2012年02月10日

あえて、尾崎匡哉

今や一躍「時の人」となっているソフト部出身・大嶋匠。大嶋について触れるのは初めてで、少し緊張しております(笑)

2012年に入団した新人選手は全体的に『今シーズン中の1軍昇格は難しいのでは‥』と感じていただけに、仮に大嶋が戦力になってくれるようなものなら嬉しい誤算となります。話題を独占した例のホームランを映像を通して確認しましたが、ひじょうにシャープな振りをしますよね。それでいて力強い!

昨年のファイターズは左の代打陣が手薄な印象もしたので、まずはこの“攻撃力”を前面にアピールしていき、ぜひ開幕1軍入りを目指していってほしいと思います。


先日、お世話になっている方と「攻撃型捕手」についての話をしました。先述の大嶋も十分その資質はありそうですよね。2枚看板の大野奨太鶴岡慎也も決して打撃が悪いわけではありませんが、どちらかといえば下位打線に置かれる方が多いので“攻撃型”とはいえません。今のメンバーを眺めていて、中軸を任されていた経験もある高橋信二のような捕手に一番近いタイプは案外、尾崎匡哉なのかもしれませんね。報徳学園時代から打撃に定評があった選手で、2009年に内野手から捕手登録に変更されたのは有名な話です。

ところでなぜ尾崎が捕手にコンバートされたのか、その理由は知っていましたか?詳しい経緯を私はこの本で知ることができました。





驚きました。書店でパラパラと眺めていましたら、冒頭(プロローグ)からいきなり尾崎匡哉!それから中田翔・水上善雄前2軍監督の話へと続いていき‥ 『え!これは日ハム本!?』と、表紙に戻っておもわずタイトルの確認をしてしまいました。

この中に尾崎がコンバートに至った経緯、もう少し詳しく言うとそれを発案した水上氏の“答え”が記されています。本人のプライドだってあるし、ましてや専門性の高い捕手というポジション‥ なかなかスンナリとはいかなかったそう。その辺の苦労話や理由を知ってみたい方はぜひ本書に目を通していただけたらと思います。


現在はチーム事情から内野を守る機会も多いのですが、考えようによっては尾崎ほど心強い存在は他にいないですよね。「内野手もこなせてしまうキャッチャー」 飯山裕志も捕手経験があるそうですけど“場数”を多く踏んでいるのは間違いなく尾崎の方です。こういった選手がベンチにいると攻撃面でも守備面においても、バリエーションは豊富になりますよね。だからこそ尾崎にはしっかりと1軍に定着してほしいのですが、10年目の今シーズンはどうなるでしょうか。


ファンやマニアの間では「最高のドラフト」と名高い2002年のファイターズドラフト。今も主力として活躍する武田久小谷野栄一らがいた年の“ドラ1”が尾崎でした。尾崎がモノになれば、さらにあのドラフトの価値を高めてくれることになるでしょう。巻末に記されていた、いつも前向きな尾崎らしい言葉が印象的でしたので、最後に載せておきます。


『内野だけやっていたときといまとでは、全然感覚が違う。これもやっぱり、キャッチャーをやったおかげですよ』 エピローグより


≪追伸≫
「二軍監督」では水上氏の他に、山崎立翔(広島)高橋慶彦(ロッテ)鳥越裕介(ソフトバンク)川相昌弘(中日)高田繁(巨人)も取り上げられています。個人的には渡辺久信の熱血指導ぶり、栗山巧との秘蔵話やファイターズナインもお世話になった猿渡寛重氏のヤクルト2軍監督時代の話を興味深く読ませてもらいました。猿渡さんといえば、ハム狂の親父がいつも 『猿さんのノックは芸術的だ』と感心しておりました。東京ドーム時代の懐かしい思い出です(笑)



posted by 羽夢 at 23:07| Comment(4) | TrackBack(0) | FSネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。