2009年04月03日

開幕黒星スタート・・【初回の攻防に明暗クッキリ】

まるでWBCアメリカラウンド・2次予選の日本対韓国戦の
試合のハイライトを見ているかのようだった。



スコアも試合内容も・・。


栄えある開幕戦の先発を務めたのはダルビッシュ有
まず課題の立ち上がりをどう乗り切っていけるか、ポイントの
一つであったが楽天打線にいきなり捕まってしまう。


1死2塁から3番・鉄平にストレートを完璧に捕らえられ
中越の先制3塁打。そして4番セギノールに2ラン・・。


岩隈久志相手に序盤から3点のビハインドは痛すぎた。
それにしてもセギノールは昨年からファイターズ戦で良く打つ。


その岩隈も本調子ではなかったようだがファイターズ打線の拙攻にも
助けられ6回まで内野ゴロの間の1失点のみで乗り切った。


対するダルビッシュはWBCでの韓国戦同様、まさに初回だけ・・。
2回以降はランナーは出すものの、粘りのピッチングで無失点。
結局9回を投げ切り完投した。



−E


【勝】岩隈1勝  【敗】ダルビッシュ1敗  【S】有銘1S

【本塁打】セギノール1号



万全な状態ではないながらも、9回を3失点に抑えたダルビッシュは
責められないだろう。


やはり序盤の内に岩隈を捉えきれなかった打線に問題がありそうだ。
中でも2番に座った小谷野の打撃内容の悪さが目立っていたように
思える。


初回の3失点後の裏の攻撃で気勢良く、1番の田中賢介
中前安打で出塁。


直後の2番・小谷野があっさり初球のシュートを引っかけ併殺。
一気に反撃ムードを紡いでしまった・・


なんとしても稲葉の前にランナーを進めておきたかったところだが
結果は最悪の形となってしまう。


2打席目で無死2・3塁からの内野ゴロの間で打点は挙げるも
今日小谷野のバットから快音が聞かれる事はなかった。


中軸の二岡ヒメネスも無安打スタートだったがいい当たりも
出ていた。明日に期待したい。


せっかくプロ野球が開幕したとゆうのにエース登板ゲームでまさかの
敗戦にいまいちテンションが上がってこない管理人・・


試合が早く終わってくれた事が救いだ。
明日のデーゲームに備えて選手達は十分休養を取って欲しい。


4日の予告先発は北海道日本ハムが藤井。東北楽天が長谷部


昨年長谷部から日本での第1号ホームランをかましたJ・ボッツ
ベンチにいないのは残念だが今日の雪辱を期すべく小谷野ら打撃陣の
奮起に期待しよう!


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

 


posted by 羽夢 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(4) | FS観戦記2009 4月〜6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

<日本ハム>開幕戦〜ダルビッシュ、初回3失点の完投負け
Excerpt: ●日本ハム1−3楽天○ ・・・敗戦のショックでスコアボードの写真を撮り忘れました。 ダルビッシュ・・・ 試合開始4分で3失点。 立ち上がりの制球難は・・・予想通りでした。 なんかこんな試合2週間..
Weblog: 玉子王子の社長室
Tracked: 2009-04-04 01:20

4/3、【F-E】<1> ダルビッシュ投手、立ち上がりの3失点で開幕を飾れず・・・
Excerpt: 2009年の公式戦は、実に6年ぶりとなるセ・パ同時開幕。 札幌ドームでは共にWBCでの2連覇に大きく貢献したダルビッシュ投手と岩隈投手のいきなりの直接対決となった。 試合前には大沢啓二氏..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2009-04-04 03:21

【祝開幕/楽天1回戦】消えたスタートライン再びなぞって
Excerpt: 【枕】「野球とは?」のココロだァ!  今年のNPBのスローガンは「野球とは、」だそうで。もうなんだかワカンネ。スローガンがこんなんで...
Weblog: 世界日本ハムの哀れblog@福エイトは非公認で非常識
Tracked: 2009-04-04 07:36

4/3、【F-E】<1> ダルビッシュ投手、立ち上がりの3失点で開幕を飾れず・・・
Excerpt: 2009年の公式戦は、実に6年ぶりとなるセ・パ同時開幕。 札幌ドームでは共にWBCでの2連覇に大きく貢献したダルビッシュ投手と岩隈投手のいきなりの直接対決となった。 試合前には大沢啓二氏..
Weblog: やっさん日記
Tracked: 2009-04-04 11:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。