2016年03月26日

「ハンサム」への僻み

乙武洋匡が、複数の女性と不倫っすか...


『やるなぁ』と思ってしまった。不謹慎ながら。
先天性で同じ障害を持つ、ホーキング青山という芸人がいる。やたら乙武氏を「敵視」していて、それも、もちろん彼の中では"ネタ"の一環なのであろうが、半分は本気だと思う。

やっぱり、顔がイイ男は得である。ハンサムな乙武氏に対する、ホーキングの恨み節が今にも聴こえてきそうだ。もっとも自分が女なら、おもろくてまったく気取らない、後者の方を相手に選ぶが。


自慢の恋人が極秘観戦に訪れていたらしい。プライベートも順調そのものな、ハンサムな涌井秀章が、私も憎たらしかった。いつも飄々としている彼が、恋人の登場と、さすがに開幕戦ということもあってか、寒空を吹き飛ばす「熱投」を展開。・・おかげでストレートの球速は、普段よりも4、5キロ増し。勝手のちがう熱いハンサムを前に、ファイターズ打者陣はキリキリ舞いだ。

彼がマウンドにいた7イニング中、チャンスらしいチャンスもなかったが、今思えば、初回の攻めが悔やまれる。せっかく陽がヒットで出塁したのに、スチール失敗で、みすみす向こうを乗せてしまった。

対照的に、ファイターズの先発・大谷は初回にマリーンズ打線につかまる。『立ち上がりが狙い目』そう試合前に口にしていた敵将の、まさに思い描いていた通りのシナリオとなってしまった。大谷が打たれ、涌井に抑え込まれて、勝負所で内竜也に反撃の芽をつぶされる...

まるで昨年のCS。マリーンズの良かったところだけを切り取って、貼り合わせたみたいな試合だった。

初回攻防の、明と暗。頭上に飛んだ先頭・岡田幸文のゴロを大谷がつかみ取っていたら、試合はどうなっていただろうか。・・いや、それよりも以前に、立ち上がりから100マイルを計測するほど、球が走っていたのに、ともに高めに浮いた変化球を痛打されたデスパイネと井上への、大野奨太の配球。

たしかに直前に三振を奪った清田へのフォークの精度が抜群であっただけに、大野の選択もあながち間違いではなかったと思う。あるいは打者がストレート狙いできていると判断し、主軸へは"あえて"そうした可能性もある。事実、岡田しかり150キロ台後半の球でも、バットには当てられていた。空振りは奪えない・・。それならと、投じた変化球が肝心のところで甘く入ってしまった。

あのツーアウトからの3失点は想像以上にダメージが大きく、敵地ということも手伝って、のちのちまで響いた。何とか凌ぎたかった。開幕云々よりも、エースで星を落としたことの方が痛い。こうなれば大谷の仇と、2016年チーム初勝利は、ハンサムさならロッテの誰にも負けない?自称イケ・メンドーサに取ってもらおう。

ラベル:乙武洋匡
posted by 羽夢 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

もっとも「伸びしろ」を期待できる男

本日は綾瀬はるかさんの誕生日です。おめでとうございます...


なんて、久々FS広報部のごとくコレをやってみたのであるが、ハルカ嬢もいつの間にか31歳。「透明感」と、目ヂカラの強さは、いまだ健在。近年はその天然っぷりでも人々を魅了している。

天然。どうしてだろう・・。女の子の天然は可愛く映るけれど、男の場合は若干痛いんである。同じ定義で女の子の「ドジ」は許せても、男の「ドジ」は、ただみっともない。ダサい。

どちらかといえば私も″そっち寄り″の人間で、よくやってしまうのは店で代金を支払い、釣りをもらう前に財布をバッグの中に閉まっていたりだとか、逆に、自販機で釣銭の方に目がいって、肝心の商品を取り忘れたりだとか。歳にもよるかもしれないが、傍目から見ても男の「天然」はダサイタイのだ。


