2009年03月14日

北海道日本ハムオープン戦情報【今日のキラリNo.4】

ファイターズの今日のオープン戦は関西遠征から地元札幌に
場所を移しての中日ドラゴンズ戦。


今日は中盤5回に打線が繋がって一挙点を挙げるなど
8−4でドラゴンズを振り切りました。


4番スレッジ・5番小谷野は依然好調をキープし2人で
安打打点の大活躍。開幕もこのまま行くかもしれませんね!


スタメンマスクを被ったドラフト1巡目ルーキー・大野奨太
5回にプロ初本塁打をマーク。

本人はバント失敗の後だっただけに素直に喜べなかったようですが
貴重な勝ち越しホームランとなりました。

守ってはこの日体調不良の為先発を回避した武田勝の代役、
吉川光夫を粘り強くリードしていました。


−D

【勝】 吉川  【敗】 山井  

【本塁打】F 大野   D ブランコ



今日のキラリは先発の吉川光夫


急遽回ってきた登板にも関わらず5回を2失点にまとめ、
課題だった四死球も2つと期待以上の『代役』をこなして
見せてくれた吉川。


得意の大きなカーブを生かし緩球を付けたピッチングが
冴えていていました。


ルーキー時代にはシーズン途中からローテーションの一角に
食い込み4勝をマーク。リーグ連覇にも貢献し日本シリーズ
では先発の機会も与えてもらっている。


期待された2年目は開幕ローテに名を連ね、序盤に2勝を挙げるも
5月に登録抹消されてからは1軍でその姿を見る事はなかった。


34回2/3で22四球はチョット多すぎただろう。
元々力強い腕の振りから繰り出す直球には球威があるだけに
課題は1にも2にも制球力。これに尽きる。


WBCサムライジャパンの一員でもある東京ヤクルト・青木宣親
吉川と対戦した感想を『直球が動く』と漏らしていた事があった。

あの日本を代表する安打製造機をもってしても2007年は
5打数無安打と手を焼いている。


独特な軌道を描く吉川のストレートは大きな武器。
威力抜群の直球に更にそれを速く見せる事の出来る緩い変化球を
織り交ぜ相手打者の目先を変えていく・・


初完封を達成した07年7月12日のオリックス戦はまさに
そんな『幻惑投法』ができていた。



吉川光夫、3年目。

再ブレークの年となるか?若き左腕に今年は注目だ!


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



posted by 羽夢 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(2) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【Fs試合短信】対ドラゴンズオープン戦(3/14)
Excerpt: 本日のトップ画像は、分かりにくいですが本日の猛打賞。
Weblog: にわか日ハムファンのブログ
Tracked: 2009-03-15 07:25

[09FsOP戦]大野が初アーチ!
Excerpt: 日本ハムは、オープン戦初先発の吉川が5回を被安打2で2失点。四回に連続暴投で失点した後、ブランコに一発を浴びたが、その他の回はまずまずの投球を見せた。 打線は1点を追う五回、札幌ドームで初出場した..
Weblog: ZAWA talk
Tracked: 2009-03-17 13:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。