2009年10月19日

【伝説のプレーオフ】投手生命をかけた、魂の投球・・

クライマックスシリーズ・2STの相手が東北楽天に決まった。
確かに勢いがある。だが『勢い』だけでは片づけられない、
強固なチーム力もある。


更に、今シーズンをもって退任することが決まっている野村克也
監督の花道を飾ろうと、ナインが一致団結し、結束力も兼ね備えて
きている。


経験豊富とはいえ、ファイターズにとっても不気味で、非常に
怖い存在だ。2位通過ながらプレーオフを勝ち抜いた勢いで
一気に日本一にまで上り詰めたケースだってある。


今の楽天は【ノムさん騒動】の世論も手伝ってか、まさしく
そんな『ノリ』だ。


ペナントを制した威信をかけて、何とかファイターズには勝ち抜いて
欲しいが私も1野球ファンとして記憶に残る、いい勝負はして欲しい。


いよいよ明日21日、運命の決戦が札幌での舞台で幕を開ける!


そこで今回はファイターズと過去のプレーオフ(現CS)の話題に
ついて、触れてみようと思う。懐かしい動画とともに、少しだけ
昔に戻ってみましょう。


あの悲運のエースの記憶が、今甦る!



『伝説』と謳(うた)われた、かつてのプレーオフ・・・
前期優勝の西武ライオンズと、後期を制したファイターズが
覇権を争った、1982年のプレーオフ(当時は前後期制)

結果だけを見れば西武の3勝1敗と日本ハムを圧倒してい
るかのようにもみえる。しかし『伝説』といわれる所以は当時
ファイターズのエースだった20勝投手・工藤幹夫の力投が
あってこそのものだった・・



にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ




工藤の活躍の【予兆】は前年にあった。リーグ優勝を果たした
ファイターズが巨人と対戦した日本シリーズ。そこでシーズン
2勝だった工藤があの大舞台、すべてリリーフ登板でいきなり
2勝をあげてしまう。

とんでもない強運っぷり!短期決戦には必要とされるラッキー
ボーイ
的な存在、それは紛れもなく工藤幹夫だった。あれで
自信を付けた翌年の工藤の活躍は周知の通り。


工藤のような強運をもった選手は今年のポストシーズンは
一体誰になるのか?できたら投打に一人ずつは欲しいところ。

工藤のようにCS中は絶対復帰がないとされるダルビッシュ
登板もあったりして・・。まさか、大沢親分じゃあるまいしね(笑)


今は時代も違うし、ないとは思うけど工藤のエピソードといい、
古き良き時代を思わせる『何でもあり?』だったあの頃の野球も
味わい深くて、面白い。

【策士】的には、やはり梨田監督より百戦錬磨の野村監督の方が
上をいきそうな気配だが、どんなサプライズな采配が飛び出すか、
名将同士の探り合いにも注目してみていきたい!


PS.ちなみに工藤さんの骨折の理由って・・(動画1/2 2:30頃)
ご本人があのように言っているので、まぁ・・そうゆうことに
しておきましょうかね(意味深笑)


≪アンケート≫MVPは誰だと思いますか?日ハム編


ランキング参加中につき、1クリックして頂けると明日への活力に
繋がります。よろしくお願いいたします!

       
   にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


posted by 羽夢 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。