野球選手でも、稀にこの手の人間がいたりする。常人が思いもよらないようなミスを犯す行為を『ポカした』なんていう。ときに、これが致命傷となるケースもあって、そうした性質を持った選手にハラハラとさせられた経験が、一度くらい皆さんもあるのではないか。

よくプロのアスリートになれたものだと、妙な感心もしてしまうけれど、それを補って余りある「天才肌」の選手が、天然者には多かったように思う。現役時代に、はたして「ポカ」があったかのは存じていないが、引退後のメディアでの発言等をみるかぎり、長嶋茂雄氏も、確かに天然の部類に入りそう。


筆者が実際に目にしてきた選手では、それはもう、いの一番で糸井嘉男の名が挙げられる。新庄剛志であったり、森本稀哲のコメントというのは、何かいちいち"計算づく"な感じがした。面白いことを(頑張って)云おうとしている感が、こちらにもヒシヒシと伝わってくるのだ。糸井の場合は、本人は何にも面白いことを云おうとしているつもりはないのに、まるで見当ちがいな発言をしたりするから、かえってそれが聴衆にウケたのだと思う。

しかし、前述のように天然故のチョンボが、プレー中にあったのも糸井。その「遺伝子」までも受け継いでいるのでないかと、私がひそかに心配をしているのは背番号「7」の後継者でもある、西川遥輝だ。

アウトカウントを勘違したりといった、プロらしからぬプレーが昨年もあった。彼も、おそらく「糸井型」で性格上の問題であろう。試合中はいっそう注意力を高めてほしいとしか、この点については云いようがないのであるが、プレーヤーとしての資質も、最近、どこか「糸井型」のような気がしてきた。つまり、西川も天才肌タイプではないか...


外野手に転向した物理的な面も含めて、走塁センスに長打も兼ね備えた攻撃力(ムラがあるところも似ている)といい、1〜3番を任せるのに、彼ほど適任な選手はいない。完全にレギュラーに定着してくれたら、向こう十年ファイターズの上位打線を任せられる男・・。それくらいの素材だと、私は真剣に思っている。

一昨年、手中に収めかけていた二塁のポジションを剥奪されたのは、もちろん本意ではなかっただろう。だが、これによって守備面の不安が多少は軽減されて、打撃の方にも今まで以上に専念でき、ずば抜けた脚力を外野で活かすことができるとなれば、結果オーライ。さらに、西川には、若さもある。ひょっとしたら糸井以上の選手にだって、近い将来なれる可能性を持つ。

新背番号「7」は、ファンにも概ね好評のようだ。細身の彼には、たしかに丸っこい「8」の数字より、よく似合う。今季はぜひ、プレーで魅せてほしい。野手では、ハルキにいちばん期待を寄せている。

posted by 羽夢 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

あえて、打者・大谷に期待する

二刀流「完成型」を目指す、大谷翔平のプロ4年目が始まる...


今季の目標として、具体的に掲げた数字が20勝&20本塁打、それと200イニング(第三者によって促された設定ではあるらしいが)

ハードルは、かなり高い。が、たしかに200イニング以上投げることができれば(2015年は160.2回)、20勝という数字はクリアできる可能性がある。投げた試合に負けないこと。これは打者陣との援護の巡りあわせにもよるけれど、単純に投げる試合に勝ち続ければ、24勝もできることを、田中将大が証明してくれた。あの「神」時代のマー君の、マイナス4でもいいと考えれば。

しかし、それよりもまず大前提としてあるのは、一年間きっちりとローテーションを守れるか?だろう。昨年は足の故障もあったりで長い間隔を設けたときが、数度あった。結果として160イニングにとどまってしまい、これが沢村賞の選考から漏れた要因だとも云われている。昨年あった「飛ばし」の回数を少しでも減らせれば、200と20の数字は自ずとついてくるはずだ。


問題は、もうひとつの20。20本塁打。ただ、これも「投手バージョン」と同じ理論で、打席数を増やすことができれば、わりと容易に達成できると思う。2015年は、ファイターズに限っていえば大谷のためにあるかのような「DH枠」を、近藤健介に奪取された関係もあって、プロ入り3年間でワーストとなる118打席(109打数)に終わってしまった。これでは、さすがの大谷も厳しく、5本塁打...

