2009年07月18日

木田勇【一番欲しかったのは・・】

『記録より記憶に残った・・』なんて言われる選手も結構いるが
この選手は紛れもなく日本ハム史上、いや球史に名を刻んだ
記録に残る、そんなピッチャーだった。


79年、ドラフト1位でファイターズに入団した左腕・木田勇(きだ・いさむ)


細見ではあったがしなりの効いた左腕から繰り出すキレのある速球、
当時としては珍しい、パームボールを得意とした投手。


ルーキーイヤーだった1980年。この年のパ・リーグを席巻し、
まさに記録づくめだった一年。それこそ木田勇のためにあった
ような年でもあった。



        i.kida
          にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ



まず80年の投手部門、各タイトルホルダーに目を通すと木田の名前が
これでもかと、ズラリと並ぶ。

最多賞最優秀防御率最高勝率最多奪三振ベストナイン
更に記者選考による新人王MVP・・・

ルーキーながら前半戦までに10勝をあげ、ファン投票で球宴にも選出。

トータルでは、

【勝利】   22(8敗4S)
【勝率】   .733
【防御率】  2.28
【奪三振】  225
【投球回数】 253


まさに圧巻の数字が並ぶ。
更にこの年は日本記録のシーズン毎回奪三振を(翌年、巨人・江川卓も記録)
1試合ゲーム奪三振『16』は当時、歴代2位の記録。

投手にとって最大の名誉である沢村賞が当時、パ・リーグの投手は選考
外で受賞できなかったのは残念だったがちなみに80年は『該当者なし』。

もしこの『縛り』がなければ木田にもうひとつ、勲章が加わっていたのは
間違いなかったことだろう。


一年目にして数々の栄光と栄誉を手にした木田。
この年に手にする事ができなかったのは・・


そう!ペナント。


無論、1投手の力だけペナントを掴むのは無理な話だが80年、
日本ハム球団になってからの初優勝を賭け、いつもひょうひょうと
した細面の木田勇が大きく関わっていた。


栄光の1年の中で木田にとってある意味一番忘れ難い試合となった
あの日・・


『驚異のスーパールーキー』木田勇の英雄列伝・・・
続きを読む


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。