2009年05月22日

不可解なダルビッシュ先発回避【対東京ヤクルト1回戦】

首脳陣の詳しい意図は分からないが大方の予想に反して今日先発の
マウンドに立ったのはダルビッシュ有ではなく左腕の藤井秀悟だった。


どうも私はこの藤井とは相性が悪いらしい。
褒めると次の登板ではベテランらしからぬ、突然制球を乱して自滅を
繰り返す『悪癖』が顔を出させてしまう・・


青木もまだ本調子でないスワローズ打線を考えると正直ダルビッシュ
であれば稲葉の本塁打による2点で十分だったようにも思える。
更に相手が右のエース格・館山とゆう事を考えれば尚更、より好投手を
ぶつけて欲しかったと悔んでしまった。


逆転を許した6回表。

本人はベースカバーが遅れた野口の内野安打を悔んでいたが観て
いた側とすればその前の追いこんでいながらの川島へ不用意な死球、
青木に犠飛を許した後の畠山に与えた四球、みすみす傷口を拡げて
しまった点が何とも頂けない。


中盤、立ち直りの兆しを見せていただけにこの『急変』ぶりは
残念で仕方がなかった。ローテーションの一角を担う左の柱として
中盤以降に毎回訪れる『山』を何とか自力で乗り越えて欲しいものだ。


5/22
−S   札幌ドーム  観衆 20,932


【勝】 館山5勝  【敗】 藤井3勝敗  【S】 14S

【本塁打】 F 稲葉



『ダルビッシュの身に何かあったのでは』と少し心配してしまったが
一部メディアの情報によると今日(23日)登板予定らしい。


これで益々分からなくなってきたがとりあえずダルビッシュには
何事もないようなのでホッとした。


しかし今まで上手く回っていたのをあえて藤井と順番を入れ替えた
この『ローテ崩し』が果たして今後にどのような影響を及ぼしていく
事になるのか・・


これが裏目に出たなんて事には決してならないよう、そう祈りたい。

にほんブログ村 野球ブログへ


posted by 羽夢 at 23:22| Comment(2) | TrackBack(2) | FS観戦記2009 4月〜6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
いつも楽しく読ませています。

ローテ変更での失敗で思い出すのは、昨年のクライマックスシリーズ第1ステージのオリックス×日ハム戦でしょうか。
ダル相手に小松を当てないでオリックス連敗・敗退を思い出します。

ハムも今回のローテ変更で連敗しなければいいのですが…。
Posted by ひろ at 2009年05月23日 10:07
ひろさん!どうもです☆
いやいや;温かいお言葉ありがとうございます!
多少今回の記事は反論が来てしまう事も覚悟していたのですが
同調してくれる方がいてくれて嬉しい限りです。

『高をくくる』なんて言葉がありますが大昔、ロッテ対ダイエーの開幕戦で
ロッテが今後のローテーションを考えて大方の予想に反してエース格の
伊良部や小宮山ではなく園川をぶつけて失敗してしまい、その後ズルズルいってしまったなんてゆう年もありました。
ホント、一戦必勝の構えでこの後のシーズンを戦いきって欲しいですね^^v
Posted by 羽夢 at 2009年05月23日 10:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【おやつはお預け/ヤクルト1回戦】守る希望の夜明け、明日へと続いて欲しくて
Excerpt: 【枕】「シーズン2割7部7厘7毛の時点で今後のパリーグを予想する?」のココロだァ!  こんな時期にどうしてと、始まってからの予想は卑...
Weblog: 世界日本ハムの哀れblog@応援は心だ、そして文化だ
Tracked: 2009-05-23 02:05

5/22、【F-S】<1> 好調の打線が一休み・・・ 江尻投手が復活の登板も、チームの連勝は「2」でストップ・・・
Excerpt: 今日からの交流戦2つめのカードは、札幌ドームに東京ヤクルトを迎えての2連戦。 まずこの試合の先発は、日本ハムが藤井投手。東京ヤクルトが館山投手。              [[img(h..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2009-05-23 05:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。