これまでの先発した日、前後に充てていた休養日を減らす(間隔を縮める)プランもあるようで、2016年は野手としての出場機会が劇的に増えそうな気配。増やすためにも、まずは「DH」に自力で定着しなくてはならないのだが、今期は「打」の方も相当やってくれるのでないか。・・・というより、20勝・200イニングよりも、一番達成できる可能性を秘めているのは、この20本塁打!とさえ、個人的には見ている。

20日のオープン戦、東京ヤクルト戦を観戦した。DHで出場した大谷は、その試合でレフトにホームランを放ったが、逆方向に強い打球を飛ばせる‥‥これこそが、彼の最大の強みだ。ファイターズの左打者で、あんな打球を打てる日本人選手がいたのか、少し振り返っていたら、最近では糸井嘉男のものと似ている。よくよく考えてみると、タイプ的にも打者・大谷は糸井タイプとも云えるかもしれない。

その糸井が年間、だいたい20本弱。むろん、打席数が糸井に比べたら確実に少なくなるけれど、高卒から野手としても出続け、投手入団の糸井とちがい「ブランク」のなかった点。巧さでは劣っても飛ばす能力と、パワーで糸井よりも勝っている点で、大谷の20本なら十分、射程圏内とみる。繰り返すが、兎にも角にも、今期はいかに打席数を増やせるかだ。


実は、大谷よりもはるか以前に『20勝・20本』を口にした選手がいる。甲子園優勝投手であり、近鉄バファローズにも在籍していた仲根政裕である。プロとしての実績もまだない、入団が決まった直後に、そう豪語した仲根のビッグマウスぶりも凄いが、大きかったのはその発言だけでなく、躰も日本人離れしていて「ジャンボ」の愛称でも、ファンに慕われていた。

くしくも現役当時のジャンボとまったく同じ背丈の193センチ。あれを決して「夢物語」では終わらせない、平成の世に贈る、大谷翔平の遥かなる挑戦---


≪参考≫
日ハム・大谷 20勝 20本塁打 200イニングでV宣言 (東スポWeb)
【11月21日】1972年(昭47) 近鉄ドラ1仲根「テレビに映らないパ・リーグはイヤ」 (日めくりプロ野球)

posted by 羽夢 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

「オグリ型」

小栗旬の、生き様が好きだ。

初代の「GTO」に出演していた彼は、主演・反町隆史との絡みはそこそこあれど、正直あまりかっこいい役どころではなかった。内気でおとなしい性格、女子からもいびられて、挙げ句の果てに飛び降り自殺未遂までする。しかし、反町演じる鬼塚との出会いによって、徐々に変わっていったという、劇中での人物設定。

それが今やどうだろう。「GTO」で当時、小栗と同級生役で脚光を浴びていた池内博之はすっかり姿をみなくなったし、彼を虐めていた張本人・中村愛美はどこに行ったの?って感じで、窪塚洋介はリアルに飛び降りた・・。平成28年現在、ドラマや映画の主演を張れるのは、あのメンバーの中では、もっとも地味な扱いをされていた彼、小栗旬だけである。

華々しいデビューを飾って、その後、尻すぼみに終わるよりも、最初はパッとしなかった人物がだんだんと成り上がっていく方がかっこいい。ヒトはその「プロセス」を見る。トータル的な勝利の過程を...

