2009年07月25日

カルロス・ミラバル【始めと終わり、最悪・・真ん中良し!】

ファイターズの多田野数人が9回2死までノーヒットノーラン
ピッチングとゆう快投劇を演じたのが今月10日千葉ロッテ戦。

惜しくも大松に右前に安打を打たれ大記録達成はならなかったが
連敗中だったチームに勢いを呼び込む、大きな勝ち星となった。


その多田野よりも圧巻の投球を披露してくれた投手がいる。
今から7年前の開幕してまだ間もない4月、千葉での出来事。

あわや完全試合達成!

こんな一世一代の投球を展開したのがファイターズではもう見る
事の出来ない、最後の背番号【00】選手、C・ミラバルだった。
(カルロス・ミラバル)


            090725_113642.jpg      
              にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



この日ミラバルは8回を投げ切り打者24人、安打・四死球・エラーに
よって許したランナーは一切なし。いわゆるパーフェクトにマリーンズ
打線を封じ込んでいた。

滅多にお目に掛かれない大記録を目前に急遽、某ラジオ局も千葉での
ロッテ戦へと放送を切り替えた。

私も固唾を飲んでラジオの前からミラバルの記録を願ったが・・


無情にも9回、先頭の代打・吉鶴憲治に安打を許して巨人の槇原寛己以来、
21世紀になってから初の完全試合達成とはならなかった。

しかし、気落ちする事もなく後続を断ちきって、見事1安打完封、
わずか80球の超省エネ投球で来日初の完投勝利をあげた。


2002年4月10日  千葉マリンスタジアム

−M

【勝】 ミラバル勝  【敗】 シコースキー1敗

【本塁打】 F クローマー


この02年はミラバルが来日して3年目、先発転向一年目の年だった。
『先発転向』・・その剛速球を生かしてクローザーとしてファイターズに
迎え入れられたミラバルだったが日本での始まりは最悪だった・・

続きを読む


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。