2009年06月18日

塁間を駆け抜けろ!スピードスターの真骨頂【対阪神タイガース4回戦】

ビジターでのタイガース戦は甲子園球場ではなく京セラドームでの
開催だった。やっぱり阪神と言えば甲子園・・


野球の【聖地】とも言える、あの独特の空気の中で行われる試合を
見てみたかった気もしなくはない。


また中にはそれを望んでいた選手達も恐らく多くいたと思うが、
最終戦はパ・リーグの試合でも慣れ親しんだ京セラドームで快勝。
今期最多の21安打を放って阪神に打ち勝ち、貯金を再び10とした。



6/17

10−T  京セラドーム  観衆 23,543人


【勝】 八木勝  【敗】 下柳5勝4敗

【本塁打】 T 桜井3号 4号



高校時代『甲子園』で活躍した事もある田中賢介森本稀哲
1,2番コンビが計安打を放って大暴れ。


中でも痛快だったのが6回。
連続3ベースヒットを放ち、ファイターズのスピード野球を体現する
二人がバットと足で貴重な追加点をもぎ取った。


最近少し調子を落としかけていた賢介、今シーズン打撃絶不調だった
稀哲。これを機にエンジン全開となってくれれば後に頼りになる中軸が
控えているファイターズ打線には心強い限り!


2006年の日本一に大貢献した田中・森本の1、2番コンビ。
あの時と打順は違えど2年振りのリーグ制覇に向け、再びこのまま
塁間を駆け抜けていって欲しい。



  ↓選りすぐりの野球ブログはコチラへ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 野球ブログへ



posted by 羽夢 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FS観戦記2009 4月〜6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。