球界の「オグリ型」は、中田翔。正月に出演したバラエティ番組で司会の芸人から、まさに『一年目はまったくダメだった』なんてイジられていたが、一年目どころか本格的に一軍に定着したのはプロ4年目のことである。

からきし打てなかった時期がありながらも、ハムの4番打者を務め続け、ついにジャパンの4番にまで成り上がった男。昨年キャリアハイの本塁打数を記録し、今後まだまだこの数字を伸ばしていきそうな気配すら、周囲に漂わせている。

『三冠王を狙える』。指揮官が真顔で口にする。打率は高くない中田に三冠王は難しいだろうと思いつつも、大器晩成「オグリ型」の中田であれば、いつか本当に実現するのではないか・・。事実、20日のヤクルト戦では一発を捨て、広角に打ち分けた「巧打」なんかを見せつけられると、一層そんな気も湧き起ってきてしまう。

登場曲に使用しているビーグルクルーのあの曲の秀逸さに、最近になって気づき、そして教えられた。『ショー(翔)タイム』のところでなく、いちばん大事なのは中田翔がファンにとっての「My HERO」であったことに---



2016年も頼んだぞ


ラベル:小栗旬 中田翔
posted by 羽夢 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

今、佑樹に捧げたい曲

この前、テレビ解説の中で岩本勉が斎藤佑について...

『登場曲を変更した方がいい』

そんなような旨の発言を、若干怒り口調でしていた。オープン戦ならではの一コマといえるが(いや、岩本氏にかんしては公式戦でも変わらないけど)、彼の云っていることも一理あるかな‥‥そう感じてみたりもした。

選曲の悪さ云々ではなく、岩本氏も『えぇ曲だけど』と、一応フォローはしていたけれど、気分転換も兼ねてというか、女性が髪を切るときと似た道理で。残念ながら、ここ2、3年の斎藤佑は結果を出しているとは言い難く、また、度重なる故障にも泣かされた。

この一連の負の連鎖を断ち切るために、せっかく体調万全で開幕を迎えられる今季こそ、登場曲も一新させて、出直しを図る・・・タイミング的にも私は悪くはないと思うのだが、いかがだろう。

入団時から使用し続けている、勇気100%。かれこれ6年‥‥。一途でブレない、その斎藤佑の姿勢は買いたい。しかし、そもそもなぜ彼は、同曲を選択したのだろうか。「勇気」に自身の名前をかけている? だとすれば「夢がMORIMORI」の森友哉の発想と極めて似ており、いささか幼稚である。森はキャラ的によくても、斎藤佑には、できればそうであってほしくない。

森友哉で思い出したが、大阪桐蔭の先輩・中田翔。ペナントが早々終了しても、プレミア12も含めて、彼の姿だけはオフ期間、テレビ等で見かける機会も多かった。中田なら、アレでもいいと思う。NAKATA!NAKATA!と連呼する、オリエンタルラジオの「PERFECT HUMAN」。今、ちまたで大流行?しているそうだが、札幌ドームも打席ごと大いに盛り上がるだろう。


さて、斎藤佑樹はどうしようか...

たしかに、投手は難しいと思う。ましてや、先発だ。スターターだと、プレイボールがコールされる寸前までずっと流れているケースが多いから、フルコーラスとまではいかないまでも、結構な時間かかっている。

西武時代、涌井秀章がミスチルの『Tomorrow never knows』を使用していたが、これなんかは「抑え」向きの曲ではないだろう。長い前奏部・・サビまでいかずに中断してしまい、ヤキモキさせられた獅子ファンも、少なくなかったのではないか。

バッター及び先発以外の投手は、最初のインパクトが肝心。この点、糸井嘉男の「SHAKE」、中島卓也の「We Don't Stop」などは、なかなか秀逸なセレクトであったように思う。対して、時間的に余裕のある先発投手は、全体で聴かせるような曲を選んでも良い。


今年も先発だと仮定すると、斎藤佑は・・・「愛は勝つ」。言わずと知れたKANが奏でる名曲を、筆者は推してみる。

ピアノ前奏から始まる、とてもかっこいい同曲は、颯爽とマウンドに登場にする真摯な斎藤佑の雰囲気にもよく合う。『どんなに困難でも くじけそうでも 信じること』、どうしても「勇気」が欲しければ歌詞の中に、『君の勇気が誰かに届く 明日はきっとある』といった、現状と重なる部分もありつつ、前向きフレーズのオンパレードで、聴く者みんなを元気にしてくれる。今の彼にピッタリだ。

