2009年03月07日

北海道日本ハムオープン戦情報【今日のキラリNo.2】

今日のファイターズはナゴヤドームで対ドラゴンズ戦。
いよいよ各地でオープン戦も本格化してきました。


中盤までリードを奪われる苦しい展開も9回に飯山裕志選手の
タイムリーで鮮やかな逆転勝ち!


これでファイターズはオープン戦勝目ぴかぴか(新しい)


なんとこの試合、4番手として登板した豊島明好投手が
『プロ初勝利』を挙げました。


おめでとうございますグッド(上向き矢印)


−D

【勝】豊島  【S】坂元  【敗】平井

【本】F 高橋信 D 藤井


このゲーム、1番のキラリは4回に放ったソロアーチを含む
打数安打の猛打賞高橋信二選手。



     s.takahashi


ここのところ、ずっと好調さを維持してますよね。
とてもイイ感じでバットが触れています。
このままの調子でシーズンに繋げていって欲しいものです。


この日はスタメン5番・捕手でマスクを被った高橋選手。
本人はやはり『捕手』にこだわりを見せているようご様子。


一部ではその打力を生かす為に今季から本格的に1塁に
コンバートされるのではないかとゆう噂を聞きました。


しかし打てるキャッチャーがいるとゆうのはチームにおいても
大変な武器になります。


高橋選手辺りが下位打線にいれば他球団には大変な脅威!
捕手は守備による負担も大きいので出来れば下位でもっと伸び伸び
打たせみたいですよね。


それと今年は思わぬ外国人余波で高橋選手は例年以上に
正捕手完全定着が求められてきそうです。


助っ人野手3人衆の本職は1塁。
打撃好調なヒメネスが1塁に入ればスレッジが外野に回り、
もう一人のボッツをスタメンで使うとしたらDHでの起用も
多くなるでしょう。


ただでさえ今年のファイターズ内野守備陣は若手選手を
中心に大激戦区。


そうした事情からも高橋選手には今年は捕手1本でいって
もらえる事が望ましいのです。


それにより下位まで切れ目なく、他球団にも全く引けを取らない
強力な打線が形成されます。


ビックバン打線再来の鍵を握るかもしれない高橋選手の
捕手としてのレギュラー定着・・・


もちろんインサイドワークを含めた守りの部分はもっと大事ですが
ここは自分の長所を最大限に生かし攻守に一皮むけた2009年版
高橋信二捕手が見れる事を是非期待しています!



posted by 羽夢 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。