2009年10月23日

鍵を握った3選手を徹底解剖!【CS第2ステージ・対東北楽天2回戦】

先発・糸数敬作の力投と中継ぎの好救援、打線も終盤のチャンスを
ようやくモノにして3−1と辛勝。ファイターズが日本シリーズ進出に
王手をかけた。

キーマンになったのはやはり、この日お立ち台に上がった3人。
岩隈に投げ勝った糸数、8回、無死満塁の大ピンチを凌ぎきった
金森敬之、決勝のタイムリーを放った4番・高橋信二


今日はこの3選手に、スポットを当ててみたいと思う。


まずは糸数。ダルビッシュ不在のFS投手陣。武田勝・八木・藤井と
左が多い先発の中において貴重な先発型右腕。ペナントレース終盤
からの好投を買われ、第2戦先発の大役を任された。

時折、コントロールを乱す場面も見受けられたがランナーを出してから
落ち着いたマウンド裁きで要所を凌ぎ、最小失点で防いだ。


結果、7回を1失点!


先発としての役目を十分に全うしたどころか、ダルの『代役』を立派に
務めてくれたと言っても決して過言ではない、ナイスピッチングだった。
先発の谷間として【窮地】を救ってきた糸数が、この大舞台で最高の
輝きを放った。


金森にとっては2回目のポストシーズン。
最初は07年のCS第2戦、千葉ロッテ戦で5番手として登板。
5点をリードされたいわば、【敗戦処理】な扱いで気のりもしなかったか、
いきなり早川大輔に本塁打を浴びるなど、四球を絡めて致命的な2失点。


緊迫した場面で使ってもらえる喜び、やりがい・・


【このピンチは自分が出したランナーじゃないし・・】
なんて、いい意味で開き直った金森に、2年前の姿はどこにもなかった。
自慢の力強い速球で押し、最後はフォークで高須洋介のバットが空を
切った。普段は滅多にボール球には手を出さない好打者・高須が金森の
気迫の前に押された格好だ。

ふとブルペン陣に目をやると建山義紀が離脱し、後半戦から
やや調子を落としている菊池和正江尻慎太郎・・。
意外と【勝ちパターン】で安心して送りこめる右投手が少ないことに気づく。
これからもしびれる局面で金森の右腕に託される機会が増えてきそうだ。


日ごろから『僕は繋ぎの4番』と言いきる高橋。
第2打席では2塁打の稲葉を内野ゴロで進塁打とし、3打席目は同じく
稲葉を置いてキッチリと送りバントを捕前に決めた。

そして試合を決めたタイムリー。岩隈のシュートに苦しめら続けてきたが
最後に結果を残してみせた。目の前で稲葉が敬遠され、ましてや4番打者
なら【俺が決めてやろう】なんて、つい力みがちなものだが、
『歩かせられるのは分かっていた』と、冷静に対応。ここでもミート打法で
繋ぎに徹した。

一昔前に【仕事キッチリ】なんてテレビCMが流行った時期があった。
今の高橋にはこんな言葉がピタリと当てはまりそうな、【4番目】の打者
としての仕事人っぷりだった。


皮肉にも敵将・野村監督のこの日のコメントで
『ウチは全員が4番打者・・』なんて、ボヤいていたが高橋をみていると


4番打者とは何ぞや?4番打者の仕事って一体!?


と、考えさせられてしまう。


何でもできる【繋ぎの4番】がいて【恐怖の9番打者】(金子誠)がいる、
ファイターズ打線も面白い。そんなあべこべな?強力打線がリーグ
制覇を成し遂げた。意外とこんなものなのかもしれない。


初戦、2戦目でファイターズの二つの【顔】を見た気がした。
初戦でみせてくれたのは今年お家芸だった繋いで打ち勝つ野球

2戦目は去年まで真骨頂ともいえた、少ない得点で守り勝つ野球
少ないチャンスを確実に生かしてきた打線と盤石の守備陣、
投手の継投で僅差で競り勝つ・・

終盤はどちらもヒヤヒヤさせられたが、ファイターズ野球を存分に
堪能させてもらった。

今日も好投手・田中将大が相手なだけに接戦が予想される。
しかしファイターズにとって相手に不足はない投手。これから控える
であろう更なる大舞台においても田中のような投手を叩ければ勢いに
も加速がつく。

ファイターズがストレートで日本シリーズ進出を決めるか?
それとも神の子・マー君が意地の投球をみせるのか?
CS第2ステージ第3戦は18:15、まもなくプレーボール!


≪アンケート≫MVPは誰だと思いますか?日ハム編


ランキング参加中につき、1クリックして頂けると明日への活力に
繋がります。よろしくお願いいたします!

       
   にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


posted by 羽夢 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(1) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【勝ちましょう/CS2楽天2回戦】9つの道はいつか重なって、新しい夜明けへと続く道に変わるのだろう
Excerpt: 【一言】  「絶対に許さない、顔も見たくない」とはなんだったのか?いや、元エース様のアレじゃなくて、リンデンの「アリガトウ!」「ク...
Weblog: 世界日本ハムの哀れblog@福八グッズ、ダメ!ゼッタイ!
Tracked: 2009-10-24 02:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。