某テレビ番組内で目にしたが、『(野球)やめたら楽だと思う』。そんな発言は、もう二度としないで頂きたい。自分自身のチカラを信じてあげないでどうする?KANも唄っているけれども、信じることで、最後に愛は勝つとある...。斎藤佑の場合に置き換えれば、信じて「勝負に勝つ」だ。

『俺はまだやれるんだ!』これくらい強い意志を持って、自分を信じて。心の底から応援している。ハムファンも彼のファンも皆、佑樹の復活劇を信じている---




posted by 羽夢 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | FSコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

【新戦力】パッと見る・パットナム -ジョイマン風-

ニッチロー’?だっけ。


彼のモノマネに最近ハマってる。イチローモノマネを極めるため、まいにちを非常にストイックに過ごされているんだって。‥でなければ、あの体型を維持できないし、あそこまで完璧に似せられないよなァ。

すごい。尊敬に値する。ニッチロー’のクオリティが高すぎで、他の野球選手マネがしょぼく感じてしまうから気の毒。コメディ重視な「イースラー」の奴も、一個人的には好きだったんだけど(笑)

考えてみれば、イースラー以後‥30年弱の期間にファイターズの背番号「6」は、田中幸雄氏と中田翔しか身につけていない。パットナムを挟んで、その前は柏原純一氏だったのだから、やっぱり「6」は“ミスターF”の番号ということになる。

「11」の系譜もかっこいいよなぁ。ダルビッシュ有から大谷翔平‥。伝説級の二人だもん。本当にしびれてまう。大谷退団後に「11」をつけたがる選手は、ちょっと出てこないんでないかい?


その大谷も登板したオープン戦。in札ド。北海道上陸で、いよいよ始まったという感じがする。2試合‥オープン戦とはいえ、ジャイアンツ相手でも1万強しか客が入らないとは。‥悪天候のせいもあったかもしれない。

キャンプやそれまでの練習試合の動画等を、なかなか見てこれなかったので、初めて目にする選手もけっこういた。今回は彼らについて少々触れてみたい。


まず、アンソニー・バース?‥SNSでちょっこちょこイジラレテいたのは見かけたけれど、この人、ほんとに登録名「バース」でいくんだ。“元祖”がかなり偉大な人物だったから、チト心配。‥でも、彼はピッチャー。比較のしようもないし、そこは大丈夫かな。

投球内容は、ぜんぜん大丈夫ではなかったが(1被本塁打を含む3回4失点)、特段悪い印象は持たなかった。なんかこう‥いい意味で?外国人ぽくない。綺麗な投球フォームをしていて、外国人だとボールを“動かす”投手が主流だと思うんだけれど、軌道も素直だったし。

まぁそれを「長所」ととってしまうのは、あまりに浅はかだろう。クセ球のブライアン・ウルフみたいな成功例もある。バースにかんしていえば、Fだと、ケッペルとかグリンのような“剛”タイプか?ただ、俺的には直球の軌道が好きだった。

逆に、もうひとりの新外国人?クリス・マーティンは、さして印象に残らなかったなぁ‥。触れこみ通り、球速は確かにあったけれど、同系統のクロッタと比べて『どうなん?』って感じ。中継ぎ起用なら、それこそクセ球タイプの投手が理想なのだが。増井、谷元‥白村なんかも力投型だし、河野も抜けたから‥変則型が一枚欲しい。それを助っ人に求めるのは、チト違うか。

その点、井口和朋。彼も、もう分かりやすいくらいの力で押すタイプの投手とお見受けしたが、ただ、フォームが変則的。井口の方が、よほど外国人ぽい投げ方だった。‥おもしろいねえ。140キロ代後半のストレートに、鋭い縦の変化球。馬力もありそうだ。

マーティンについては、若干辛辣な意見を述べてしまったが、開幕前の俺の云うことほどアテにならないものはないので、あまり気にされないでほしい。なにせ昨年のハーミッダ、『大活躍まちがいなし!』と太鼓判を押してしまうような男だから(苦笑)。逆にやってくれるかもしれない。そこに期待しよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by 羽夢 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 羽夢日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。