2009年08月12日

小谷野栄一、勝負強さを検証!!【対オリックス12回戦】

起死回生、値千金・・

こんな一打をどれだけ放ってきただろうか・・

ファイターズ、1点リードの最終9回表。
守護神・武田久がローズに被弾し、まさかの逆転を許す。
裏の攻撃も2死ランナーなし・・

好投のバファローズ・岸田の前に土俵際まで追い込まれたファイターズ。
絶体絶命の局面で、またしてもこの男がチームのピンチを救ってくれた。


小谷野栄一


カウント1−0から岸田の投じた2球目。外角高めの直球を逆らわずに
右翼方向へ。打球はライトスタンド中段で弾んだ。

スコアを振り出しに戻す、価値ある一打に思わずガッツポーズ!

ヒーローは当然、サヨナラ打の田中賢介に譲ったが、小谷野も紛れもなく
昨日の勝利の立役者だった。


7月2日の東北楽天戦。
8回、満塁一掃の2ベースを放ち、チームの逆転勝利に貢献。
29日の千葉ロッテ戦でも同じく満塁一掃の3ベースを放ってひっくり
返すなど今シーズンは神がかり的な部類の勝負強さが光る。

こんなクラッチヒッターが打順下位にいるのだから対戦チームもたまった
ものではないだろう。


しかし小谷野の『勝負強さ』は何も今年に入って始まったことではない。
昨年、打率.251、本塁打ながら打点は60得点圏打率は3割以上。

今季の7号が自己最多で、昨年まで放ってきた本塁打数は意外にも
14本と少ない。

だが、その『意外』と思わせるのは勝利に直結する、中味の濃い一打を
数多く放ってきているからに他ならないだろう。

2007年6月23日。対阪神戦。
交流戦初Vを決める決勝ホームランを延長10回に放てば翌月7日には
千葉ロッテ戦で薮田から自身初のサヨナラアーチ・・

振り返ってみると印象深い一打が実に多い。

そういえばプロ初打点も2004年、東京ドームでの大阪近鉄戦。
代打で登場してきてのサヨナラヒットによるものだった。


一時期、打撃の調子が下降線を辿りながらもオールスター明けから
打率も急上昇。更に持ち味の『攻守』にも一層の磨きがかかっている。


難病を乗り越え、今やファイターズ不動の三塁手。

本当の意味での『勝負強さ』はここまで這い上がってきた、小谷野の
野球人生そのものなのかもしれない・・


ランキング参加中につき、1クリックして頂けると明日への活力に
繋がります。よろしくお願いいたします!

       
   にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

posted by 羽夢 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(2) | FS観戦記2009 7月〜9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【尻尾まで餡子/オリックス12回戦】きっといつか辿り着けるよ、つまづいたって諦めない
Excerpt: 【枕】「中田よ、プロの自覚を持て」のココロだァ!  アサヒ芸能という雑誌をソースとして扱っていいものか、半刻ほど悩んだ気もするが、...
Weblog: 世界日本ハムの哀れblog@少し哀して、ながーく哀して
Tracked: 2009-08-12 20:55

8/11、【F-B】<12> 9回に武田久投手が逆転被弾も、直後に小谷野選手が同点弾! 延長12回、田中賢選手のタイムリーでサヨナラ勝利!
Excerpt: 今日からはオリックスを迎え、東京ドームでのホームゲーム3連戦。 まずその初戦の先発は、日本ハムが八木投手。オリックスが岸田投手。              [[img(http://ww..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2009-08-13 02:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。