。日ハムファン歴23年の中で、あの日は忘れられない思い出です。
Posted by 奈良の大仏 at 2009年10月28日 22:18
奈良の大仏さん、初めまして☆
ファン暦23年ですかぁ!貴殿のような方のお越しを、心より
お待ちしてしておりました(笑)

お!実際に観戦されていたのですか!歴史的瞬間に立ち会えて
羨ましいです。滅多にお目にかかれないですよ、4連発なんて☆
また是非遊びにいらしてください!歓迎します^^
Posted by 羽夢 at 2009年10月28日 22:57
すいません…ご挨拶が後になり申し訳ありません。
いつもブログ拝見させて貰い、初めて書き込みさせて頂きました。私は、奈良県在住の者で、ハム一筋で応援してきました。情報が発達した現在ならともかく、昔は殆どハムの情報などなく、新聞の小さな記事を穴が空くぐらい何度も読み返していたぐらいでした。(関西は特にかな?)羽夢さんのブログで過去の選手の事が書いてあると懐かしいなぁ〜と思い。また、詳しいすぎるやんと驚いております。陰ながらですが応援していますので、これからも頑張って続けて下さい。
Posted by 奈良の大仏 at 2009年10月28日 23:47
奈良の大仏さん!嬉しいですね〜。そう言って頂けると
本当に続けてきて良かったなって思います。
しかも『いつも』だなんて・・(泣)
本当にありがとうございますッ☆

いつも偉そうな?記事ばかり書いてますけど実際は至って
純朴な青年です(爆笑)これからも仲良くしてくださいね^^

この度は北海道日本ハムファイターズ、リーグ優勝!
おめでとうございます。次は日本シリーズですね☆
Posted by 羽夢 at 2009年10月29日 00:28
こちらこそ仲良くしてください。
また、過去の選手に纏わる知識を教えて下さい。楽しみにしております。

青年ですかわかります。その気持ち…(笑)
Posted by 奈良の大仏 at 2009年10月29日 01:40
羽夢様
いつも楽しく拝見させて頂いています。
なるほど、私のような年よりはファイターズ最強の外国人コンビはソレイタとクルーズだと頑なに思っていましたが、ウィルソンとオバンドーのコンビも強力でしたね。ただコンビとしての実働期間で見るとどうでしょうか。ウィルソンの相方としてオバンドーよりブルックスを考えてしまうように、同時在籍期間というのはあまり長くなかったのではないでしょうか。(ソレイタ、クルーズコンビは4年間)
Posted by たけ at 2009年12月04日 09:00
たけさん、ご来訪ありがとうございます!

そうですね〜。両者の実働期間が短いうえに、故障が多かったです
からね・・^^;二人揃って爆発してくれたのは2000年だけかもしれ
ません。でも能力的にはソレイタ・クルーズコンビにも負けてません
でしたよね!

実は、私!ソレイッタとクルーズはリアルタイムでは見ていないんで
すよ。あくまで数字上だけで彼らの偉大さを認識してしまっているの
ですが、たけ様のようなベテラン(笑)のご意見は、こちらとしても大変
参考になります。

ソレイタは年々成績が下降線を辿り、クルーズは年々数字が良くなって
いってますよね?対象的な二人で面白いです。日本シリーズに出場していないので、クルーズの映像は球宴での江川・『8連続三振』時の動画で
良くお見かけします^^

貴重なご意見、ありがとうございました!
Posted by 羽夢 at 2009年12月04日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。