2009年05月31日

坪井智哉物語【対阪神タイガース2回戦】

北海道移転が決まり、T・ヒルマンがファイターズの新監督として招へい
された2002年オフ。阪神タイガースとの間で大型トレードが成立された。


タイガースからルーキーイヤーに.327でセ・リーグ新人最高打率を
記録した事もある坪井智哉がファイターズ入りした。


交換相手の一人、下柳剛は現在でもタイガースでエース級の活躍を
見せており、6年経った今でも両者が一線で活躍し続ける『好感』
トレードは極めて異例と言っていいかもしれない。


しかし03、05年の阪神優勝に大貢献した下柳に比べると坪井の
歩んできた道程は決して平坦なものではなかった。


移籍初年度こそプロ入り最高の打率.330をマークしたが翌年以降は
故障がちとなり次第にベンチを温める事が多くなっていった。


そしてファイターズが44年ぶり日本一の栄冠に輝いた2006年オフ、
よもやの戦力外通告を受けてしまう。


・・紆余曲折を経て『再雇用』といった形でファイターズに留まる事に
なった坪井。

2007年版・北海道日本ハムのオフィシャルガイドブックには
何とも負けん気の強い、坪井らしい決意の一言が『好きな言葉』として
記されていた。


【見返したる!!】


この言葉を胸に2007年前半は主に3番に定着してリーグ連覇に貢献、
見事に復活を果たした。


優勝目前の札幌ドーム、楽天戦でそれまで好投を続けていた田中将大から
サヨナラ安打を放ってチームを勢い付けた試合も印象深い。


         090531_215907.jpg
         にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



昨年からは代打の切り札として再びベンチを温める機会が多くなった坪井。
だが抜群の集中力が産む勝負強い打撃はチ−ムに欠かせない戦力となっている。


古巣・阪神とのゲームになった今日の試合は11回裏、一死一、二塁の
見せ場での登場だったがあえなく併殺打に終わってしまった。


今後もDH制のないセ・リーグ主催ゲームなどでは代打・坪井の出番も
また多くなってくるだろう。懐かしい故郷、甲子園でのタイガース戦も
まだ残っている。


何度も折れそうになった心を不撓不屈(ふとう・ふくつ)の精神で
乗り越えてきた。


通算1000本安打まであと74本。


『見返したる!!』


坪井智哉の飽くなき挑戦と戦いはまだまだ続いていく・・・


5/31 
−T(延長12回引き分け) 札幌ドーム  観衆 42,051人

【本塁打】T 金本12号  

にほんブログ村 野球ブログへ



posted by 羽夢 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(1) | FS観戦記2009 4月〜6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

5/31、【F-T】<2> 延長12回、5時間6分の激闘は、両軍決め手を欠いての引き分け
Excerpt: 昨日の試合をエースの好投などで一方的なワンサイドゲームとし、迎えた今日の第2戦。 この試合の先発は、日本ハムが武田勝投手。阪神が能見投手、              [[img(http..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2009-06-01 01:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。