2012年02月26日

燃える星野仙一 【1970年代後半の銭闘】

2月も終盤に差し掛かり、いよいよオープン戦が始まりだしましたね。25日の東北楽天戦。ファイターズはいきなりベストオーダーを組んできました。先月予想していたのとだいたい同じでしたけど、さすがに稲葉2番は読めませんでした。あまり経験がないわりには犠打も上手ですし(陽よりよっぽど 笑)、もしかしたら公式戦でも見られるかもしれませんね。

ファイターズナインはともかくとして、相手のイーグルスは同一リーグに属していますし、気になる選手・初めて目にする選手も何人かいたので「選手名鑑」と照らし合わせながら観戦していました。そんなこんなで試合展開そっちのけで気になってしまった、名鑑の項目‥

それは選手の 年俸。普段あまり気にしていないというか、あまり興味は湧かないのですけど、その時にかぎってやたら気になってしまいました。『どの選手がいくらくらいもらっているのか?』 『去年よりどれくらい上がったのか?』 また、『ダルなきあとファイターズの高給取りが誰なのか?』とか、それさえも知りませんでしたので。

意外にも?2億円プレーヤーが3名(武田久・田中賢・稲葉)もいたのですね。さらに1億9000万の糸井、1億7000万の武田勝と続いてきます。イーグルスでいうと25日の試合に出ていた中でのナンバー1は松井稼頭央の1億5000万。松井とトップタイの年俸をもらっているのは、選手ではない星野仙一監督(笑)。今の時代、監督も結構もらってるんですねぇ。一方のファイターズ・栗山英樹監督は星野さんの半分以下、7000万円也。まぁまだ監督としての実績がないわけだから、この大差は仕方ないかもしれません。(ちなみに梨田前監督は1.1億)


星野さんといえば‥ この前調べ事をしていた最中に、こんな過去の新聞記事を見つけました。


nenpo.jpg
朝日新聞 1977年12月28日 【スポーツ】



今から35年前の記事ですので、まだ星野さんが現役をされていた頃ですね。【星野二千万円余でノー】。よく読んでみるとこんなことが書いてあります。


【星野は30%アップの二千八十万円を提示されたが、首をタテにふらない。この数字は中日初の二千万プレーヤー(外人を除く)だが、星野は「打者にくらべて投手の評価が低いプロ球界の傾向を打破したい」とがんばっている】


星野さん強気ですねぇ‥この頃から(笑)。『ドラゴンズ投手陣よりも野球界にいる全投手のために!』 まさにそんな感じです。それよりも気になったのが【中日初の二千万プレーヤー】の文字。


hoshino.senichi
にほんブログ村 野球ブログへ



遡って当時の新聞記事を読んでいくと、この前後の時代は年俸3000万がどうやら「大台」と呼ばれていたそうです。事実前年度の時点で3000万プレーヤーは王貞治(7800)張本勲(3700)田淵幸一(3200)の超大御所3名のみ。1978年になってのちの名球界プレーヤー、鈴木啓示山田久志山本浩二らがようやく“大台”に到達しました。


もちろん金額で当時と現代とを比較することはできませんけど、今もこの辺りのラインで働いてくれたら赤字になることもなく、球団経営もさぞ楽になるんでしょうねぇ。参考までに2012年度のファイターズナインで3000万超えは全選手の約1/3にあたる21人。2年目・斎藤佑樹も“大台”に乗せました(笑)

野球界は不景気知らず。本当どこまで年俸は上がり続けていくのでしょうか。羨ましいけど、見ているだけのこちらとしては、球団の懐具合の方を少し心配してしまいますよね‥‥


※北海道日本ハム・東北楽天の選手年俸は週刊ベースボール増刊 2012プロ野球全選手カラー写真名鑑 2012年 2/24号を参照。




posted by 羽夢 at 23:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 野球雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。