2009年04月04日

先発・藤井が乱調!【楽天に痛い連敗・・】 

確かにいい試合はした。
ただ試合に敗れてしまっては・・。
昨日負けているのなら尚更。
今日は何としても結果を残しておきたいところだった。


やはり敗因は先発・藤井秀悟の乱調に尽きるだろう。
何しろ点の取られ方が悪かった。


四球、四球、長打の最悪のパターン。しかも1回と3回の失点は
共に2アウトランナーなしからによるもの。
油断していた訳ではないだろうが責めていっての四球ではなく
勝負を避けていたかのような『逃げ』の投球だった。


結局、藤井のこの5失点が響きファイターズは連敗。
後続の坂元須永谷元菊池宮西は気持ちの入ったいい投球を
していただけに序盤の大量失点は悔やまれた。


−E  札幌ドーム 観衆 36,316

【勝】 グゥイン  【敗】 藤井  【S】 川岸

【本塁打】 F 金子号  ヒメネス号  
        E セギノール2号



後味の悪い連敗スタートになってしまったが今日の試合は光明も
あった。


まず投手陣においてはプロ初登板となった谷元圭介が7回の
ピンチの場面で登板し、後続を退け1回1/3を無失点。


初めて実戦での投球を見たが中々球威もあってコントロールも
良く今後も右の中継ぎとしてな貴重な存在となりそうだ。


須永、菊池、宮西も球が走っていて、制球難を露呈する事もなく、
昨年と比べるとだいぶ進歩が感じられた。


一方、打撃陣は今日もランナーを出しては併殺を繰り返すなどの
責めのまずさが目立ったがヒットは出始めてきた。


12安打。
あとは打線がうまく繋がっていけば今後も期待できそう。


個人では・・


ヒメネスが来日初ホームランをマーク。
グゥインのカットボールを完璧に捉え右翼席中段に飛び込む特大
アーチ。その後の打席ではモロさが目立ったがツボにハマった時の
飛距離と底知れぬパワーを垣間見た気がした。
(谷元登板時の投球練習中、投手コーチばりに背後から見守っている姿がなんかウケました)


そしてもう一人、今日ホームランを放った金子誠のシャープな振りが
目を引く。オープン戦から好調さをそのまま持続している。


8回の金子に代打・坪井の場面は賛否両論あるだろうがあの場面は
致し方なかったかもしれない。

同じく坪井もオープン戦絶好調であったし川岸みたいなタイプには
やはり左打者の方がボールも良く見え、有利と考えるのが普通。

でも今のマックなら何かやってくれそうな感じがしなかった訳でもない。


スタメンでは小谷野が昨日、今日と通じて未だ無安打。送りバント失敗も
あるなど精彩を欠いている。早くきっかけを掴んで欲しいところだ。


二岡が最終打席で移籍後初安打をマークし森本稀哲も初打席で
初安打を記録。今日の打撃陣は明るい兆しが多かった。


明日はオープン戦絶好調だったB・スウィーニーが先発。
先発の役目として最低6回7回は放り、あとは好調な救援陣に
託したい。
楽天は新外国人、ラズナーとゆう新顔が先発。乗せてしまう前に
打順が2回りする頃には捉えておきたいところだ。


今後に尾を引きかねない、開幕から同一カード3連敗スタートだけは
何としても免れなくてはいけない!


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


posted by 羽夢 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(2) | FS観戦記2009 4月〜6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

4/4、【F-E】<2> あと一歩及ばず・・・ またも初回の失点が響き、東北楽天に連敗・・・
Excerpt: 開幕戦をエース・ダルビッシュ投手で落としての第2戦。 今日の試合の先発は、日本ハムが藤井投手。東北楽天が長谷部投手。 また、スタメンには、昨日の試合で出場を見合わせた森本選手が2番センターで名..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2009-04-05 02:48

【まさお札幌回避/楽天2回戦】たとえ、それが何百回裏切られようと・・・・
Excerpt: 【枕】「今年もファイターズ聞くなら!?」のココロだァ!  テレビのほうは結構すごい事になってるハム中継ですが、ラジオの方でも動きが。...
Weblog: 世界日本ハムの哀れblog@福エイトは非公認で非常識
Tracked: 2009-04-05 06:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。